“妊娠中の便秘”に!「おから」でおいしく食物繊維をとる方法

ダイエットや便秘解消の際に大活躍するのが“おから”。
「定番のおから炒め以外に作ったことがないし、レシピもあまり分からない」という方も多いのではないでしょうか。
おからを使って簡単につくれる一品やおやつなどを紹介していきたいと思います。

妊婦さんの便秘解消におすすめの食材「おから」って何?

おからは、豆腐を作る際に豆乳を搾り出した大豆の搾りかすです。
搾りかすと言っても、元々は大豆なので、栄養価が高く、カロリーも低い為、出来るだけ積極的に活用していきたい食材の一つです。

おからに含まれている栄養素とは?

おからには、食物繊維とカルシウムがたっぷり含まれています。
それ以外にも、たんぱく質や炭水化物、カリウムも多く富んでいる為、とても栄養価の高いスーパーフードと言えます。
食物繊維に関して言えば、100g中の食物繊維量はゴボウの約2倍となっています。

おからはどこで手に入るの?

スーパーで販売していることもありますが、生のおからは賞味期限が早い為、取り扱っていないお店も多いです。
おからは、お豆腐屋などで安く手に入ります。
豆腐を作る際に必ず出る搾りかすなので、お豆腐屋さんには「おから」は捨てるほどあります。

無料でくれる店舗さんもありますし、50円程度で販売してくれるところもあるようです。
近くにお豆腐屋さんがある場合は、まず電話でおからを販売してもらえるかという事を確認しましょう。

販売しないという事はないと思いますが、時間帯によっては「もう捨ててしまった」という事があります。
早めに処分してしまうお店もあるようなので、午前中の早い時間帯に買い取りに行く旨を電話で伝えておきましょう。

おからの簡単レシピ

おからといえば、おからの炒め物などが思い浮かびます。

それ以外にも活用法は沢山あるので、紹介していきたいと思います。

おからのナゲット

おからのナゲット
鶏むね肉は、妊娠中に積極的に食べてもらいたい食品の一つです。
おからと豆腐だけでは、ナゲットとしては少し物足りないので、チキンの風味や食感を出す為に、鶏むね肉を使用しました。

もっとヘルシーに食べたいという方は、鶏むね肉を絹ごし豆腐半丁に変えても、美味しく頂けます。

多めに揚げて、フリーザーバッグなどに入れて冷凍しておくと、食べたいときにレンジで温めなおしてすぐに食べられます。
旦那さんのお弁当を作っている方であれば、一品としても使えますね♪

おからのしっとりケーキ

おからのしっとりケーキ

カボチャ又はイモ類を使った、しっとりパウンドケーキです。
今回は紫のお芋を使い作成しました。カボチャやさつまいも、紅芋や紫芋などで作るといいでしょう。

おからの割合が多いレシピとなっていますので、100g~200g以内のお芋を使って作るといいでしょう。
甘味料は一切使っていないので、お好みで蜂蜜や練乳、メイプルシロップなどをかけてお召し上がりください。

まとめ

いくらヘルシーなお菓子と言っても、蜂蜜や練乳をかけ過ぎるとカロリーが高めになってしまうので注意しましょう。

妊娠中の便秘についてもっと知りたい人はこちらの記事もオススメ
妊娠中の便秘について

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。