おっぱいのトラブル「乳腺炎の症状・原因・対処法」

おっぱいのトラブル「乳腺炎の症状・原因・対処法」

「これって乳腺炎なのだろうか」「このままで様子をみてもいいのかな?」と、心配する声をよく聞きます。前回のコラム【おっぱいのトラブル「乳腺炎」】に続きもう少し詳しく乳腺炎について説明します。

授乳中に以下のような症状があったら、乳腺炎の可能性が大。

  • おっぱいにしこりができた
  • おっぱいに赤みがある
  • おっぱいに痛みがある
  • おっぱいを吸われると痛む
  • 搾ると、ねっとりした母乳が出る
  • 発熱している

・・・などなど。初めて乳腺炎になった時に「高熱」が心配で内科を受診する方もいらっしゃいますが、授乳中の高熱は「まず乳腺炎を疑ってほしい」と思います。

乳腺炎初期のお写真

左上方がうっすらと赤くなっています。このとき「微熱と寒気とおっぱいの痛み」の症状がありました

乳腺炎

さらに進行した乳腺炎お写真

赤みが強くなっています。このとき「おっぱいの強い痛み、38.5℃のお熱」があり、赤ちゃんはのけぞって飲んでくれませんでした

赤み

では、なぜ乳腺炎になってしまったのでしょうか。

乳腺炎は「おっぱいの風邪」。そのため、原因はひとつではありません。

スポンサーリンク

乳腺炎の原因として考えられること

  • 長時間授乳ができなかった(たとえば、子どもを預けてミルクを飲ませていた)
  • 長時間抱っこをしていた(抱っこで乳房を固定し続けてしまった)
  • 夫婦喧嘩など、ストレスを感じる状態だった (母乳は白い血液。夫婦げんかの翌日に乳腺炎になるママは少なくないのです)
  • 長時間体を冷やした
  • ママの睡眠不足が続いていた
  • ママの水分摂取が少なかった
  • 脂の多い食事(とんかつ、唐揚げ、ドーナツ、ケーキなど)をたくさん食べた

・・・などなど。この中のひとつふたつみっつ…が重なると、乳腺炎になってしまうことが多いようです。よく「甘いものを食べたから乳腺炎になった」とおっしゃるママさんがいますが、「甘いもの」=「乳腺炎」というほど簡単なものではなく、いろんな理由が重なって乳腺炎になると考えたほうがよいようです。

乳腺炎の対処法

赤ちゃんにたっぷり飲んでもらう
乳腺炎になったら「たくさん飲ませる」ことが最優先。たくさん飲んで親孝行してもらいましょう。「乳腺炎になったら母乳を飲ませない方がよいのでようか」という質問をよく受けますが、「しっかり飲ませる」のが一番の治療法です。※乳腺炎が悪化すると「おっぱいがまずい」「くさい」状態になるので、飲ませようとしても拒絶されることがあります。その場合は、少しでも早く助産師のおっぱいケアを受けることをお勧めします。
痛い部分(赤く腫れている部分)を冷やす
冷えピタやアイスノンだと、熱を吸い過ぎて硬くなることもあるので、お勧めはキャベツ。おっぱいにキャベツを当ててブラジャーで覆うだけなので簡単です。
葛根湯を飲む
市販薬でOK。もちろん授乳の影響はありません
脂っぽい食べ物を控えて粗食にする

「絶対にしてはいけない対処法」は以下です

  • おっぱいを強くもむ
  • おっぱいをあたためる
  • 授乳を控え、飲ませない

対処法を試してみても改善しない時は、地域の「助産院」や「母乳外来を併設している病院」でおっぱいケアを受けることをお勧めします。初期に対応をすれば、ほとんどが数回のマッサージで改善します。発熱が続く乳腺炎のときは、医師に相談して抗生剤を内服することもありますが、抗生剤を内服するから授乳を止める必要はありません。さらに、どうしても治らない時に乳腺外科で切開処置を必要とすることもありますが、このようなケースはごくごく稀。ひどくならないうちに、ご相談くださいね。

どこに相談していいかわからないときは、お住まいの地域の保健所に問い合わせるか、助産師会ホームページで検索してみてください。

助産師会ホームページ(外部サイト)

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー