断乳・卒乳知識度クイズ

「いつまで母乳を続けていいのか」についての情報は、ネットや母親やお友だちなどからさまざまな意見を聞くことがあると思います。母乳育児をやめる時期に正解や不正解があるわけではありませんが、多くの情報に振り回されないためにも、断乳や卒乳の知識度を確認してみませんか?それぞれの問題で、正しい答えを1つずつ選んでくださいね。

問1世界保健機関(WHO)は、いつごろまで母乳育児を続けることを勧めているでしょうか?

  1. 3か月までは母乳だけで育てることを勧めている
  2. 6か月までは母乳育児だけで育て、離乳食が始まったらたくさん食べるために母乳育児をやめることを勧めている
  3. 6か月までは母乳育児だけ育て、離乳食を始めてからも1歳ころまでは母乳育児を続けることを勧めている
  4. 6か月までは母乳育児だけで育て、離乳食を始めてからも2歳またはそれ以上母乳育児を続けることを勧めている

問2「アメリカ小児科学会(AAP)」では、いつごろまで母乳育児を続けることが望ましいとしているでしょうか?

  1. 生後3か月間は母乳を飲ませ、その後は果汁にすることが望ましい
  2. 6か月間母乳を飲ませたら、その後は離乳食を食べさせることが勧められる
  3. 12か月間母乳育児を続けたら、その後は子供がほしがっても飲ませる必要はない
  4. 少なくとも12か月母乳を続け、その後は母と子が望む限り長く授乳を続けることが勧められる

問3母乳で育てた女性がかかりにくい病気はどれでしょう?

  1. 乳がん
  2. 卵巣がん
  3. 骨粗鬆症
  4. 1~3全部

問4母乳の栄養はどのように変化するでしょうか?

  1. 子供が1歳過ぎると栄養は食事から摂れるので、母乳には栄養がほとんどない
  2. 子供が1歳を過ぎると、虫歯にならないように母乳から甘みが消える
  3. 子供が1歳を過ぎても栄養はあるが、0歳のころよりは鉄分が少なくなる
  4. 子供が1歳を過ぎても、0歳のころと含まれている栄養は変わらない

問5母乳を飲ませる期間の世界平均はどれくらいでしょう?

  1. 約1年
  2. 約2年
  3. 約3年
  4. 約4年

解答

いかがでしたか?正解はすべて4です。

世界保健機関(WHO)では、「6か月までは母乳育児だけで育て、離乳食(補完食)を始めてからも2歳またはそれ以上母乳育児を続けることを勧めている」とし、アメリカ小児科学会(AAP)では「少なくとも12か月、その後は母と子が望む限り長く授乳を続けることが勧められる」としています。また、母乳の栄養成分は1歳過ぎてからも変わることはなく、母乳をやめる時期の世界平均はなんと4.3歳!

「もう1歳だからやめなくては」「離乳食を食べているから母乳はいらない」なんてことはないのです。育児をする中で母乳を飲ませる期間はほんの数年。母子ともに納得できるタイミングを選んでほしいと思います。断乳や卒乳の情報については、以下も参考にしてくださいね。断乳と卒乳その1~基礎知識~断乳と卒乳その2~理想的なやめ方~

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー