授乳後にゲップが出ないとき

「授乳後には、必ずゲップをさせてくださいね」「ゲップをしないと、吐き戻しをすることがあり苦しい思いをさせてしまいますよ」と、産院の指導で教わります。そのため、赤ちゃんが授乳後にゲップをしないと、「ゲップのやり方が下手なのではないか」「もっと上手にゲップさせるにはどうしたらよいのか」と悩んでいるママによく会います。結論からお伝えすると、

母乳の場合のゲップは、必ずしも必要ではありません。

もちろん、産院で教わったように「授乳後にゲップをさせたほうがよい」ことも、「ゲップをしないと吐き戻すことがある」のも正しい情報です。しかし、母乳育児の場合は出ないこともあるのです。その理由は、「飲み方が上手だと空気を飲んでいないから」なのです。

哺乳瓶でミルクを飲ませるときは、空気も一緒に飲んでいます。そのため、ゲップをしなければ胃が膨らんだままになり、吐き戻しをすることがあります。しかし母乳の場合は、乳輪をしっかりくわえてごくごく飲み上手に飲めているのであれば、空気を飲み込んでいません。そのためにゲップが出ないのです。決してママやパパのゲップのやり方が下手なわけではありません。

ただ、母乳育児ならば絶対にゲップがいらないとはいえません。ちょびちょび飲みで空気の音を立てながら飲んでいる時にはゲップが必要です。また、ママの乳首が硬いときにも、ピタッと吸い付くことができずに空気を一緒に飲み込んでいることがあり、この時にもゲップが必要です。ママの乳首のお手入れについてはこちら

「ゲップをしたいのにうまく出せずに苦しがっている」のか、もしくは「飲み方が上手でゲップ自体が出ない」のか、の見分け方は赤ちゃんの反応。すっきりした表情をしているのか、苦しそうにしているのか…。基本的には、母乳を飲ませた後に背中を数回トントンとしてもゲップが出なければ、そのまま寝かせても大丈夫です。また、赤ちゃんの体を縦に抱いてしばらく待っていると、空気が上にあがってラクになることもあります。

吐き戻したものを誤飲することが心配ならば、横向きに寝かせておけば吐き戻したものを飲み込めません。赤ちゃんが添い乳をしながら眠ったときには、わざわざゲップのために抱き起こさずに、横向きに寝かせておくだけで安心です。

時には、寝かせたとたんに少量の母乳を吐き出すこともあります。これも、ゲップが足りないことと関係はありません。赤ちゃんの胃の形は大人とは違って漏斗状なので、寝かせると自然に吐いてしまうから起こる現象。母乳の場合は、飲み方が上手ならゲップが必ずしも必要ではないのです。飲ませながら、ママと一緒に眠っても大丈夫だと思うと安心ですよね。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー