動画でわかる!カンタン風邪予防のベビーマッサージ

冬は、冷たい風が吹き、気温はぐっと下がります。
赤ちゃんは、そのような外気温の変化にからだがうまく対応できず、風邪をひきやすくなりがちです。
そこで、お母さんの温かいベビーマッサージで、赤ちゃんのからだの変化を感じ取り「風邪を引きづらい丈夫なからだ」を整えてあげましょう。

風邪をひきづらい丈夫なからだにするために


今回は風邪予防のベビーマッサージの実践についてお伝えします。
風邪予防のベビーマッサージで押さえたいポイントは、呼吸器を整える「経絡」の流れです。
「経絡」については「スイナ式ベビーマッサージ」に書いてありますのでご覧ください。

呼吸器を整える経絡を「肺経」と呼びます。
この「肺経」は、脇の内側から腕の内側を通り親指のラインにあります。
下の写真の青いラインが「肺経」の流れとなります。

ここを意識して触れてあげると、呼吸機能が整い、風邪を引いても治りがよくなります
そして「肺経」の流れを効果的に刺激するわらべうたに合わせたベビーマッサージを紹介します。

動画に合わせて一緒にはじめてみましょう。

♪は〜りにい〜とをとおします、チクチクぬったらば〜、ぞうきんの出来上がり
かたをぐるぐる、ひこうきパタパタ〜♪

風邪予防のマッサージのポイント

  • 手の平で胸に「大きなハート」を描き、胸を広げるように優しく撫でてあげましょう。
  • 肩、鎖骨の下あたりを指で優しく撫でて、リンパの流れを整えます。
  • 腕の内側から手を優しく撫でて「肺経」の流れを意識してみましょう。

1日1回30秒からで良いので、毎日赤ちゃんとの楽しいベビーマッサージの時間を作ってみてください。
赤ちゃんにとってママとの楽しいベビーマッサージは、「元気の源」になります。
「風邪に負けない元気なからだ作り」ベビーマッサージで一緒にはじめていきましょう!

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー