ほのぼの卒乳体験期

「いつまでおっぱいを飲まるのか」については、正解がありません。やめ方は、大きく分けて「断乳」と「卒乳」があります。以下も参考に断乳と卒乳その1~基礎知識~

おっぱいをやめる時期の世界平均は、なんと4.3歳!世界には、のんびり長くおっぱいを飲ませ続けている国がたくさんあります。

とはいうものの、2歳を過ぎたころから「まだおっぱい続けているの?」「いつまでも飲ませていると甘えん坊になるわよ」とまわりの方から言われ、不安を感じるママは少なくありません。お友だちの中で飲んでいるのはわが子一人きり…と、焦る方もいます。

そこで、のんびり卒乳したほのぼの体験期をご紹介します。いつ卒乳できるのだろうかと不安を感じているママさんに、「こんなやめかたもあるよ」と安心していただけたら幸いです。

あ~ちゃんの卒乳体験期

2歳を過ぎたころ、マンションの同級生が次々と卒乳していくのを見て「~ちゃんはおっぱいバイバイしたね。あ~ちゃんは飲む。」と、ずっと言っていました。(ママ「いつまで飲む?」→あ~ちゃん「12月までのむ」→ママ「そっか」のように)

1月を迎え、「1月になったね」と言うと、あ~ちゃんは少しさみしそうにしながら、「1月のむ、2月のむ」とはっきり意思表示しました。

そして2月になり、「おっぱいのまない、おめでとう!」自分で言いながらも、夜になるとまた飲み…。そんなことを経て、「2さいのむ、3さいおっぱいバイバイ」と自分で宣言しました(笑)。どうなるかなと思いつつ、おっぱいバイバイのお手伝いをしようと夫婦で決めました。

ずいぶんおしゃべりも上手になった2歳9か月のころ、こんなことがありました。布団のミッフィーの絵を見ながら、「あ~ちゃん、ミッフィーとねる。おっぱいバイバイした。おっぱいやめたんだ~」とはしゃいでいました。しかし眠る時間になると「あ~ちゃんはまだ3さいじゃないよね?」と確認して、うれしそうにおっぱいタイム。

外出先でも、ほしかったおもちゃをお店で見ているときに、私が「3歳になったらもらえるね。3歳になったらおっぱいもバイバイだね。バイバイしたい?」の問いに、「うん!」と笑顔で答えていたのに、夜はいつものように笑顔のおっぱいタイム。

そんな流れで、3歳になったらやめるかな?との期待をこめて、3歳のお誕生日までの「おっぱいバイバイ」カウントダウンシールをカレンダーに貼りはじめました。毎晩寝る前に「あと10日でバイバイだね」「あと9日でバイバイだね」とカウントダウンするようにしたのです。カウントダウンをしているときに誕生日を指さしながら、「ここでおっぱいバイバイ」と自分で言ってきたこともあります。おっぱいバイバイする予定のお誕生日に渡せるように、ほしがっていたおもちゃを用意していました。

そして、いよいよ3歳のお誕生日前夜。カレンダーにシールを貼り、「おっぱいバイバイ」と言って寝室へ行きました。その夜は、おっぱいを飲もうとすることなく、自分からさっと離れました。

ママが「おっぱいいっぱい飲んでくれてありがとう」と言うと、あ~ちゃんは「どういたしまして」と満足そうに答えてくれて嬉しそうな達成感。思わず涙があふれます。日付が変わった(お誕生日当日)深夜には、予想通り「おっぱいのむ~」「3さいじゃないよ、まだ2さい!!」とぐずったものの、背中をトントンしていたら夢の中へ…。

朝には誕生日プレゼントのおもちゃを受け取り、うれしそうにしていました。翌朝以降も、「あ~ちゃん、まだ2さいなの」とか「おっぱい飲みたかった」などと言うこともありますが、「もう3さいだから、おっぱいのまないよ」と自分から言うようになり、数日たった今ではもう言わなくなりました。そして夜は朝までぐっすりと眠るようになり、成長を実感しています。

このママさんは、あ~ちゃんの気持ちを大切にしながら卒乳を迎えました。まわりのお友だちがどんどんおっぱいから離れていくのを見て、焦りもあったことでしょう。しかし、あ~ちゃんにはあ~ちゃんの「おっぱいバイバイのタイミング」がありました。

どれだけ長くおっぱいをほしがっても、長くて数年。まわりの方の言葉に焦ることなく、その子の「おっぱいバイバイ」の時期を迎えてほしいと思っています。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー