妊娠線って消える?産後の妊娠線を消すための方法を徹底解説

妊娠線はがんばって赤ちゃんを産んだ証拠で、「母の勲章」とも呼ばれます。
でも、水着を着たときや温泉に行った時に、どうしても妊娠線が気になりますよね。

産後の妊娠線を消す方法を、ご紹介します。

妊娠線とは、そもそもどんなもの?

妊娠線はどのようにしてできるのか、見ていきましょう。

妊娠線の正体は皮ふがひっぱられた断裂

身体の皮ふは三層になっていて、表皮、真皮、皮下組織といいます。
個人差もありますが、いちばん外側の表皮は、通常28日の期間でターンオーバーを繰り返し、常に新しい皮ふに変わります。
表皮の内側にある真皮は、伸縮性が悪く、ターンオーバーは3~5年もかかってしまいます。

妊娠すると、赤ちゃんがお腹の中で大きくなり、お母さんのお腹の皮ふがひっぱられます。
急激にひっぱられた真皮は断裂してしまい、表面がでこぼこしていきます。
はじめは赤紫で、しだいに白くなり、ひび割れのような傷跡のようにみえます。

このようにして、お腹が大きくなる過程で妊娠線(ストレッチマーク)ができます。
妊娠線は、半数以上の妊婦さんにできてしまいます。

妊娠線ができる場所

お腹以外の場所に、妊娠線ができることもあります。
太もも、おしり、胸、二の腕、ふくらはぎなどです。
妊娠して急に体重が増えてしまうと、できることが多いです。

妊婦さん以外でも妊娠線はできる

妊娠線(ストレッチマーク)は、妊娠していない一般の方でも、できることがあります。
成長期などで急に背が伸びたり、太ってしまい、皮ふが身体の変化に追いつかないときです。
「肉割れ」とも呼ばれます。

2種類の妊娠線と、正中線との違い

妊娠線には「新妊娠線」と「旧妊娠線」の2種類があります。
さらに、お腹のまんなかに「正中線」が出てくることもあります。
こちらも解説します。

新妊娠線

一般的に「妊娠線」とされているもので、赤紫色です。
これは、毛細血管の色が皮ふに透けているからです。

旧妊娠線

産後、新妊娠線がさらに白っぽくなり、傷跡のように見えるものです。
肉割れの症状も同じになります。

正中線は妊娠線とはちがうの?

妊娠するとお腹にあらわれる縦線が、正中線です。
これは妊娠線とはちがい、もともとある線ですが、色が薄いので普段は見えません。
妊娠するとメラニン色素が増えて色が濃くなり、見えるようになる場合があります。

正中線は、細胞分裂の名残りで、女性だけではなく男性にもある線です。

できてしまった妊娠線を消すためには、お肌の保湿と新陳代謝アップが大切です

断裂した真皮を修復させるために、うるおって伸縮性があり、柔らかい状態のお肌にしましょう。
産後に妊娠線を消すためには、保湿と新陳代謝をアップして、お肌の状態をよくすることが大切です。

お肌がいい状態になれば、妊娠線が消えたように気にならなくなります。

保湿と新陳代謝アップの方法4つ

保湿と代謝アップには、以下の方法があります。

  1. クリームやオイルによるケア
  2. レーザー治療
  3. ダーマローラー
  4. 炭酸ガス治療

また、縫合手術をする方法もあります。

かかる費用やご自分のお肌の状態を考え、合うものを選んでください。
専門医に相談が必要な場合は、病院で適切なアドバイスを受けましょう。

1.クリームやオイルによるケア

クリームやオイルをお肌に塗り、お肌にうるおいを与え、マッサージすることにより、新陳代謝を活発にする方法です。

乾燥からお肌を守り、肌荒れ予防にもなります。
お肌がお洋服でこすれたり、お風呂上りに身体の水分を拭き取るときに、お肌の水分が蒸発してしまうのを防ぎます。

塗るときにマッサージをプラスすると、血流がよくなってお肌がなめらかになります。
塗るだけでマッサージ効果があるクリームもありますよ。

【メリット】

  • 自宅でいつでも使えるので、好きな時にセルフケアができます。
  • お肌に状態にあわせて、使用する量や回数をコントロールできます。
  • 香りやテクスチャなど、好みで選べます。
  • 産後、赤ちゃんのケアにも使うことができて、使い終わらなくても無駄になりません。

【デメリット】

  • すぐには結果がでないので、気長に続けることが大切です。

2.レーザー治療

妊娠線ができてしまった箇所に、レーザーを当てる方法です。

皮下組織の修復が期待でき、保湿効果の高いコラーゲンの生まれ変わりにも効果があります。
皮ふの下についてしまった脂肪を分解し、お肌をしなやかにします。
目立たなくしたい箇所に狙い撃ちすることができ、短い時間で施術が可能です。

フラクセルレーザー、V-STARレーザーなどがあります。

フラクセルレーザー

フラクセルレーザーとは、お肌の表面にごく小さな穴を開け、真皮にレーザーを照射することによって高密度コラーゲンをつくり、お肌を再生します。

レーザー照射なので、面ではなく点で治療することができて、必要以上にお肌を傷つけることはありません。
古いお肌が新しく入れ替わり、なめらかなお肌になります。

今まででしたら、レーザー治療をしてもお肌の状態をよくすることはできても、入れ替えるのはできませんでした。

フラクセルレーザーは、問題のあるお肌をリセットしてくれますので、妊娠線だけはなく、気になる小じわやハリの改善、毛穴、ニキビ跡やヤケド跡にも効果があり、傷跡を消したい方も利用しています。

アメリカ食品医薬品局 (Food and Drug Administration) で承認されている治療ですので、安心安全なレーザーです。

V-STARレーザー

V-STARレーザーは、毛細血管に働きかけるレーザーです。ニキビ跡など赤くなった毛細血管に効果があり、レーザー照射によって毛細血管を消してくれます。
赤紫色になった妊娠線への、効果が期待できます。

短パルスと長パルスという2種類のパルス幅を使い分けているため、治療したい部分を細かく調整することができます。
レーザー装置自体にお肌を冷やす機能があるので、照射部をすぐに冷却できて痛みも少なく、お肌へのダメージはほとんどありません。

【メリット】

  • 短期間で施術できます。
  • レーザーによる処置なので、メスを使いません。
  • 専門医の指導のもとでおこなうので、相談がしやすいです。

【デメリット】

  • 保険適応外で、治療費が高額になります。
  • レーザーはあてるときに高熱になるので、ごくまれに炎症をおこすことがあります。
  • 新妊娠線、旧妊娠線どちらかにしか効果がないことがあります。

3.ダーマローラー

非常に細い針が集まっている専用のローラーを使用して、皮ふの上を転がす方法です。
0.25mm~0.5mmほどの医療用ステンレス製の極細針が、お肌に目に見えない傷をつくります。
この傷を、お肌の回復する作用で再生力を高め、妊娠線が目立たなくなります。

もともとは、ドイツにあるダーマローラー社が、マイクロ針(ニードル)を使用したダーマローラーを発売し、ダーマローラー療法が広まりました。
マイクロ針は韓国科学技術院(KAIST)が開発し、国際特許を取得していて、蚊の針のように、刺さっても痛くありません。
日本製のラヴィス リードロールでも採用されています。

【メリット】

  • ニキビ跡や開いた毛穴のケアにも使えます。
  • 美容液や頭皮の育毛剤の浸透にも、効果があります。

【デメリット】

  • 保冷や麻酔などの手順を、きちんとおこなう必要があります。
  • 安い製品も出回っていて、あまり品質がよくないものことがあるので、注意が必要です。

4.炭酸ガス治療

フランスなど海外では10年以上前から、知られている治療方法です。

炭酸ガスを極細の針を使用してお肌に注入することで、体内の血流を改善し、ターンオーバーを活性化します。
ガスが真皮に届くと、お肌がダメージを受けるので、回復しようとしてコラーゲンを作り出します。
断裂した真皮の傷が薄くなり、妊娠線を消す治療です。

無臭の気体である炭酸ガスを使うので、体の中に残留せず、痛みはほとんどありません。

【メリット】

  • 1回の治療は、約10分と短くて済みます。
  • ダウンタイム(通常の生活に戻るまでにかかる時間)がほとんどありません。
  • 【デメリット】

    • 広範囲の施術は、高額になります。
    • 瘢痕修正術(瘢痕形成術)とは

      できてしまった妊娠線がある箇所をいったん切開して、皮ふの断裂を縫い合わせる方法です。

      幅の広い断裂を細い線にする方法、Z型の切れ目を縫合する方法、W型にしてジグザグ縫いでひっぱり合わせる方法があります。
      直接、断裂した傷跡に対して処置をおこない、消すことはできませんが、でこぼこしたところを小さくします。

      テーピングや貼り薬で処置した部分を覆い、場合によっては感染症などの検査があります。経過観察のため、術後も通院する必要があります。

      【メリット】

      • 妊娠線以外の一般的な傷跡や、ヤケド跡治療でもおこなわれる施術なので、病院によっては経験のある専門医がいます。

      【デメリット】

      • 妊娠線の治療は保険適用外になります。
      • 広範囲の施術は、かなり高額になります。
      • 体質によってはかゆくなったり、施術の縫い跡が目立ってしまいます

      保湿と新陳代謝にはクリームやオイルがおすすめです

      クリームやオイルは、さまざまなメーカーから多数の種類が発売されています。
      ユーザーの口コミや比較サイトなどもあります。

      香りやテクスチャなどの使い心地や、配合されている成分をチェックして、お好みや目的に合わせて選びましょう。

      • 妊娠線専用のボディクリーム
      • 一般のクリーム
      • ヘパリン配合クリーム
      • オイル
      • アロマオイル(精油)

      妊娠線専用のボディクリーム

      妊娠線専用のボディクリームは、お肌にうるおいを与えてしっとり柔らかい状態にしてくれます。
      新陳代謝を活発にする成分が含まれていますので、肌環境を整えてバランスのよいお肌を目指しましょう。

      また、妊娠線専用のボディクリームはお肌に嬉しいつくりになっています。
      香料など余分なものが入っていないことも大事ですよね。
      オーガニック(天然由来)や国内生産、低刺激商品などもおすすめです。

      お肌を保湿して弾力を強くする成分

      コラーゲン、ヒアルロン酸

      新陳代謝を活発にする成分

      ビタミンC誘導体、FGF、アラントイン、シラノール誘導体

      【おすすめの妊娠線専用クリーム】
      ベルタ(BELTA)妊娠線クリーム
      角質層まで届くシラノール誘導体やコエンザイムQ10、お肌を引き締める葉酸やアミノ酸・5種類のビタミンが配合されています。
      うるおいが続くのに、お肌に優しい低刺激です。
      初回500円の定期便が利用できますので、コスパのよさも魅力です。

      ノコア アフターボディトリートメントクリーム
      できてしまった妊娠線に効果がある、アフターケア専門のクリームです。
      角質層まで浸透するビタミンC誘導体ディープリフトVC、美肌や老化防止が期待できるフラーレンが配合されています。
      やさしいオーガニックネロリの香りで、伸びがいいので塗りやすいです。

      プラジェントラ ローションプラス
      お腹だけではなく、ヒップまわりにも使いやすいクリームです。
      コラーゲンを生成するための成分で、お肌の弾力を強くして張り感をアップしてくれます。
      お肌のくすみにも効果があるのが嬉しいですね。

      エルバビーバ ストレッチマーククリーム(ジョンマスターオーガニック)
      カカオバターと植物オイルがブレンドされた自然はクリームです。
      オーガニック成分がやさしくうるおいを与えます。
      赤ちゃんのボディケアにも使うことができます。

      一般のクリーム

      一般のクリームは、値段も安いですし、ドラッグストアなどで手に入ります。
      お値段は高くなってしまいますが、韓国コスメで人気のカタツムリクリームも保湿効果が高いです。

      • ニベア
      • ワセリン
      • カタツムリクリーム

      ヘパリン配合クリーム

      ヘパリン類似物質が配合されているクリームです。
      高い保湿力があり、血行促進、お肌の新陳代謝により、やけど跡や傷跡を目立たなくします。
      いずれもご相談の上で、ご使用くださいね。

      • ヒルドイドクリーム…処方薬です。ローションもあります。皮ふ科でお医者さんに相談しましょう。
      • アットノン…市販薬です。ジェルもあります。薬剤師さんに相談しましょう。

      オイル

      オイルは皮ふへの浸透力が高いため、しっかりお肌を保湿してくれます。
      また、オイルを塗ることで水分を保つフタの役目になります。

      オイルはお肌に水分が残っている状態で塗ると、浸透しやすくベタベタしません。
      お風呂あがりのお肌に塗ると、するするとつけることができておすすめです。

      化粧水やクリームのあとに塗ったり、化粧水やクリームと混ぜて塗ってもよいでしょう。

      • ホホバオイル…お肌のバランスを整える働きがあり、敏感肌の方も安心して保湿ですます。
      • オリーブオイル…保湿力が高く、毛穴に詰まった角栓をとってくれる作用があるので、お肌をすべすべにしてくれます。
      • アルガンオイル…お肌の老化を防ぐ抗酸化作用があり、お肌のバリア機能を高めます。
      • ココナッツオイル…ベタつかず、お肌にハリを与えます。
      • 馬油…人間が持つ皮脂に近い成分なので、浸透力が高く、血流をよくしてくれます。
      • バイオイル…傷跡やニキビ跡を目立たなくします。
        ピュアセリンオイルが配合されていて浸透力がよく、お肌をやわらかくします。

      • ヴェレダ(WELEDA) マザーズボディオイル(旧マタニティストレッチマークオイル)…高品質のオイルが配合され、しっとりやわらかなお肌に導きます。
        天然エッセンシャルオイルの香料を使用しています。
        産後のマッサージにおすすめです。

      アロマオイル(精油)

      アロマオイルも保湿に効果的ですので、保湿力の高いものを選ぶとよいでしょう。
      お好みの香りのものを、探すのもいいですね。

      • ローマンカモミール…リラックス効果があり、お肌の状態を落ち着かせてくれます。
      • ネロリ…新陳代謝を促し、美肌へ導きます。
        自律神経を整える働きもあります。
      • フランキンセンス…お肌の収れん作用により、引き締める効果があります。
        乾燥肌にも効果的です。
      • マンダリン…お肌を柔軟にしてくれます。
        イライラやストレスを抑えてくれる働きもあります。
      • ローズウッド…お肌の炎症を抑えてくれます。
        保湿・弾力アップにも有効です。

      食事や運動で、さらに代謝アップ

      妊娠線ができるお腹や太ももは、顔などのお肌よりもターンオーバーのサイクルが遅い部分です。

      ターンオーバーは、身体の新陳代謝をよくすることで、活発になります。
      有効な栄養素を積極的に摂取し、身体を動かして血流をよくして、代謝を上げていきましょう。

      代謝を活発にする栄養

      毎日の食事で栄養をとるのはもちろん、サプリメントを活用してもよいでしょう。

      新陳代謝を促す

      ビタミンB2、ビタミンE、亜鉛、マグネシウム、アルギニン(ビタミンB6を一緒に摂取するとよい)

      保湿を促す

      コラーゲン、プラセンタ

      肌の粘膜を強くする

      ビタミンA、ビタミンC

      ベルタ(BELTA)葉酸サプリ
      水溶性ビタミンB群である葉酸が効率よくとれるサプリメント。
      コラーゲンやプラセンタなど6種類の美容成分も含まれています。

      温かい飲み物で身体を冷やさずに代謝を上げる

      食事の時に野菜をスープにしたり、お味噌汁を具だくさんにしていただくと、身体も温まり、栄養を効果的にとることができます。

      普段の飲み物を、冷たいものから温かいものに変えるだけでも効果があります。
      しょうがをミルクティーを入れて飲むのも、身体がぽかぽかします。

      運動して血流をよくする

      運動をすると血流がよくなり、代謝が上がります。
      ほどよい運動はリフレッシュにもなりますので、無理のない範囲でおこないましょう。

      散歩(ウォーキング)やランニング、スクワットやストレッチで血流をよくするとともに、筋力アップも期待できます。
      赤ちゃんと一緒にできる、ベビーヨガやベビースイミングもいいでしょう。

      効率よくトレーニングするには、スクワットがおすすめです。

      • 足を肩幅より少し広く開いて、5秒数えながら腰を下げていきます。
      • 5秒そのままキープして、5秒かけて元に戻しましょう。

      これを5分間繰り返しましょう。

      他にもおすすめのストレッチや筋トレ方法を、こちらでご紹介しています。

      十分な睡眠でストレスをためない

      育児や家事で毎日があっという間…という方も多いですよね。
      忙しい生活やお仕事でストレスが溜まってしまうと、身体もリラックスできません。

      特に、産後すぐの産褥期は、妊娠・出産で変化した身体が元に戻ろうとする期間です。

      疲れやストレスが溜まってきたと感じたら、のんびり過ごしたり、家族に協力してもらってリラックスできる時間を作りましょう。

      できてしまった妊娠線を消すために、クリームやオイルでケアしましょう

      妊娠線はお肌の断裂によってでき、お腹以外にもできることがあります。

      断裂は傷のように見えるので、目立たないようにケアをしましょう。
      お肌にうるおいを与えて、身体の新陳代謝をアップさせることで、消す状態に近づけることができます。

      産後にどのようなケアをするか迷っているなら、クリームやオイルを使うことをおすすめします。

      ご自宅でできて続けやすく、お肌がきれいになります。
      妊娠線専用クリームは妊娠線に嬉しい成分が入っていますので、より効果が見込めます。

      食事や運動なども無理のない範囲で取り入れましょう。

      妊娠線を消すための方法で、産後のケアをしっかりおこなっていきましょう。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【葉酸サプリおすすめ決定版】効果・値段で徹底比較

葉酸の含有量や、一緒に摂れる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

子どもの保険に悩むママ必見!「保険のビュッフェ」の無料相談体験レポ!

子どものための保険ってどうしたらいいの?妊娠中に気になる子どものためのお金について実際に相談してみました!