赤ちゃんへの語りかけ②おしゃべりが始まる頃の1歳児のお子さん

赤ちゃんへの語りかけ②おしゃべりが始まる頃の1歳児のお子さん

おしゃべりが始まる頃の1歳児のお子さん

赤ちゃんは、歩けるようになると、自分の意思で動けるのが楽しくてしょうがなくなります。興味を持った物にはどんどん自分から近づいていき、好奇心旺盛でママにとっても目が離せなくなる頃ですね。

言葉の理解も急速に進みます。ママが話しかけている言葉の意味がわかってきて、まだ言葉が話せない赤ちゃんでも、ママの言っている事をある程度は理解できています。

言葉の理解

1歳というと「バッバッバッ」「マンマンマ」などの喃語から、「ママ」「パパ」「まんま」「ブーブー」など言葉の意味のある言葉に変わってくる頃です。その時に大切なのはママの対応のしかたや働きかけです。

ママからの上手な働きかけ

言葉の意味を広げる

お子さんがお散歩中に犬を見て「ワンワン」と言ったら、ママは「そうだね、大きなワンワンだね!」「ほんとだ。かわいいワンワンだね!」「そうだね、ワンワン、こっち見てるね!」と子どもの発した言葉をもっと意味を広げた言い方で返します。

まず意識したいのは、「そうだね」などと共感ししっかり受け止める事。それから「大きい」「かわいい」「?してるね」などの言葉を足して返してあげる事。

「自分の言った言葉にママが反応してくれた」と感じると、お子さんは、またママに何か伝えたくなります。

言葉に反応
会話のモデルを示す

子どもが「バアバ、チワ!バアバ、チワ!」と言った時、ママが「おばあちゃんのお家にコンニチハしにいこうね!」と子どもが言おうとしている話しを、正しい言い方にして優しく言い直してあげます。


吉野陽子 先生

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー