カサカサお肌にならないためのスキンケア:お顔編

カサカサお肌にならないためのスキンケア:お顔編

赤ちゃんのお肌の表面は、うるおいが少なくとても乾燥した状態です。もっと乾燥がすすむとお肌のトラブルがさらに起こりやすくなってしまいますので、赤ちゃんには毎日保湿剤を塗ってうるおいを保ってあげましょう。

今回は、お顔への保湿剤の塗り方をご紹介します。お顔の皮膚は特に薄いですので、次の2つのポイントを守って塗ってあげてください。

  • ゴシゴシ塗りこむのではなく優しく塗リのばす!
  • ムラにならないように丁寧に塗る!

赤ちゃんの肌

保湿クリームの塗り方 お顔

  1. ママの手を清潔にしておく。(爪も切っておいてください)
  2. 保湿クリームを手に取り、両手の指の腹で温めるようになじませる。(お顔に点在させてから塗る方法でもよい)
  3. 指の腹をあてるようにして、【おでこ】【鼻】【ほっぺ】 に塗りのばす。
  4. 【目のまわり】【口のまわり】などは、皮膚が薄くとても乾燥しやすい部位なので、指の腹を優しく滑らせて塗る。
  5. 【耳の付け根】は、塗り忘れやすい部位。指の腹をスライドさせながら塗りのばす。

お風呂上がりに保湿クリームを塗る習慣をつけましょう。また、お顔を拭いたあとや授乳後にも塗ってあげるとようでしょう。保湿クリームは常に手の届く所に置いておいて、いつでも塗ってあげられるようにしておくといいですね。

保湿クリームを塗る時は声をかけて♪

赤ちゃんに声をかける

赤ちゃんに「ヌリヌリしようね」などと声をかけながら楽しく塗っていきます。そうする事で、保湿クリームを塗る時間が楽しい親子のスキンシップの時間となりますよ。ぜひママの温かい手で赤ちゃんに触れるスキンケアタイムをつくってあげてください。


吉野陽子 先生

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー