フォローアップミルクいつから?いつまで?

フォローアップミルクとは?

フォローアップミルク

フォローアップミルクは離乳食で不足しがちな鉄分・カルシウム・ミネラルなどを強化したミルクで、離乳食が3回食になった9ヶ月頃に育児用ミルクや母乳からフォローアップミルクに切り替えます。離乳食が3回食になるまでは栄養摂取の中心が母乳やミルクの為、フォローアップミルクに切り替える必要はありません。フォローアップミルクでは成長に必要な栄養素がまかなえない為、離乳食が3回食になるまでは慌ててフォローアップミルクに切り替える必要はありません。

絶対にフォローアップミルクに切り替えないといけない?

フォローアップミルクは離乳食で不足しがちな鉄分・カルシウム・ミネラルなどを強化したものなので、母乳が出て、お肉やレバー、野菜なども食べていて、離乳食が順調に進んでいればフォローアップミルクに切り替える必要はないと思います(メーカー側はあげたほうがいいと言いますが、産院などで聞くと離乳食で鉄分・カルシウム・ミネラルなどをしっかり摂取できて母乳も出ているのであれば切り替えなくても大丈夫という回答も多くあります。いろいろな意見がありますので、このコラムで書いている事も一つの意見として判断して下さい。私の意見としては、昔はフォローアップミルクなんてなかった時代で、健康に育っている方は沢山いますし、私もその中の一人で、母に聞くとフォローアップミルクなんてあげてなかったと聞きました。だけど私は健康に育っています。私に子供が生まれ、9ヶ月になった頃、母乳がちゃんと出て、鉄分・カルシウム・ミネラルなども離乳食で摂取できるようにして順調に離乳食が進んでいたので、フォローアップミルクはあげていません。離乳食で不足しがちな鉄分・カルシウム・ミネラルなどを補う事が出来る離乳食はこちら

フォローアップを与えたほうがいい?について詳しく説明されている助産院院長こばやしひさこ先生によるコラムはこちら

スポンサーリンク

フォローアップミルクの量

離乳食が3回食になった9~11ヶ月の赤ちゃんなら、一日トータル600ml前後が目安です。メーカーによっては多少の違いがある事があるので、説明書をしっかりと読みましょう。

フォローアップミルクはいつまで?

牛乳は1歳を過ぎると飲めるようになるので、ミルクアレルギーがなく、離乳食も順調に進んでいるならこのあたりでフォローアップから牛乳へ切り替えます。1歳になるまでは牛乳でおなかを壊したり、アレルギーを起こしたりする可能性があるので、1歳までは我慢しましょう。胃腸が弱い子はもう少し遅らせたほうがいいかもしれません。牛乳は安くて作る手間がいらないので、1歳で切り替えるママが多いです。粉ミルクを与えている場合は、粉ミルクに2~3割くらい牛乳を混ぜてアレルギーなどは大丈夫か確認し、少しずつ割合を増やして牛乳に移行するといいと思います。

フォローアップミルクでアレルギーはでない?

普通の粉ミルクやフォローアップミルクには牛乳成分が含まれているので、牛乳アレルギーのお子さんに与えてはいけません。もし与える場合は、特殊なアレルギー用ミルクにします。フォローアップミルクにはアレルギー対応のフォローアップミルクが販売されていません。そのため、アレルギー用ミルクを断乳まで継続的に飲むことになります。既に1歳を過ぎている場合だと断乳する時期ですので、離乳食が順調に進んでいる場合は必ずしもミルクは必要ではありませんが、牛乳アレルギーがある場合はアレルギーの専門医を受診して相談するようにしましょう専門家

フォローアップミルクの紹介

下のフォローアップミルクは固形タイプで、スプーンを使わずに簡単に作る事ができるので便利です

下のフォローアップミルクは粉タイプです。フォローアップミルクはほとんどがこのタイプです

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア