しんどいつわり時期に食べられる食事ランキング【外食・レシピ】

胃のムカムカ、車酔いしているような気持ち悪さ、眠気、だるさなど、妊娠初期に始まるつわりの症状は気が参るようなものばかりです。
今まで食べていた好みのものが急に美味しくないと感じたり、食事をしようにも匂いがきつくて近寄ることもできなかったりと、食べるにも何かと苦労するのがつわりの辛いところではないでしょうか。

しかし、食べないと栄養が摂れないので、いろいろ工夫をして食事しなければなりません。
つわりに効く食材を使用した料理で、家でも外出先でも辛いつわりを軽減しましょう。

つわりの種類とよく食べられている食材

「つわり」といっても、症状にっよって違いがあります。
それぞれ、どのような症状があるのか、食材はどんなものを食べる方が多いのかをお伝えします。

吐きつわり

吐きつわりは吐き気・嘔吐を中心とした症状が起こります。
ときどき、または常時吐き気や嘔吐に見舞われ、食欲が落ちたり匂いだけで吐き気を催してしまうことがあります。

食欲がなくて食べる量が少なかったり、食べても吐いてしまうので、体重が減少してしまいます。

吐き気を軽減する食材として、トマトやレモン、グレープフルーツなどあっさりしていて酸味のあるものがよく食べられています。
うどんなどの麺類ものどを通りやすいのですが、温めると匂いが強くなってしまうので冷たい状態で食べるといいようです。

食べつわり

食べつわりは空腹になったときや、常に何かを食べていない場合にひどくなる傾向にあります。
フライドポテトやハンバーガーなど脂っこいものが食べたくなる方が多く、食欲も増すので体重が増加しやすい状態です。

食べつわりの方にはサンドイッチや卵など、こってりとした食事でかつ栄養素が十分に摂れるものがオススメです。

つわりの症状や食べ物の好みで性別がわかる!?

妊婦さんの間でよくつわりと赤ちゃんの性別の関係の話が出ます。
つわりが酷い、食べつわりの場合は男の子、反対につわりが軽かったり吐きつわりの場合は女の子などという噂があります。

しかし医学的な根拠はなく、つわりの軽い重いはあくまで個人差です。
つわりが軽かったけれど男の子だった、食べつわりだったけれど女の子だったという話もよく聞きます。
過度に信じるのはあとあと性別でがっかりすることになるかもしれないので、噂程度で留めておいたほうがよいでしょう。

しんどいつわりの時期でも食べられる食事ランキング

つわりの時期をうまく乗り切った先輩妊婦の人気食事メニューをランキングにしました。
まずは10位からご紹介します。

10位 梅干しとブロッコリーのおかゆ

おかゆは水分量が多いため、つわりで吐いてしまっでも水分補給をすることができます。
作るのも簡単なので、つわりでしんどいときにすぐ作って食べられるので便利です。

梅干しの酸っぱい味は、含まれているクエン酸という成分からきていますが、そのクエン酸が妊娠中のつわりを軽減する効果を持っています。
ムメフラールと呼ばれる物質も梅干しには含まれていますが、それが血液の循環を促してくれるのです。
妊娠中はつわりだけでなく体が冷えやすくなるので、血液をうまく循環させてくれる梅干しがおすすめです。

ブロッコリーにはつわりを軽減させるビタミンB6が豊富で、さらに妊娠中に必要な栄養素である鉄分やカルシウムも豊富に含まれています。

材料

  • ご飯…茶碗2杯分
  • お湯または水…適量
  • 茹でたブロッコリー…適量
  • 梅干し…2個

作り方

  1. 小さい鍋にご飯とお湯または水を入れ、さらにブロッコリーと梅干しを加える。
  2. 食べやすいようにブロッコリーと梅干しをつぶしながら煮込み、ある程度柔らかくなれば完成。

おかゆは毎日食べていると飽きるほど質素な食べ物なので、日替わりで材料を変えてみるとよいでしょう。

9位 ファストフード

フライドポテトやハンバーガーはおもに食べつわりの方に人気の食べ物です。
こってりしていて満腹感も得られやすいので、食べつわりなら症状が軽減されやすいでしょう。
ただし、カロリーや塩分が高いので食べ過ぎると体重増加やむくみの原因になるので注意が必要です。

マクドナルドやモスバーガーなど、どこにでもあるファストフード店で手に入りやすいのもうれしい点です。
ファストフードを食べる際にはなるべく野菜や卵なと、栄養価の高いものが入っている商品を選びましょう。

8位 梅干しとオクラの冷ややっこ

冷えた豆腐はさっぱりしていて喉に通りやすいことから、吐きつわりの妊婦さんにおすすめの食品です。
豆腐に含まれているタンパク質やビタミン類は、妊娠中の身体によいものとされています。
ただし、イソフラボンは摂りすぎると胎児に悪影響をもたらすと言われているため、摂りすぎには注意しましょう。

つわりを軽減する梅干しと便秘・下痢に効くとされているオクラでトッピングすれば栄養価の高い食事になります。

材料

  • 豆腐…一丁
  • 梅干し…2~3個
  • きざみオクラ…適量
  • ポン酢…大さじ2

作り方

  1. 豆腐を半分に切りお皿に盛る。
  2. つぶした梅干しとオクラを混ぜてポン酢をくわえる。
  3. 豆腐の上にトッピングしたら出来上がり。

7位 リンゴヨーグルト

ヨーグルトには妊娠中に必要なカルシウムやビタミン類、お腹の調子を整える乳酸菌などが豊富に含まれています。
特にイライラを解消してくれるカルシウムは、牛乳よりも吸収率がよいとされています。
つわりで食欲がないときでも食べやすい栄養豊富な食べ物です。

リンゴに含まれるペクチンは、妊娠中の便秘によく効くとされています。
ペクチンは便秘だけでなく気持ち悪さをも解消する効果を持っているのです。
また、リンゴにはむくみを解消するカリウムも含まれているため、つわりで悩む妊婦さんにもおすすめです。

ヨーグルトにかける際は「JA全農あきた秋田県産 のむりんご」ならわざわざ皮をむいて潰す必要がありません。
「JA全農あきた秋田県産 のむりんご」の成分はリンゴのみなので、添加物を摂取してしまう心配もありません。

続けて、6位以降もみていきましょう。

6位 うどん

のどごしがよく、においもあまり気にならないうどんは手に入りやすく調理も簡単です。
外食でもよく見かけるメニューなので、つわり中のお出かけでもぜひ食べたいですね。

うどんは炭水化物なので摂りすぎると糖尿病の恐れがあります。
うどんを食べる際には、卵や野菜など、栄養価の高いものをトッピングすればバランスのいい食事になります。

5位 スイカレモンゼリー

水分量が多いスイカは、吐きつわりで水分が不足しがちな妊婦さんにはうれしい果物です。
胎児の成長に欠かせない栄養が多いだけでなく、つわりを軽減するビタミンB6やむくみを防止するカリウムなど、ママに必要な栄養素が盛りだくさんです。

レモンもつわり中の妊婦さんに人気の食材です。
ビタミンCや葉酸など妊娠中にぜひ摂りたい栄養素ばかりが含まれています。

スイカとレモンをさっぱりとした風味のゼリーに加えて食べると、脱水症状を防ぎながら栄養をたくさん摂ることができます。

材料

  • スイカ…100g
  • レモン…1/2個
  • 糸寒天…5g
  • 水…600㏄
  • 砂糖…20g
  • はちみつ…大さじ1

作り方

  1. 糸寒天を5cmほどに切り、水でふやかす。
  2. スイカとレモンの身を細く切る。
  3. 鍋に糸寒天と砂糖を入れ沸騰させて溶かす。
  4. 寒天が溶けたら火を止めはちみつを加える。
  5. 容器に流し込み、スイカとレモンを入れ冷蔵庫で1時間冷やして完成。

4位 冷やし中華

さっぱりしていて麺だけでなく野菜やお肉も摂れるのが冷やし中華の人気の理由です。
タレに使われているお酢には疲労回復の効果があります。

水分量とカリウムが多く含まれるキュウリが冷やし中華の定番食材ですが、もっとさっぱりさせたいならトマトを加えてみてください。
トマトは妊婦さんが好む酸味があるだけでなく、つわりを抑えるクエン酸や胎児の成長に必要な葉酸が含まれています。

材料

  • 冷やし中華のめん…1袋
  • トマト…1~2個
  • きゅうり…1本
  • 卵…1個
  • 塩コショウ…少量
  • 油…大さじ1
  • 麺つゆ…適量
  • ごま油…大さじ3

作り方

  1. 麺を茹でてザルにあげる。
  2. きゅうりを細切りにし、トマトを乱切りにする。
  3. 麺つゆに氷を入れておく。
  4. 卵を溶き塩コショウをかけ、スクランブルエッグを作る。
  5. 麺をお皿に盛り、ごま油と麺つゆをかけかき混ぜる。
  6. きゅうりとトマトを盛り付けて完成。

3位 寿司

寿司はご飯に酢が使われているので、外出先で思わず食べたくなる方も多いかもしれません。
新鮮な魚からDHAなど胎児の成長によいとされている栄養が摂れます。
しかしネタによって水銀が多く含まれているものがあるため、どれを食べてもよいというわけではありません。
また食中毒の危険性もあるため、より新鮮なものを食べるようにしましょう。

妊娠中でも食べてもよいネタとして、サーモン、カツオ、タイ、キハダ、ビンナガ、メジマグロ、ブリがあります。
またアナゴや玉子など火を通したネタも大丈夫です。

2位 バナナジンジャーアイス

バナナとジンジャーにはつわりを軽減してくれるビタミンB6が豊富に含まれています。
バナナは1本あたり86キロカロリーと低カロリーで、カリウムやマグネシウムなど、たくさんの栄養素を摂ることができます。

冷えてさっぱりしたアイスクリームと合わせれば、つわりを軽減することができるでしょう。
ただし、アイスクリームは食べ過ぎると冷えや糖分の摂りすぎになるので注意が必要です。

材料

  • バナナ…2本
  • 生姜…1かけ
  • プレーンビスケット…5枚
  • 練乳…大さじ2
  • レモン汁…小さじ1

作り方

  1. 材料をすべてミキサーにかけ、容器に入れて冷凍庫で6時間以上保存し完成。

1位 BLTサンドイッチ

妊娠中につわりで悩む方の中にはパンを好む人が多くいます。
サンドイッチはコンビニや喫茶店など外出先でも簡単に手に入るのでおすすめです。

自宅で作る際には基本的にどのパンを使用しても問題ありませんが、栄養をたくさん摂りたいなら全粒粉で作られたパンがおすすめです。
全粒粉には食物繊維がたっぷりと含まれており、つわり中の便秘解消に役立ちます。
サンドイッチにトマトやレタスを加えることで、さっぱりして酸味が効いて栄養も摂ることができます。

材料

  • サンドイッチ用食パン…2個
  • パンツェッタ…1個
  • レタス…1/4個
  • トマト…2個
  • マヨネーズ…適量
  • フレンチドレッシング…適量
  • フレンチマスタード…適量

作り方

  1. サンドイッチ用食パンにマスタードとマヨネーズを塗る。
  2. レタスを一口大にちぎってトマトを薄切りにする。
  3. パンツェッタをドレッシングに和える。
  4. 食パンにトマト、レタス、パンツェッタを挟んでできあがり。

つわり中は家族やサプリメントにも頼ろう

つわりは軽度のものから重度のものまでありますが、症状が重いと立ち上がるのも辛いほどです。
症状が重く体調が思わしくない場合は食べるにも料理ができない状況ですので、なるべくご家族に作ってもらいましょう。

経産婦の体験談を聞くと、つわり中は食べ物の好みや制限により、食事のパターンが限られることが多いです。
そうなると自分の身体や胎児に十分な栄養がいきわたらないことが心配されるので、サプリメントで補うことをおすすめします。

妊娠中の女性をターゲットにした葉酸サプリメントをはじめ、栄養サプリメントは数多くあります。
自分の身体にどんな栄養が足りていないかしっかり考えて選ぶようにしましょう。

>>ママに必要な栄養たっぷり!ベルタ葉酸サプリの詳細はこちら

なるべくメニューは毎日変えることが大切!

ご紹介した食事の他にも、野菜スープや冷凍みかんなど、つわりに効く食べ物はたくさんありますが、つわりの時期は決まった食事しか食べられなくなることがあります。
しかし、同じものばかり食べていると摂る栄養が限られてくるので、ママや赤ちゃんの両方にとって良くありません。

できるだけ食べるものは毎日違うものにしましょう。
もし、ひとつの食事しか受け入れられない場合は、使う材料を違うものにすることが大切です。

また、つわりの際には飲み物でも栄養補給することが大切です。
果汁100%のフレッシュジュースやジンジャーが入った炭酸飲料など、飲み物を工夫してつわりの対策を取っていきましょう。

妊娠初期はつわりでしんどい思いをしますが、食事をひと工夫して症状を軽減し、ママも赤ちゃんも健康に過ごしてくださいね。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク