一人遊びが好きな子はずっと一人で遊ばせてもいいの?

一人遊びが好きなのはその子の個性?

一人遊びが

大人にもそれぞれ「普通の人」「変わった人」と個性があるように、小さな子どもにもさまざまな個性があるものです。特に小さなうちは大人よりも感情豊かですし、自分の個性を前面に押し出すという子がとても多く、見ていて関心することもありますよね。さて、そんな小さなお子さんの中でも特にそれぞれの個性があらわれるのが「遊ぶとき」です。一口に遊ぶとは言っても、車が好きな子・おままごとが好きな子・ものを描くのが好きな子などさまざまですよね。また、たくさんのお友達に囲まれて賑やかに遊ぶ事が好きだという子もいれば、一人の世界に入って黙々と遊ぶ事が好きだという子もいます。この後者の「一人遊びをする子」ですが、お友達とも誰とも遊ばずずっと一人で遊んでいるのは果たして良いものなのでしょうか…?

スポンサーリンク

お友達に目もくれない…注意したいこと

子どもといえば、たくさんのお友達と走り回ったり一緒にブロック遊びをしたり…というイメージがあるかと思います。
が、一人遊びが好きな子は意外と多いものなんです。

一人遊びが

一人遊びをしている子どもって、とても集中していることが多いと思います。ヘタにちょっかいを出したりするよりも、黙って見守ってあげた方が創造力がついたり、自分で考える力や自立心が生まれるでしょう。

また、親としては一人遊びをさせることによって、この子自身が持っている集中力の高さを知ることが出来ます。特に男の子は寒くても外で走り回ったり、戦いごっこをしたり…というイメージがあるかと思いますが、すべての子がそうではありませんよね。イメージで固めてしまう前に、この子は集中力があって一人で黙々と遊ぶことができて、どんどん考える力を養っているんだ!と思えると良いですね。

ただ、黙々と一人遊びを長時間続けている、ママにかまってほしいそぶりを見せない、お友達にまったくもって目もくれない…というときには、ちょっと注意が必要です。「上の子よりも○○が遅い…」赤ちゃんの成長速度はそれぞれ

ママとの遊びはコミュニケーションの練習!

ママと子どもが一緒に遊ぶとき(相手をしてあげるとき)というのは、お互いの言葉のコミュニケーションや表情や感情を読み取ったりすることで、相手のことを察知する能力や会話する能力をつけていきます。ママが「遊ぼう」と言っても集中しているときはそのままにしておいても良いのですが、そうでないときには声かけをしたり「ママもまぜて~」と交流を持つようにする方が良いでしょう。先ほども述べたように、一人遊びをすることで集中力や創造力を養うことができます。ですが、あまりにもずっと一人遊びをしていると、ママとのコミュニケーションの機会が少なくなってしまいますよね。ママとのコミュニケーションは、親子の信頼関係や絆を深めるだけでなく、これから先お子さんが大きくなったときにパパやママ以外の人とコミュニケーションをとるための練習とも言えます。静かに見守ってあげることももちろんなのですが、時には言語力を育てる・コミュニケーション能力を育てるというのも、ママの役目ではないでしょうか。子どもとのコミュニケーションの取り方についてはこちら

個性を大切に…一人遊びができなくても◎

中には、一人遊びがまったくできない…という子もいます。ママ、ママ!と後追いをしたり、一日中ママにべったりで他の子とは遊ばずにママと遊ぶ…という子です。後追いについてはこちらから

ママとしては家事がなかなかできなかったり、一日中くっついて遊びをせがまれるということにげんなりしてしまうことも。もちろんしっかりと遊び相手をして親子のコミュニケーションを図っていきたいものですが、ときには難しいということもありますよね。そういったときには、しっかりと説明をしてあげましょう。たとえお子さんがわからなくても、ママが真剣に話しかけてあげることで雰囲気をすばやく感じ取るものです。

お子さんは始めのうちは「ママが遊んでくれない」「寂しい」といった気持ちでわんわん泣くでしょう。しかし、泣かないように我慢させるのではなく、このように泣いて気持ちを発散させながら手があくまで我慢させるのです。そうすると、いつの間にかきちんと待てるようになります。

こうして「我慢すること」を覚えていきますから、100%お子さんの相手をしなくちゃいけない!ということはありません。かまってあげたい気持ちはありますが、そうはいかないということを教えなくてはならないんですね。育児に100%の成功はないと言われていますが、このようにお子さんの個性に合わせた対応をしていかなくてはなりません。自分のお子さんがどんなタイプなのか、我慢できるか、一人遊びが好きか、集団での遊びが好きか、人見知りが激しいか…などなど、さまざまな個性をチェックしておくことが必要です。そしてその個性を理解しながら、一人遊びが好きだという子の場合にはときどき声かけ、コミュニケーション能力を育てていきましょう。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク