粉ミルクで育てている子の卒乳について

粉ミルク・フォローアップミルクの卒乳

哺乳瓶(粉ミルク)の卒乳

赤ちゃんといえば、だいたい1歳ごろまでおっぱいかミルクを飲んで育つものですよね。生後5か月~6か月ごろからは離乳食が始まりますが、離乳食が始まったばかりのお子さんは、まだまだ食べられる量や食材も少なく、この離乳食だけでは栄養をまかなえるものではありません。その為、1歳くらいまでは、母乳や粉ミルクを飲んで栄養補給をしていきます。離乳食を始める時期についてはこちら

さて、だいたい1歳ごろで母乳を卒業する、いわゆる「卒乳」する子が多くいらっしゃいます。が、もちろんそれ以降も飲み続けるという子はいて、長ければ2~3歳まで飲むという子も少なくありません。母乳については、自然と飲む間隔が長くなっていって・・・そのまま飲まなくなるということや、コップで牛乳を飲むなどで切り替えていき、徐々に卒乳していくというパターンが多いようです。

では、粉ミルクについてはどうでしょうか?9か月を過ぎると栄養補給のためのフォローアップミルクに切り替えるということが多いかと思います。フォローアップミルクについてはこちらフォローアップミルクをあげる時期についてはこちら

もちろん、フォローアップミルクではなくて一般的な粉ミルクのまま飲ませているという方もいるでしょう。この場合、おっぱい(母乳)と違って「卒乳」はどうしたら良いのでしょうか?

スポンサーリンク

哺乳瓶をからストロー・コップへ

1歳を過ぎるとそろそろ卒乳を…と考える時期ですよね。母乳の場合、赤ちゃんとママとの触れ合いや、つながりがあったり、赤ちゃんにとって精神安定剤のような働きをすることも知られていますよね。1歳を過ぎたら、すぐに《卒乳、断乳!》というわけではなく、赤ちゃんとお母さんのペースに合わせて徐々に授乳の回数を減らしていけば良いと思います。ですが、粉ミルクについては少し違います。

みなさんは粉ミルクをどうやって飲ませているでしょうか?殆どの方が哺乳瓶を使って粉ミルクを飲ませているかと思いますが、1歳を過ぎるころには多くの子に歯が生えてきます。哺乳瓶をいつまでも長く使っていると、虫歯になりやすいということはよく聞きますよね。これは、哺乳瓶を使ってミルクやジュースを飲ませることで、口の中に飲み物がある状態が長く続いてしまうことで、虫歯になりやすくなる…というわけなんです。哺乳瓶にミルクや甘い飲料類を入れて長時間遊び飲みさせたり、飲ませながら就寝させると前歯が広く虫歯になりやすくなってしまいます。ですから、いつまでも哺乳瓶を使うのではなく、次のステップとしてストローやコップで飲ませるように切り替えていくことをオススメします。ストローやコップで飲ませるようしても哺乳瓶と同様、ミルクや甘い飲料類を入れて長時間遊び飲みさせたり、飲ませながら就寝させると虫歯になりやすくなります。虫歯予防を考えるのであれば以下のコラムも合わせてご覧下さい。子どもの虫歯予防母乳と虫歯の関係性

母乳(おっぱい)の止め方、断乳と卒乳について

断乳と卒乳その1~基礎知識~断乳と卒乳その2~理想的なやめ方~

粉ミルクのあとは、何を飲ませたらいいの?

では、粉ミルクを飲んでいるという子はどうやって卒乳したら良いのでしょうか?

先ほども述べましたが、フォローアップミルクや粉ミルクを飲ませるそもそもの目的は「栄養補給」のためです。離乳食を始めて、お子さんが順調にバランス良くなんでも食べ進めている…ということであれば、そこまでミルクをあげることにこだわらなくてもOKということなんです。

ただ、離乳食の進み具合は本当に個人差が大きいもので、なんでも好き嫌いなく食べる子もいれば、まったく何も手をつけないという子、ふりかけごはんだけを食べるという子…などなど。。。多くのママがこの離乳食で子育ての壁にぶち当たってしまうと言っても良いくらい、それぞれのお子さんによって違ってきます。ですから、全然離乳食が進まなくて栄養が摂れていない!ということであれば、ミルクを止める必要はありません。

ですが、フォローアップミルクは9か月から1歳ごろまでということになっています。
1歳を過ぎたら、粉ミルク・フォローアップミルクではなく「牛乳」を少しずつ飲ませるようにしてみてください。いきなり冷たい牛乳をたくさん飲ませるのではなく、粉ミルク同様、飲みやすい温度に温めた牛乳を少量ずつ飲ませてみてください。中には、牛乳を飲んでアレルギー反応を起こす子もいます。牛乳や乳製品は離乳食段階でアレルギー反応が起こる子が多いのですが、牛乳を飲ませる段階で突然アレルギーが出るという子もいますので、注意しながら与えましょう。アレルギーになりやすい食材についてはこちら

1歳になったらコップ飲みの練習をしよう!

コップ飲みを練習するためのマグはたくさんありますが、どれにしたら良いかわからない…ということってありますよね。また、赤ちゃんにとって使いやすいものを選ばなければいつまでたってもうまく練習できませんし、こぼしてしまってママもうんざり…なんてことも。赤ちゃんの部屋でもレビューしているように、こういった「こぼれないカップ」を使って練習してみるのはいかがでしょうか。Wow babyカップレビューはこちらからご覧ください

赤ちゃんはコップを持って傾ける・飲むという流れを練習していくことができます。哺乳瓶と違って口の中でダラダラと乳首を含んでいるということもありませんし、倒したりしてもまったくこぼれないのでママも安心です。

トイレトレーニングでもなんでも、赤ちゃんはじっくりと練習が必要です。ママが根気強くコップ飲みの練習につきあうことで、コップ飲みが上手にできるようになるだけでなく、親子の時間も多くなるため絆も深まるはずです!「もう~…」と嫌になってしまうこともあるかと思いますが、赤ちゃんは飲み込みが早いもの。この時期だけ!だと思って、赤ちゃんもママも一緒にがんばりましょうね!

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア