授乳中のママもOK?ノンアルコール飲料について


ママだってお酒を飲みたい!ノンアルコール飲料について

女性は妊娠すると、赤ちゃんのためを思っていろんなことを我慢しますよね。喫煙者だった場合にはタバコを我慢し、そしてお酒が好きだったという方はアルコールの摂取を止めて…。パパの中には、そんなママの気持ちや生まれてくる赤ちゃんのことを考えて禁酒・禁煙をするという方もいらっしゃいますが、そうではないパパの方が多いものです。ママが吸ったタバコや飲んだお酒の影響というのは、赤ちゃんがおなかの中にいるときにはもちろん、おっぱいをあげる授乳中にも大きく影響すると言われています。ですから、妊娠してから授乳が終わる(卒乳・断乳)までの間は、お酒やタバコを我慢しなくてはならないということです。この期間は人によりますが、約2年程度ということになります。

とはいえ、妊娠中や育児中というのは想像以上にストレスが溜まってしまうもの。タバコの影響は本当に大きいもので、早産や流産、低出生体重、また生まれてからも乳幼児突然死症候群(SIDS)の可能性が高くなるとも言われています。妊娠中のタバコが赤ちゃんに与える影響についてはこちら

…では、お酒はどうでしょうか?最近ではよく「ノンアルコールビール」「カクテルテイスト」といった文字を見かけるようになりましたよね。これらの飲み物は、妊娠中や授乳中に飲んでも良さそうなイメージがありますが、実際のところは飲んでも良いのでしょうか!?

スポンサーリンク

ノンアルコール飲料って??

そもそも、ノンアルコール飲料というのは本当にアルコールが一切入っていないのでしょうか?法律で定められているノンアルコール飲料というのは、日本では「1%まで」のアルコール分が認められています。ですから、ほんのわずかのアルコール分が含まれている甘酒も、法律では未成年の人が飲んでもOKということになっているんですね。しかし、ノンアルコール飲料というのはもっと詳しく言うと、以下のようになっています。

  • ノンアルコール飲料…アルコール分0.05%以下
  • 低アルコール飲料…アルコール分0.05%~1.00%以下

最近のノンアルコール飲料には「0.00%」という表示がされているものが多いですよね。この場合には本当にアルコールがなく、授乳中や妊娠中でも飲むことができるというものになっているので、安心してくださいね。とはいえ、中には0.1%などと書かれているものもありますので、そういったものはやっぱり控えておいた方が良いですね。

アルコールはタバコのように赤ちゃんにさまざまな影響を与える可能性があります。特に、習慣的にアルコールを摂っていたという方は、赤ちゃんの脳に影響をおよぼす「胎児性アルコール症候群(FAS)」を引き起こす可能性が高くなります。妊娠中のアルコールによる赤ちゃんへの影響についてはこちらから

赤ちゃんになにも起こらなかったとしてもそれはラッキーなだけで、もし何らかの障害や病気が起こったら…アルコールのせいだと後悔して自分を責め続けることになります。授乳中も同じく、赤ちゃんに飲ませるおっぱいというのはママの血液によってつくられています。血中アルコールが高くなってしまうと、そのまま赤ちゃんにもアルコールが移行してしまうということになりますから、習慣的にアルコールを摂取したまま授乳をすると、赤ちゃんに何らかの症状があらわれることが考えられます。

ノンアルコールなのに酔っぱらう!?

授乳中、どうしてもビールやお酒をぐいっと飲みたい…と思うことって、誰でもあると思います。特にお酒好きの人が妊娠・出産のために禁酒しているということであれば、なおさらです。妊娠中や授乳中でも、アルコール度数の表示が「0.00%」のものであればOKと言いましたね。でも0.00%のノンアルコール飲料を飲んでいる・飲んだことがあるという方に意外と多いのが、ノンアルコールなのに「酔っぱらったような気分になった」ということ。中には「私、もしかして酔っ払ってる・・・!?これって0.00%じゃなかったの!?」と、再度ラベルを読み直してしまう方も多いんだとか。これは一体どういうことなのでしょうか!?

アルコールをまったく含んでいないにもかかわらず、なんだかフワフワしたり、気分が良くなったりと酔っぱらったような感じになる方が多く、心配される方がとても多いのですが、これは「プラシーボ効果」というもので、お酒を飲んでいないのに飲んだような気分にかかる、暗示のようなものなんです。偽薬効果(ぎやくこうか)とも言いますが、偽の薬を処方しても「これは薬だ」と信じ込んで飲むことで何らかの効果があるのが、このプラシーボ効果です。

ノンアルコールであってもお酒を飲んだような気分になったり、そう思いこむためになんとなく酔っぱらっているような気分になったり、錯覚するということなんです。ですから、0.00%のノンアルコール飲料であれば、気分が良くなったりフワフワしたような感じになったとしても、心配することはありませんので、安心してくださいね。

アルコールが入っていないからがぶがぶ飲んでもOK?

アルコール度数が0.00%のノンアルコール飲料であれば、アルコールは含まれていないから大丈夫♪

…ちょっと待ってください!ノンアルコール飲料には、アルコールが入っていないぶん様々な添加物が含まれていたり、糖質やプリン体が多く含まれていることも。商品によっては、糖質がどれくらいか未測定・未掲載というものも少なくありませんし、プリン体を気にしているという方にはあまりオススメできません。日常的な晩酌をするように、水代わりに毎日がぶがぶ飲んだり…というのはやっぱりやめておいた方が良いですね。

たまに、週末に旦那さんと一緒に晩酌をするときや、友達とのパーティーやバーベキューといったイベントのときなどに飲むというぶんには差し支えありません。頻度を考えて、うまくストレス解消をしていくことができたら良いですね。

授乳中のママにもオススメのノンアルコール飲料

ノンアルコール飲料といっても、ビールのような「ビールテイスト飲料」や「ノンアルコールワイン」「ノンアルコールカクテル」などさまざまな種類があります。では、その中でも授乳中のママが安心して飲むことができるのはどういったものなのでしょうか?

ノンアルコールビール(ビールテイスト飲料)

オールフリー(サントリー)

アルコール分が0.00%なのは、もちろん、カロリーもゼロ、糖質もゼロという、授乳中のママはもちろん普段ダイエット中の方にも嬉しいノンアルコールビール。

パーフェクトフリー(キリン)

アルコール0.00%にくわえて、カロリーも糖質もゼロ、そして脂肪の吸収を抑える・糖の吸収をおだやかにしてくれるという「機能性表示食品」のノンアルコールビールです。

ドライゼロ(アサヒビール)

通常のドライゼロと、黒ビールの風味を味わえるドライゼロ ブラックの2種類があります。ビールファンが多いアサヒビールですが、こちらもアルコール分は0.00%で糖質・カロリーもゼロになっています。

サッポロプラス(サッポロビール)

アルコール分0.00%にくわえて、とにかく味にこだわったというサッポロビールのノンアルコールビール。さらに、ノンアルコールビールでは初めて「トクホ(特定保健用食品)」を取得したノンアルコールビールで、食事のおともにもピッタリとなっています。また、アルコール分・カロリー・糖質ゼロに加えて、さらにプリン体もゼロとなっています。

オリオン クリアフリー

沖縄で昔から愛されているオリオンビールから発売されているノンアルコールビールです。フルーティーな香りがあり、さっぱりとしていて飲みやすいと女性達に評判です。もちろん、アルコール0%、糖質0、カロリー0、さらにプリン体ゼロです!

ノンアルコールカクテル

ゼロカク(アサヒビール)

たくさんの種類が販売されているゼロカクシリーズ。カシスオレンジ・シャルドネスパークリング・ファジーネーブル・ラムコーラ・ジントニック・レモンサワー・グレープフルーツサワーの風味が味わえるラインナップです。また、グレープフルーツサワーテイストにはコラーゲン1000mgが配合されていたり、ママにとって嬉しいノンアルコールカクテルとなっています。

のんある気分(サントリー)

定番のカシスオレンジやファジーネーブルはもちろん、梅酒サワーや沖縄シークヮーサー、さらに季節限定の味も登場していて飽きることなく楽しめます。

のんある気分・ゼロカク自分で選べる!40本詰め合わせセット

上で紹介した「ゼロカク(9種類)」と「のんある気分(7種類)」の中から、自分の好きな40本を選んで詰め合わせて購入できるというものです。

まるで梅酒なノンアルコール(サントリー)

甘酸っぱい梅酒は女性にとっても人気がありますよね。そんな味わいをノンアルコールなのに楽しめるのがコチラ。お子さんを寝かせたあとストレートで、ロックで、ソーダ割で好きなように楽しむことができます。

カクテルテイスト(サンガリア)

飲料メーカーのサンガリアで人気のノンアルコールカクテル。特にソルティードッグは口コミでも「飲み応えの良さ」に定評があるんだとか…!

ノンアルコールワイン

のんある気分 赤ワインテイスト(サントリー)

ワインが好きという女性も多いですよね。ワインそのものからアルコール分を取り除いたエキスを使ってつくられた、ノンアルコールワインとなっています。カロリーオフでポリフェノールも入っていますから、健康を気遣う方にもピッタリですね。

ノンアルコールワインセット

ミニャールワインの赤・白のセットに加えて、ノンアルコールスパークリングワインやジュースもセットになっています。もちろん、ミニャールワインだけやノンアルコールスパークリングワイン単品での購入もできますよ。ミニャールワインは甘目ながら味わい深く、ワイン好きの方からの口コミ評価が高くなっています。

その他ノンアルコール飲料

月桂冠 NEWフリー(ノンアルコール日本酒)

なんと、日本酒にもノンアルコールがあるんです!最近の日本酒ブームで、日本酒は女性にも人気が高くなっているものです。授乳中のママはもちろんですが、酔いやすい、次の日に残りやすいといった方にもオススメです。

小鶴ゼロ ノンアルコール芋焼酎テイスト(ノンアルコール焼酎)

焼酎をロックでキリッと…女性でも焼酎好きの方は多いものですが、なんと焼酎にもノンアルコールが登場です!しかも風味の強い芋焼酎、アルコールは0.00%、糖質もカロリーもゼロとなっています。

このように、授乳中のママでも「0.00%」のノンアルコール飲料であれば、赤ちゃんへの影響を気にしなくてOK。こういったノンアルコール飲料で、うまくストレス解消をしてください♪

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア