つわりがないけど大丈夫?男の子の確率が高い?つわり軽い妊婦さんまとめ

「妊娠初期はつわりがひどい」という話をよく耳にしませんか?
しかし「妊娠したけど、つわりがない」ということもあります。
つわりがあると大変ですが、ないと不安になりがちです。

「つわりがなくても赤ちゃんは健康なの?」「つわりの程度で性別はわかるの?」「ダウン症などの障害がでる確率は?」などの疑問や悩みを解決していきましょう。

「つわり」はなぜ起こるの?

まずはつわりについて知っておきましょう。

つわりは妊娠初期症状のひとつで、5週~16週までに、約50%~80%の方が経験しているといわれています。

つわりの原因は医学的にまだ解明されていません。
そして個人差がとてもあります。
眠くなったり吐き気が強かったり、ずっと空腹で食べていないと我慢できなかったりと人によって症状も異なります。

拒絶反応?

つわりがおきる原因についてはさまざまな説があります。

まずは身体の防衛反応です。
妊娠をしてできた赤ちゃんを身体は異物と勘違いしてしまうという説や、逆に赤ちゃんを守るために身体に入る菌を吐き出すための反応がつわりだといわれている説です。

ホルモンバランスが変わるから?

ホルモンのバランスが影響している説もあります。
妊娠するとホルモンバランスはこれまでと異なる変化をします。

赤ちゃんを育てるためにおなかの中では、大量の黄体ホルモンを分泌しながら胎盤を作っています。
その黄体ホルモンこそがつわりを引き起こしているのではないか、といわれています。

ではつわりがないということは、赤ちゃんが健康に育っていないということでしょうか。

つわりがなくても大丈夫

先ほども説明したとおり、つわりは個人差があります。
さきほどの説も医学的に解明されているわけではありませんので、つわりがないからと心配しなくても大丈夫です。

ひょっとすると、つわりがないと思っていても、実際はママが気づいていないだけかもしれません。

つわりと聞くと連想されるのは食べられなくなったり、逆に食べ過ぎるイメージではないでしょうか。
しかし、食事の好みが変わったり、いつもとにおいが違うと感じたりするということは、不快感があるなしに関わらず、つわりの症状なのです。

また仕事をされている方は、緊張状態が続くので、つわりの症状がでにくくなることもあるようです。
実際に仕事をしているときは何事もないのに、仕事を終えると吐き気や眠気がでる方もいます。

上記のような症状がなくても、定期検診で異常がなければなにも心配はいりません。
妊婦全体の約20%の方がつわりを経験していないんだそう。
「つわりがないのはラッキー」という心持ちでいるとよいでしょう。

つわりがないと男の子?

つわりの症状によって性別がわかると聞いたことはありませんか?

妊娠をすると赤ちゃんが男女どちらの性別か、気になる方は多いのではないでしょうか。
このような性別に関わる噂は本当なのでしょうか?

性別はつわりと関係ない

性別とつわりの関係について検証はされていますが、現在は医学的な証明はされていません。

赤ちゃんの性別は、受精するときの染色体によって決まります。

女の子でもまったくつわりがない方もいれば、男の子でもつわりもひどい方もいます。
つわりの強さによって性別がわかるかどうかは、解明されていないのです。

性別がわかるのは早くて5ヶ月頃になります。
女の子なのか男の子なのかそのときまで楽しみはとっておきましょう。

つわりが軽いとダウン症の確率が高いというウワサ

赤ちゃんや自分たちの今後に関わる障害は、気になる要素のひとつです。
産まれるまで赤ちゃんには健康に育ってほしいと願い、同時に不安になることは、出産した方はみなさん経験されているのではないでしょうか。

なかでもダウン症は知名度が高く、産まれる前に検査で発症している可能性を調べることのできる障害です。

つわりの軽度はダウン症を発症する確率と関係があるのでしょうか?

つわりとダウン症の関係性はありません

「つわりが軽いとダウン症の可能性がある」といわれても、そこに医学的な根拠はありません。
したがって、つわりがないからといってダウン症を心配する必要はありません。

ダウン症は染色体が通常2本ずつなのにたいし、21番だけ3本あらわれ発症します。
21トリソミーともいわれています。
母体の年齢が高くなるにつれダウン症を発症する確率は高くなるんだとか。

年齢による発症率は、25歳で1/1,000だったのが、30歳で1/700、40歳で1/90といわれています。

もしも不安に思うのであれば、まずは「母体血清マーカーテスト」を受けることからはじめましょう。
この検査は血液中の成分濃度から、赤ちゃんに染色体異常の可能性があるかないかを調べる検査です。

もともと婦人科へ通うような病気を患っていた35歳以上の方は検査を受ける方が多いようです。

精度は低いですが血液を採取するだけなのでリスクが少なく、費用もほかの検査よりも比較的手頃に受けることができます。

お腹の中の赤ちゃんがダウン症の可能性が高いという結果がでた場合は、次の3つの検査方法を行うことで、さらに精度の高い結果が得られます。

  • 羊水検査
  • 絨毛検査
  • 新型出生前診断(NIPT)

新型出生前診断は35歳以上のみ対象ですが、そのほかはどなたでも受けることができます。

費用はそれなりにかかりますが、どうしても不安が残り、ママのストレスになるようなら、しっかりと検査を行うといいでしょう。
ママが安心することが、結果的に赤ちゃんの健康のためにもよいのではないでしょうか。

つわりがない人は流産するというのはデマ

「つわりがないと、流産の確率が高くなる」といったウワサを耳にすることがあります。
妊娠初期の流産は胎児の遺伝子に問題があることが多く、誰にでも可能性がありますので、つわりのあるなしは関係ありません。

ただし、つわりがつらい状況が早い段階でピタリとなくなってしまった場合は、早めにかかりつけ医に相談しましょう。

意識的に赤ちゃんをいたわって

つわりがないと、普段の生活と変わりがないため、体の中で起こる変化に気づきにくいものです。
いつもどおりの生活の中で、意識的に赤ちゃんへの配慮をしていくとよいでしょう。

たとえば、ヒールの高い靴は転倒のおそれがあるため、低い靴をはいたり、急ぐことのないよう時間に余裕をもったりと、生活習慣を変えていきましょう。
このような配慮が故意におこる流産を防ぐことへもつながります。

つわりがないからと不安をつのらせてストレスを感じると、かえって身体によくありません。
次の検診まで穏やかな気持ちで過ごしましょう。

つわりはまだまだ神秘的

つわりは医学的に解明されていない神秘的な症状です。
さまざまな症状にくわえ、つわりがあらわれないというのもひとつの症状です。
おなかの中では赤ちゃんが一生懸命育っています。

妊娠はお母さんになるあなたにも、産まれてくる赤ちゃんにも、とても大切でそのときにしか経験できないことがたくさんあります。
それはつわりだけではありません。

つわりはとてもつらい方が多いようです。
つわりがない方はなくてよかったとこの時期を楽しみましょう。

いまだからできることを楽しみながら不安を解消して、赤ちゃんとの大切な時間をつくりたいですね。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク