乳幼児を連れて飛行機にのる場合の注意点


赤ちゃんと初めての旅行は不安だらけ

赤ちゃんと初めての旅行

初めて赤ちゃんを連れて旅行となると・・・楽しみだけど、周りに迷惑をかけてしまわないか、赤ちゃんに何か異変が起きたらどうしようと、ママであれば誰もが不安になるものです。赤ちゃんと一緒に飛行機に乗る際のポイントさえ、しっかり押さえておけば、飛行機での時間をうまく過ごす事ができます。乳幼児を連れて飛行機にのる場合には、どのような事に気をつけたらいいのでしょうか?

赤ちゃんが飛行機に乗れるようになる時期と料金は?

JALとANAの場合、生後8日以降に乗ることができます。搭乗可能になる生後日数は、航空会社によって異なりますので、各社のウェブサイトで確認することをお勧めします。料金は、3歳未満で、赤ちゃんをママの膝に座らせれば料金はかかりません。もしも、3歳未満の子供でも、1つの座席を使用するという場合には、小児運賃と同額になります。

格安航空会社は、満2歳からは有料になります。3歳未満の子供に席を確保する場合は、チャイルドシートが必要になります。チャイルドシートは持ち込みも可能ですが、持ち込み可能なチャイルドシートにも制限があるので事前に確認するか、貸し出し用チャイルドシートを用意している航空会社もありますので、確認し予約をしておきましょう。

幼児運賃、国際線は料金システムが少し違う

国内線と国際線では少しルールが異なります。2歳未満で席を確保していない(ママの膝の上に座る)子供の場合でも、大人の約10%の幼児運賃がかかります。2~12歳未満の子供の場合、大人の約75%の小児運賃が必要になります。

飛行機の気圧の変化、赤ちゃんの耳は大丈夫?

赤ちゃんと飛行機に乗る際、気圧の変化で赤ちゃんが泣いてしまわないか・・・・と不安になるもの。上昇時や降下時は、大人でも耳が痛くなってしまいますよね。大人の場合は、上昇時や降下時は耳が痛くなるのを防ぐため、飴をなめたり、唾液を飲み込んむなどして、耳抜きをしますよね。子供も一緒で耳抜きが必要です。

幼児であれば、飴をなめさせる・飲み物や食べ物(おにぎりなど)を与えるなどして、耳抜きをすることができますが、赤ちゃんはどのようにしたらいいのでしょう。赤ちゃんは、上昇時や降下時におっぱいやミルク、ジュースをあげたり、おしゃぶりを与えると耳抜きができます。

3歳くらいの子供の場合、売店などに売られている小児用の気圧変動対応耳栓(イヤープレーン)も役に立ちます。

耳の構造的に上昇時より降下時に、より気圧の変化を受けやすいようです。耳が痛くなることが予想される場合には、特に降下時に注意しましょう!

ベビーカーは搭乗前に預けよう

ベビーカーを持って搭乗することはできません。受託手荷物としてカウンターで預けましょう。ベビーカーを預ける際、ベビーカーに付けているおもちゃなどは取り外さなくてはいけないので、スムーズに預けるためにも事前にはずしておきましょう!国際線の場合は、ゲートまで自分のベビーカーを利用可能なことが多く、その場合搭乗ゲートで係員に預かってもらいます。

赤ちゃんと一緒でおすすめの座席は?

授乳をするママは、窓際の席は目立ちませんが、隣に知らない人が座る可能性もあります。トイレに近い席を選んでしまうと、人通りが多くなってしまいますので避けたほうがいいでしょう。一番のオススメは機内の後方です。機内の後方の席は、空席も多くゆとりをもって過ごせます。

飛行機でうまく過ごすためのコツ

飛行機でうまく時間を過ごすためには、どのようなことに注意したらいいのでしょうか?

時間に余裕を持って空港へ向かおう

時間に余裕を持って空港へ行くことで、授乳やオムツ替えなど搭乗前に済ませておくことができます。買い物や飛行機に乗るための準備を済ませ「優先搭乗」を待ちましょう。

授乳

機内での授乳は、席で行うことになるので、授乳ケープを忘れないように準備しましょう。ミルクの場合は、ミルクと哺乳瓶を持っていれば、乗務員にお願いすると作ってくれます。赤ちゃんを抱っこしながらミルクを作るのはとても難しいので、遠慮せず乗務員にお願いしてくださいね!授乳服の種類と授乳の仕方についてはこちら

オムツ替え

オムツ交換台がついた個室のトイレがありますので、オムツを替えたい場合は、トイレで行いましょう。シートベルト着用サインが点灯している間は、席を立つことはできません。天候などの影響で、長いことサインがついていて席を立つことができないこともあります。なので、出来るだけ出発前の空港などで前もって交換をしておくことをお勧めします。

ぐずった時のためにおもちゃを持つ

子供がぐずってしまった時のことを考え、おもちゃを持っておくといいでしょう。航空会社によって異なりますが、おもちゃや絵本を貸し出しているサービスもあります。

飛行機で眠るように作戦を立てる

仮眠時間が近づいていても、飛行機に乗るまでは寝かさないなど工夫をしておきましょう。飛行機が飛び立った後は、耳抜きを兼ねてミルクやご飯などを与え、赤ちゃんが眠くなるようにしてみましょう。赤ちゃんが眠っている間に飛行機が到着してくれれば、ママも楽に過ごすことができますよね。

空港・飛行機で受けられるサービス

空港・飛行機で受けられるサービスにはどのようなものがあるのかご紹介します。

  • 優先搭乗
  • 空港内でベビーカーの貸し出し
  • 赤ちゃん専用毛布の貸し出し
  • ベビーベッドの貸し出し(台数、設置場所、赤ちゃんの体重が10キロと制限があります。)
  • 赤ちゃんへお土産おもちゃのプレゼント(航空会社によってない場合もある)

ベビーベッドを使用する場合には、ベビーベッドが取り付け可能な一番前の座席に席を取る必要があります。その他にも、子ども連れの方限定で搭乗口までカートで連れて行ってくれるサービスなどもあるようなので、各航空会社のホームページを一度確認してみてくださいね!

子供連れで飛行機に乗る際に気をつけたい事

子ども連れで飛行機に乗る場合には以下の事に気をつけましょう!

席に着く前に周りの人に挨拶しておこう

おもちゃを準備して、お菓子を準備してと色々準備をしていったにも関わらず、赤ちゃんがぐずって飛行機で泣いてしまうという事があります。そのような場合には、周りに迷惑をかけてしまうことがありますので、席に着く前に、周りの方々に一言挨拶をしておきましょう。

赤ちゃんの足に注意

中には、飛行機でグズることなく上機嫌で過ごしてくれる子がいます。ママとしては、ほっと一安心。といったところでしょうか。ですが、そんな時に注意していただきたいのは、赤ちゃんの足です。ご機嫌な赤ちゃんは足をパタつかせて喜びを表現することが多くあります。ママが気づかないうちに、赤ちゃんの足が前の座席を蹴っており、前の方の背中に振動が伝わり、迷惑になってしまう事があります。赤ちゃんの足が周りの席に当たっていないか注意しましょう!

赤ちゃんを連れて飛行機に乗るのは、何かと不安になることも多いものです。ですが、前もって準備をしておくことでうまく乗り切ることができます。飛行機を上手に利用し、赤ちゃんとの素敵な思い出を作りましょう。

気に入ったらシェア

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。