【妊娠と漢方】生理痛はないのが当たり前ってどういうこと?

皆さんこんにちは。タクヤ先生こと杉山卓也です。

さて、今回のテーマは「生理痛」。
生理痛に悩む女性は大変多いと思います。
しかし実は生理痛は「ないのが当たり前」ということをご存知でしたか?

男性の私がこのような物言いをしますと「知りもしないで勝手なこというんじゃないよこのおきあがりこぼし顔が!」とお叱りを受けそうですが、生理中の痛みは漢方の服用や生活習慣の見直しで限りなく楽にする事が可能なのは事実です。

と、いうことで今回は子宝を阻むことにもつながる生理痛に対して漢方での対策をお話していきます。

生理痛のメカニズム

まず生理そのもののメカニズムについては、女性のみなさまはご存知かと思います。

女性ホルモンのバランスにより、子宮内膜がはがれることで出血が起こります。
月経のときに出る血液は、子宮内膜がはがれて、溶けて出てきたものです。

はがれた機能層の下には、「基底層」という部分があり、また次の月になると新たに組織を作り出し、子宮内膜を厚くしていきます。

子宮内膜がはがれて外に出て、また作り出すというサイクルは女性ホルモンによっておこります。
これが子宮のなかで毎月繰り返されるので、女性ホルモンのバランスは非常に重要になることがお分かりいただけるかと思います。

10代から20代の女性が訴える月経痛のほとんどは「機能性月経痛」というもので、生殖器に器質的な異常が認められないもの、つまりホルモン失調が悪さをするものです。

30代をすぎてから急激に痛みが増すなどの場合は「器質性月経痛」といい、生殖器に器質的な異常が認められるものの可能性が高くなります。

漢方でみた病因

漢方で生理をみたときに「血(けつ)」の状態というのが生理痛に大きく関与してきます。

「血の道症(ちのみちしょう)」という言葉を漢方のサイトや漢方薬の箱などでご覧になることがあるかと思いますが、これは月経、妊娠、出産、更年期など女性特有の病態を指します。

「血の道症」という名前のように「血」が大きく女性特有の病態に関与しています。

化学的にいえば、女性ホルモンの異常が生理の周期を狂わせるひとつの要因になります。
この「女性ホルモンの異常」にも「血の道症」が大きく関わってきます。

今回のテーマ「生理痛」における、痛みを引き起こす最大の原因は血の流れの不調で、これを漢方では「瘀血(おけつ)」と呼びます。

瘀血(おけつ)という病態を作り出す原因としては次のようなことが考えられます。

  1. 血が不足している
  2. 何らかの理由(主に大量の出血、疲労、ストレス、乱れた生活習慣、薬物の服用)で血液の循環がとどこおり、血の質が低下している

根本から改善させる対策と漢方薬

漢方での対策は、生理痛の原因を根本的に治療していくことになります。

原因を漢方の用語で分類してみますと

  • ストレス→気滞(きたい)
  • 消耗性の原因(出血、疲労)→気血両虚(きけつりょうきょ)
  • 老化や生殖器の異常→肝腎不交(かんじんふこう)
  • 冷え性→寒凝(かんぎょう)
  • 生活習慣の乱れ→湿熱(しつねつ)

→の先に書いてあるものが漢方の言葉で言う「病態」のことです。

そしてこれらの病態を放置することで「瘀血(おけつ)」が生まれてしまい、その結果として生理痛が悪化してしまうことになります。

瘀血自体を改善させる漢方薬は「駆瘀血薬(くおけつやく)」と呼ばれ、代表的なものでは桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、冠元顆粒(かんげんかりゅう)などがあります。

多種多様な駆瘀血薬(くおけつやく)の中から、自分の体質に合うものを選ぶ必要があるのはいつもお話している通りです。

適正な漢方薬で瘀血(おけつ)体質を改善し、生理痛のないイキイキ血液を作りましょう!
それが生理痛の「根本的な治療」になります。

注目記事

【妊活サプリランキング】葉酸だけでは不十分!本当に必要な成分、効果、値段で徹底比較

妊活に必要な成分は葉酸以外にも沢山。妊活の為に本当に必要な成分を男女別に解説!夫婦で一緒に摂れる妊活サプリを比較しランキングにしています。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー