アメリカでは男女が逆?驚きのバレンタイン事情

2月になると街はすっかりバレンタインモードです。
鮮やかに色どられた街並みやチョコレートショップにわくわくします。
楽しみながらバレンタインの準備に入る方が多いのではないでしょうか。

ところで、バレンタインの行事は、国によって少し事情が異なります。
今回はアメリカのバレンタインについてをお話します。
日本人が聞いたらちょっとビックリするような、アメリカならではのバレンタイン事情はいったいどのようなものでしょうか。

男性が女性へ愛を伝えるアメリカ式バレンタイン

日本では、女の子がチョコを用意し、勇気を出して愛の告白をしたり、男の子は「何個チョコを貰った」と自慢したりする光景を目にします。
ところが、アメリカは女性ではなく、なんと男性が主導で行うイベントのようです。

アメリカでのバレンタイン当日は、男性が彼女や奥様など女性への愛や感謝の気持ちを込めてチョコレートを贈るのはもちろんのこと、バラの花束にカードを沿えて、とびっきりオシャレなレストランで食事をしたり、ロマンティックな1日を過ごす日なのです。

贈り物はチョコだけではなく、女性の好きなアクセサリーやお花、シャンパンをつけてのお食事や、素敵なホテルを予約したりと、人によってさまざまです。

日本で行われるクリスマスのようなイメージです。
このようにアメリカのバレンタインデーは、男性が素敵な演出をすることに筆者は驚きました。

義理チョコは存在しない

日本の男性は義理チョコであったとしても、チョコの数が多ければ多いほど喜ぶようですが、アメリカでは義理チョコを配るという習慣がありません。

渡したい相手の分だけ用意すればよいのです。

そもそも大切な人とロマンティックな日を過ごすイベントなのに、お友達や同僚にチョコを配るという行為はバレンタインの趣旨からは外れているのだと考えられているようです。

アメリカ式のバレンタインを経験!

我が家で経験したバレンタインのお話です。

バレンタインの日に会社の同僚からアドバイスを受けた主人。
同僚に「今日は奥様に花束を必ず買って帰るのよ!」と言われ、珍しくお花を贈ってくれたことがあります。

同僚たちに説得されたお陰もあり、アメリカ式のバレンタインを経験できました。

お花やカードを筆者のために選び、わざわざ用意してくれたと思うと、とても嬉しい気持ちになり「アメリカ式のバレンタインもいいな」と感じました。

アメリカには「ホワイトデー」がない

筆者が日本で過ごしたとき義理チョコを渡す目的に、密かにホワイトデーのお返しを期待していたことがあります。
しかし、驚いたことにアメリカにはホワイトデーという日が存在しません。

アメリカでは、バレンタインのお返しをする習慣はないので、ホワイトデーが日本独特のイベントだということを初めて知りました。

幼稚園や小学校では全員にギフトを配る

アメリカでのバレンタイン、子どもたちは大人のように、男性から女性への愛情を示すのではなく、男女関係なくギフトを交換します。

バレンタインの時期が近くなると、学校からは「食べ物以外のギフトを用意してもOK」という案内が届き、店では学校用の特別な箱入りバレンタインカードが売られます。

子どもが好きなキャラクターの箱や、オモチャがカードについている可愛らしいものがショップに並びます。
選ぶひとときが楽しくてワクワクします。

子どもたちは人数分のギフトを買いに行き、自分の名前を書いて準備します。

バレンタインの当日は、クラス全員分に配るカードや、ちょっとしたオモチャや消しゴム、シールなどを用意して学校へ持って行きます。

家に帰ってからは、みんなと交換したギフトを楽しめるので、バレンタインは子どもたちも大好きなイベントのひとつです。

おわりに

バレンタインデーは国によってさまざまで、贈る人や内容や、お祝いの仕方がこんなにも日本と違うことに驚きました。
お誕生日や記念日以外にもこうしてロマンティックに過ごせる日があることは、夫婦円満にも繋がりそうですね。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いたライター

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー