5月5日は男の子の節句!家族みんなで端午の節句をお祝いしよう!

日本の節句について

5月5日は端午の節句

日本にはさまざまな風習がありますが、子どもにかかわる風習が多いですよね。特に赤ちゃんが産まれてから初めての行事というのは、特に盛大にお祝いすることが多いもの。初節句や初正月などなど、さまざまな行事があるものです。

特に5月に行われる「端午の節句(たんごのせっく)」は、子どもが健やかに育つように・・・と願いをこめてさまざまな行事を行っていきます。端午の節句といえば現在は国民の祝日である「こどもの日」になっていますよね。端午の節句はどんな意味があって、具体的にどんなお祝いをすれば良いのでしょうか?

端午の節句の意味、始まりって?

そもそも「端午」というのは、旧暦では5月が十二支のうち午(うま)の月にあたり、午の月の午の日、つまり5月5日を節句としてお祝いしていたことに始まります。ちなみに、節句はほかにもあります。

  • 1月7日(人日・・・じんじつ)
  • 3月3日(上巳・・・じょうし)
  • 5月5日(端午・・・たんご)
  • 7月7日(七夕・・・しちせき)
  • 9月9日(重陽・・・ちょうよう)

それぞれ季節の節目として、節会とよばれる宴会が行われていたそうですよ。5月5日の端午の節句は、菖蒲(しょうぶ)の節句とも呼ばれることがあります。ちまきを食べたり、菖蒲湯に入るという風習がありますが、これは端午の節句とどういった関係があるのでしょうか?

そもそも端午の節句は昔の中国で始まったとされているのですが、民衆にとても慕われていた政治家が川に身を投げてしまったことから始まります。民衆は、川の魚が政治家の遺体を食べないようにエサとして「ちまき」を次々に川に投げ込んだそう・・・ここから、ちまきを食べる習慣が始まったとされています(所説あります)

また、昔の中国では5月を「悪月」・5日を「悪日」として、夏の病気を予防するために菖蒲を使っていたという説もあるんだそうです。

日本での端午の節句の始まりですが、田植えをする前に身を清める儀式・五月忌みという風習があったそうなのですが、このとき男性は外に出払って、女性だけが家に残って閉じこもっている状態なのだそう。この風習が中国から伝わった端午と結びつけられたということで、日本ではもともと端午は女性のための節句だったと言われています。

・・・それがなぜ男の子の節句になったのでしょうか?

それは、鎌倉時代を過ぎたころから「菖蒲」が「尚武」と同じ読みで、さらに葉っぱの形が剣のように見えるじゃないか!ということから、男の子の節句となっていきました。そのため、現在の端午の節句では刀や鎧や兜(五月人形)を飾りますよね、これは菖蒲が由来していたということなんです。

菖蒲

ちなみに菖蒲は、ローリエやシナモンなどに含まれる「オイゲノール」という成分が含まれていて、これは神経痛や腰痛に効果的だと言われています。特に根の部分にこの成分が多いと言われていて、さらに香りについてもアロマセラピー効果があると言われているので、端午の節句のときにはぜひ菖蒲湯に浸かってみてくださいね。

鯉のぼりの意味、始まりって?

端午の節句が近づくと、あちこちで鯉のぼりがゆらゆら泳ぐ姿を見かけると思います。鯉のぼりについては兜や刀とは違って、江戸時代の武家で始まった風習だそう。端午の節句に合わせて飾られたもので、男の子の出世と健康を願って飾られるようになりました。

本来の鯉のぼりというのは黒い真鯉(まごい)のみで、その後に真鯉と緋鯉(ひごい)、さらに子孫繁栄や家族をあらわすために青色の子鯉が加わったということです。ただ、埼玉県の矢納地区では、民家に鯉のぼりがあげられていたことで平将門が潜伏していたことがバレてしまい、その結果戦いに負けてしまったことから、現在でも鯉のぼりをあげる習慣がないんだそう。また、鯉を神聖なものとして崇めて鯉に触れてはならない!ということで、鯉のぼりをあげない地区もあるんだそうですよ。

端午の節句で用意する食べ物って?

端午の節句で食べられるものといえば・・・ちまきや柏餅が有名だと思います。ちまきについては先ほど述べましたが、柏餅については日本独自のものだと言われています。柏の葉っぱは新しい目が出るまで古い葉っぱが落ちない・・・ということから、家系が絶えることのない縁起物とされています。そこから、家族繁栄や男の子の節句と併せて柏餅として広く食べられるようになったと言われているんです。端午の節句ではお子さんのために一般的なパーティーメニューを用意するのももちろんOKなのですが、最近ではこんなお取り寄せグルメを利用するのも人気ですよね。

ママはあれこれと準備をしなくてはなりませんから、節句のときくらいプチ贅沢としてお取り寄せしたり、両親に手伝ってもらうなどして用意していくと良いですよ♪

五月人形、誰が買うものなの?

気になるのが、兜などの五月人形。これは誰が用意するかというのは、明確には決まっていません。ただ、男の子の節句だからパパの両親が用意するという場合や、内飾り(兜や鎧、五月人形)はママの両親、外飾り(鯉のぼりや武者幟)はパパの両親・・・などと分かれている場合も。ですから、まずはパパと相談してそれぞれの両親に聞いてみるのがベストです。その地域での風習はそれぞれ違いますから、ならわしを聞いてから用意するようにしていくとトラブルも避けられるでしょう。

また、最近ではさまざまな種類の五月人形が登場しています。赤ちゃんのイメージに合ったものやママの好みはもちろん、パパや両親の意見も交えながらゆっくりと選んでみてくださいね。

オススメの兜、五月人形、鯉のぼりなどはコチラ!

気になるのが、兜などの五月人形。これは誰が用意するかというのは、明確には決まっていません。ただ、男の子の節句だからパパの両親が用意するという場合や、内飾り(兜や鎧、五月人形)はママの両親、外飾り(鯉のぼりや武者幟)はパパの両親・・・などと分かれている場合も。ですから、まずはパパと相談してそれぞれの両親に聞いてみるのがベストです。その地域での風習はそれぞれ違いますから、ならわしを聞いてから用意するようにしていくとトラブルも避けられるでしょう。

また、最近ではさまざまな種類の五月人形が登場しています。赤ちゃんのイメージに合ったものやママの好みはもちろん、パパや両親の意見も交えながらゆっくりと選んでみてくださいね。

ケース入りでサイズもコンパクトではありますが、美しい輝きを放つ貫禄のある五月人形となっています。オルゴール付きなのも◎。

人気の高い戦国武将、上杉謙信の兜も!

玄関先など、ちょっとしたスペースに飾ることのできるかわいらしいお人形。かわいい見た目ながら陶器でできているのでしっかりとしたつくりです。

鯉のぼりを飾りたい!とは思っても、マンション暮らしだったりベランダが狭い…というご家庭も多いと思います。これなら室内に飾ってもOKですし、丈夫な材質となっているので小さなお子さんがいても安心ですね!

インテリアにも馴染みやすい、木で出来た鯉のぼりもオシャレでオススメです!

いかがでしたか!?端午の節句は、男の子にとって重要な節句。特に初節句についてはおじいちゃん・おばあちゃんや親戚を招いて、盛大にお祝いしてあげましょう!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。