産まれてから最初のイベント「お七夜・命名式」について


赤ちゃんにとっての最初のイベント、お七夜と命名式

お七夜と命名式

出産を終え、無事にかわいい我が子を迎え入れられたパパとママ。産院では沐浴の方法を教えてもらったり、おっぱいをあげるための授乳指導があったり、家族や友人の面会があったりと、ママは休む暇がありません。

そして、いざ退院。里帰り出産の場合には実家へ、そうでない場合は住み慣れた自宅へ帰りますが、一般的には退院する頃は出産から5~7日が経過しています。このときに行う、赤ちゃんのいちばん最初のイベントがあるんです!

それが、生まれた7日目に行う「お七夜」です。昔から続く伝統的なイベントであるお七夜は、赤ちゃんの名前を発表する「命名式」も兼ねられています。では、このお七夜と命名式というのは具体的にどんなことをするのでしょうか?

お七夜・命名式の由来、行う意味って?

そもそもお七夜というのは、赤ちゃんが産まれてから7日目の夜に行われるお祝いのことをいいます。

なんと・・・平安時代から続いていると言われているのですが、これは赤ちゃんが元気に育っていくようにと願いを込めて行われるものなんです。昔は、今と違って産まれてすぐの赤ちゃんが亡くなってしまう…ということも少なくありませんでした。そのため、生まれて1週間という節目を迎えられたことをお祝いするためにお七夜が行われるということなんですね。

無事に1週間を乗り越えたこのときに赤ちゃんに名前をつける「命名式」も一緒に行われます。命名書に名前を書き、神棚や床の間に貼ります。最近では神棚がない家庭も多いですので、赤ちゃんのベビーベッドに命名書を貼ったりすることも。

お七夜って何をするの!?

では、お七夜は具体的に何をするのでしょうか!?

まず、お七夜はお祝いです。生まれたての赤ちゃんがここまで無事に育ったということ、そしてこれからもすくすくと育ちますようにという願いを込めて行われます。7日目の夜に行われるものなので、家族・親戚とともにお祝いのお膳を用意しましょう。

赤飯

赤飯・尾頭付きの鯛・ハマグリのお吸い物・紅白なます・紅白麩など、おめでたい席で食べられる食材を使います。ただ、7日目というとママはまだまだ体調が戻っていませんし、一般的には産後家事などの水仕事を再開する床上げは産後3~4週間後。ここはママやパパの両親に手伝ってもらったり、ケータリングやスーパーで売られているものをうまく使いましょう。

「祝い膳 ケータリング」などとネットで調べればすぐに手配できますので、パパにお願いしても良いかと思います。また、スーパーのお惣菜コーナーにはちょっと豪華なお寿司のセットなども販売されていますから、大人数が集まるときなどにはこういったものを利用するのもオススメですよ。産後はいつ体調不良が起こるか油断できないもの、ママの体調を第一に考えて行うようにしましょうね!

お七夜は誰を招待したらいいの?

お七夜をどこで行うかによっても違ってくるのですが、ママが里帰り出産する場合にはママの両親・パパのみでこじんまり行うか、ママの実家にパパの両親を招待して行う方法があります。パパの実家があまり遠方でなくママの体調も良ければ、やっぱりおめでたい席なので招待すると喜んでもらえるのではないでしょうか。ここは、パパとしっかり相談してみてくださいね。

里帰りをしない…という場合には、主催者はママ・パパになります。お互いの両親を自宅に招待したり、ママとパパの家族3人だけで行うことも多いようですよ。もちろん、祝い膳の用意についてはママに無理のない程度で行うようにしましょう!!

命名式って何をするの!?命名書の書き方は?

お七夜と同じく行われる命名式ですが、こちらは命名書に名前を書き、赤ちゃんとともに名前をお披露目します。

命名書…と聞くとたいそうなものを用意しなくてはならない!?と思ってしまいますが、一般的なお習字に使われる半紙でOK。また、文具店やネット通販などでも数百円で専用の命名書が販売されていますし、中には産院でプレゼントされるということもありますので、そういった場合にはそちらを使ってみましょう。

ミッキー&ミニー ディズニーラミネート命名書

命名掛け軸

こんなふうに命名軸(掛け軸)にして、床の間に飾るのもオススメです。

さらにネットでも無料で命名書のテンプレートをダウンロードすることができます。かわいらしいテンプレートに、好きなイラストを組み合わせて印刷するだけで、簡単にママ好みのオリジナル命名書を作ることもできますよ!記念にとっておけば思い出になること間違いナシですね♪

この命名書ですが、正式な書き方のものと簡易的なものとがあります。

正式な命名書の書き方

正式なものは「奉書紙(ほうしょがみ)」という、強度のある和紙を使います。(半紙でもOKです!)

  1. 奉書紙か半紙を横半分に折る
  2. さらに縦に三等分に折る
  3. 三つ折りの真ん中部分に赤ちゃんの名前「命名 ○○」と書き、さらにその左に生まれた日付を書く
  4. 三つ折りの左部分に名付け親の名前、その人の押印をし、その右に命名した日(お七夜の日付が良いでしょう)を書く
  5. 三つ折りの右部分に「命名」と書き、畳んで水引を掛ける
  6. 神棚があるご家庭なら、神棚に奉納しましょう。なければお七夜が終わったあとに水引で包んで保管します。

略式的な命名書の書き方

  1. 半紙や市販の命名書に、毛筆で「命名 ○○」と名前を大きく書く
  2. いちばん右に生まれた日付を書く
  3. 左に「父 ○○(苗字)○○(名前) 母 ○○(名前)」と両親の名前を書く

これが一般的ですが、名付け親の名前を書いて押印したり、「長女」「次男」など続柄を書いたり、名前だけというパターンも多いようです。お七夜が終わったあとに奉納したりしまい込む正式な命名書と違って、こちらはしばらくの間飾っておいてOK。だいたいお宮参りが行われる1か月くらいをめどにしましょう。

どちらも気になるのが、誰が命名書を書くの?ということ。実は特に決まりはなく、地域によっても違ってくるので事前に調べたり、お互いの両親に聞いてみると良いでしょう。

自宅近くに習字の先生がいるから依頼したという方、年長者であるおじいちゃんが書いたという方、パパやママが書いたという方などさまざまです。たとえ自分が書くことになっても「字が汚いから…」と敬遠せず、赤ちゃんにとっても記念になるので緊張しすぎず書いてみてくださいね。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?