赤ちゃんが初めて迎える初節句をお祝いしよう!

初節句って何をしたらいいの!?

初節句

赤ちゃんの一大イベントのひとつ、初節句。男の子なら5月5日の端午の節句、女の子なら3月3日の桃の節句がそれぞれありますが、産まれてから初めての節句を迎えることを「初節句」といいます。季節の節目という意味をもつ節句ですが、産まれてきた赤ちゃんが無事にそれぞれの節句を迎えられたということを祝い、さらに今後も健康に育つようにと願いをこめてお祝いされます。

そんな初節句を迎えるにあたって、具体的にどんなお祝いをしたら良いの?と迷っている方もいらっしゃると思います。本来どんな行事で、何か用意するものがあるのか、またどうやってお祝いをしたら良いのかなど、初節句について詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

初節句をする時期っていつなの?

初節句は男の子と女の子でそれぞれ行われること・用意するものが違ってきます。

また、産まれて初めての節句…とは言っても、産まれてすぐ~生後2か月くらいの中で節句を迎える場合には翌年を初節句として繰り越すことが多いようです。これは、初節句の準備をする為のママの体力がまだ回復していなかったり、赤ちゃんもまだ小さいため負担になってしまうと考えられるからです。地域によっても少しずつ違ってくるようです。

  • 生後3か月以内に初節句がやってくる場合には翌年に
  • 初正月を迎えたあとに初節句をするため翌年に

など、初節句をいつするかは違う場合があるので、ご両親など周囲に聞いておくと良いでしょう。女の子の桃の節句は3月3日に、男の子の端午の節句は5月5日に行われます。

男の子の初節句・端午の節句について

男の子の節句は「端午(たんご)の節句」と呼ばれています。「午」は十二支の馬のことで、午の月が5月にあたることから5月5日を端午の日としたのが始まりです。

また、菖蒲(しょうぶ)の節句とも呼ばれているのですが、これは漢方にも使われているさわやかな香りを持つ菖蒲という植物のことを指しています。この香りが邪気を祓ってくれる、見た目が刀のように見えるために男の子にとって縁起の良い植物だということで、日本ではなんと奈良時代から端午の節句のときに使われ始めたそうですよ。このことから、端午の節句には刀や鎧、兜などの五月人形を飾るようになったと言われています。

鯉のぼりについては、男の子の出世を願って飾られるようになったと言われています。中国の故事で、急流を登ろうとしていた鯉の中で、急流を登り切ったものが竜になることができたということから、鯉のぼりは出世の象徴とされています。男の子が大きく出世するように、また兜などの五月人形を飾ってより健康で強くたくましく生きていけるように…という願いが込められているのが、端午の節句なんですね。端午の節句についてはこちら

女の子の初節句・桃の節句について

一方、女の子の節句は「桃の節句」と呼ばれています。旧暦の3月3日は桃の花が咲き始めることから、桃の節句と呼ばれるようになったと言われています。

なんと平安時代から桃の節句というイベントがあったようで、当時は女の子たちが天皇の家を作ってお人形遊びをする中で、健康・厄除けを願ったものが始まりだと言われています。これが、桃の節句で飾られるひな人形(元は「ひいな遊び」と呼ばれていたそう)のルーツのようです。

ひな祭りで飾られるひな人形は大きなものでは何段もあってとても豪華ですよね。だいたいどの位置にどの人形が飾られるかというのは決まっているのですが、それぞれに役割分担があると言われているんですよ。桃の節句についてはこちら

五月人形・ひな人形、誰が用意するもの?

では、気になるのがこれらの五月人形・ひな人形は、誰が用意するのかということ。

五月人形

五月人形

男の子の端午の節句では、兜や鎧武者の五月人形と外に飾るための鯉のぼりがありますね。これをそれぞれ「外飾り」「内飾り」と呼びます。

外飾りである鯉のぼりはパパ側の両親、内飾りである兜はママ側の両親…というのが多いようですが、地域によってまったく違ってくるので一口にはこう!とは言えません。ですから、事前にパパや両親に相談してみると良いでしょう。催促しているようで義両親には聞きづらい…ということがあるかもしれませんが、あくまで風習やしきたりを聞くように「今年は初節句がありますが、この地域では五月人形はどなたが用意するものなんですか?」と聞いてみては。

ひな人形

ひな人形

古くから、ひな人形は嫁入り道具のひとつだと言われてきました。そのため、ママの実家から贈られるのが一般的ではありますが、最近ではママとパパ自身がお子さんのために購入する、パパ側の実家に贈ってもらうなどさまざまなスタイルが。

五月人形もひな人形もどちらも、どちらの両親が買うべき!という明確な決まりはありませんので、パパや両親とよく話し合ってみてくださいね。

また、これらの飾り物はそれぞれの節句の日よりも前に飾るようにしましょう。忘れていて慌てて前日に飾るということがないように!

これは「一夜飾り」と呼ばれるもので、特にひな人形はお子さんの身代わりになってくれるものですから、急に飾って慌てて片づける…ということでは効果も薄れると考えられています。もうひとつ、お葬式の斎場も一夜飾りであるように、一晩で飾るのは縁起が悪いとされている説があります。それぞれ約1か月前くらいに飾り、赤ちゃんや家族に節句があるんだよという習慣を教えていきたいものですね。

これらの五月人形・ひな人形は「節句人形」と言われていますが、それぞれ赤ちゃんの身代わりになって厄を受けてくれるものと重宝されてきました。ですから、男兄弟で兜ひとつ、女兄弟でひな人形ひとつというのは、厳密に言うと本来は避けたいこととされています。

しかし、マンションなど節句人形を飾るスペースがなかなかないという場合はもちろん、金額的にも決して安いというものではないのが節句人形。小さなものをそれぞれひとつずつ購入して飾るか、兄弟(姉妹)間で大きなものをひとつ共有するというスタイルも多くなっているようですよ。

どんな食事、どんなお祝いをするの?

五月人形やひな人形を飾ったら、当日はどんなお祝いをすれば良いのでしょうか?

端午の節句

ひな人形

端午の節句には、柏餅やちまきというイメージがあるかと思います。この由来について…昔の中国でとある政治家が失脚したときに、川に身を投げて自殺をはかりました。この政治家は多くの人に慕われていたため、川にいる魚たちが政治家の遺体を食べないように…!とちまきを川に投げ込んだのがきっかけだと言われています。

現在では笹の葉でちまきを包んでいるのが一般的だと思いますが、以前は菖蒲の葉でちまきを包んでいたということもわかっています。

また柏餅ですが、これは日本独自のもの。柏の木の葉は、新しい芽が出てくるまで古い葉が落ちないということから子孫繁栄・家系が絶えないという縁起物とされてきました。特に男の子は子孫を残して豊かな家系を続けさせるという強い願いが込められているため、このように端午の節句では柏餅が食べられるようになったと言われています。

端午の節句で用意する食事ですが、特に「これを用意しなければ!」という決まりはありません。ちまきや柏餅は昔からの端午の節句で用意されてきたものということですが、あくまで参考に。上のお子さんがいらっしゃる場合や、お祝いに招待する家族や親戚の好みに合わせて柔軟にお祝いメニューを考えてみましょう。

桃の節句

ひな人形

桃の節句は端午の節句よりもイメージしやすいのではないでしょうか。ちらし寿司、蛤のお吸い物、ひなあられ、白酒などなど。こちらも、たくさんの具材を使った華やかな見た目のちらし寿司、貝の形がぴったりと合うのは一対のみ!という蛤(はまぐり)を使うことで、将来の伴侶を見つけられますように…という願いが込められているそうです。

端午の節句と同じく、これを用意しなくてはならないということはありません。市販の雛あられやひし餅などを用意したうえで、食事のメニューは家族の好みに合わせて用意しても良いのではないでしょうか。

一回きりの初節句、ぜひ写真に!

節句は毎年やってくるものですが、赤ちゃんが産まれてから「初めての節句」は一度しかありません。ですから、記念すべき初節句は昔はそれはそれは盛大に祝われていたようですよ。特に男の子の場合には将来の子孫繁栄などを祈念して、親戚中が集まってお祝いをしていたんだとか。

もちろん、女の子でも初節句には親戚や家族を招いて、大いに成長を喜んで祝ってあげたいものですね。そのためにも、初めての節句は記念としてプロのカメラマンにかわいい表情を写真に撮ってもらってはいかがでしょうか。初節句にもぜひ記念写真を撮りましょう!

赤ちゃんの記憶には残らなくても、初めての節句というイベントを祝ってもらえたという思い出が写真に残ります。将来、自分の子どもにもこういった節句のお祝いをしっかりしてあげよう!という気持ちになってくれるのではないでしょうか。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク