赤ちゃんのイベント「お宮参り」について

お宮参りってどんな事をするの?何を着たらいいの?

お宮参り

赤ちゃんが産まれると、産院を退院してからお七夜や命名式があり、さらに成長していくにつれてお宮参りや初節句などさまざまなイベントがあります。お七夜・命名式について

赤ちゃんが産まれた時期や家族の都合などによって、最近ではお七夜や命名式を特にしないという方もいらっしゃいます。ですが、お宮参りについてはとても多くの方が行っています。この「お宮参り」ですが、具体的にはどんなことを生後どれくらいの時期に行うものなのでしょうか?

そもそもお宮参りっていったい何?

お宮参りは「初宮参り(はつみやまいり)」「初宮詣(はつみやもうで)」とも呼ばれることがあります。赤ちゃんが産まれて1か月を迎えるとき、氏神(うじがみ)さまや産土神(うぶすながみ)さまに「無事にここまで大きくなりました」と感謝・報告する行事です。

※ちなみに…氏神さまとは・・・その地域や集落に住む人がみんなで祀っている神様のことをいいます。産土神さまとは・・・その人が産まれた土地の神様のことをいいます。

自宅近くの神社や、戌の日の安産祈願に行った神社に行くと良いでしょう。戌の日の安産祈願についてはこちら

生後1か月にお宮参りに行くのが一般的ですが、生後1か月ぴったりに行かなくてはならない!というわけではありません。地域によっても違いがあり、男の子は生後31日目・32日目に行く、女の子は生後32日目・33日目に行くなど少しずつ違っています。なので、いつ行けば良いの?と迷う場合には両親などに聞いてみると◎。また、雪や雨の中などの場合には天候によって数日延期したり、赤ちゃんやママの体調に合わせてだいたい生後1か月ごろになるよう調整すると良いでしょう。もちろん、真夏や真冬などは外出すると赤ちゃんに大きな負担となってしまいますから、時期をずらして生後100日のお祝いと兼ねるなど臨機応変に。

お宮参りって、何を着て行けば良いの?

こういったイベントで気になるのが、服装です。主役である赤ちゃんはもちろん、一緒に行くパパやママは何を着ていけば良いのでしょうか?

赤ちゃんは「白羽二重(しろはぶたえ)」という真っ白な産着を着せて、その上から祝い着と呼ばれる着物を着せるのがもっとも正式なスタイル。…ですが、白羽二重も着物も持っていないという家庭も多いですし、この一回のためにわざわざ購入するのはちょっと…と思いますよね。ですから、最近ではベビードレスを着せて、その上から祝い着だけをかけてあげるというスタイルが多くなっています。祝い着は赤ちゃんと抱っこしている人を包み、紐で結ぶスタイルの着物です。ベビードレスなら今ではショッピングモールなどでも手頃に購入することができますし、赤ちゃんが産院を退院するとき・お七夜・お宮参りと使いまわすこともできますね。

パパはスーツ。ママはワンピース・パンツスーツ・着物などさまざまですが、産後1か月ごろというのはまだ体調が戻り切っていないこともあります。さらに、赤ちゃんのお世話や授乳などがありますので、着物を着ていると動きにくい・授乳しにくいというデメリットがあります。お宮参りが終わったらすぐに脱ぎ着できるというのなら良いのですが、そのまま家族で会食することもありますので、授乳しやすいワンピースがオススメですよ。授乳服の種類についてはこちら

さらに、お宮参りに行く人の服装についても見ていきましょう。パパ・ママ・赤ちゃんに加え、おばあちゃんも一緒に行くことが多いですね。このとき、赤ちゃんを抱っこするのは一般的にはパパ側のおばあちゃんだと言われています。

服装

おばあちゃんはやはり着物で行き、家族みんなの服装がバランスが取れるようにしておくと良いでしょう。最近ではパパとママと赤ちゃんの3人だけで行くというパターンも多いので、家族で話し合ってみてくださいね。

いざお宮参りへ!…何をするの?料金は?

さて、服装も決まったところでいざお宮参りへ。神社によりますが、事前にお宮参りに行くという予約を取っておかないといけないところもありますので、しっかりと事前に確認しておきましょう!

まずは神社に行き、社務所や祈願受付の場所に行きます。ここで料金をお渡しするのですが、白い封筒やご祝儀袋(紅白のもので熨斗なし、蝶結びのもの)にお金を入れましょう。この封筒に「御玉串料」もしくは「御初穂料」と書き、その下に赤ちゃんの名前を書いてお渡しします。

御玉串料・御初穂料

料金ですが、神社が設定していることもあればそうでない場合もあります。だいたい5千円くらいが一般的な料金ですが、3千円~1万円程度だということを頭に入れておきましょう。料金は神社のホームページでチェックすることができたり、予約したときに聞くこともできますので事前に調べておきましょう。

祈願が始まるまで待ち、おはらいを受けてから最後に祝詞(のりと)を挙げていただきましょう。「健やかに育ちますように」という意味が込められている祝詞を聞けば、パパもママもこれからさらに赤ちゃんを大事に育てていこうという気持ちになるはずですよ。

祝詞を挙げていただくと、お宮参りは終了です。神社の前で家族で記念写真を撮るのも良いですね。

お宮参り後の会食・ランチについて

お宮参りが終了したあとはそのまま帰宅することもあれば、お祝いの会食やランチに行こうという流れになることも多いでしょう。かしこまった料亭に行くこともあるかもしれませんが、和食のお店や個室のあるお店、ホテルのレストランなど、家族みんなでゆったりと食事できるようなところがオススメ。また、最近では授乳室があるレストランも多くなっていますので、こういったところならママも授乳しやすいですね。

食事会の場所選びのポイント

  • 授乳室がある
  • おむつ替えスペースがある
  • 個室(特に上の子がいる場合にオススメ)
  • 畳の小上がりなど赤ちゃんを寝かせられるスペースがある

授乳室がなくても、個室であれば授乳ケープを持っていくことで授乳することができるでしょう。

とにかく、ママと赤ちゃんの体調が最優先です。体調が悪いというときや赤ちゃんにも負担かな?と思ったときには食事会は後日…ということにすると良いでしょう。パパとママが臨機応変に対応していくよう、注意しておきましょう。

お宮参り経験談

筆者の場合ですが、上の子の七五三と兼ねて下の子のお宮参りに行きました。ご祈祷は一緒に受けられたので、上の子がグズったり寒い時期に生まれてあまり外に出したくないというときなど、このように多少時期をずらすのも良いでしょう。実際、お宮参りに行ったときにご祈祷を受ける赤ちゃんはみんな生年月日を読み上げられたのですが、生後1か月前後の子はもちろん、生後半年の子もいました。

また、服装もとてもさまざま。パパはスーツが一般的ではありますが、中には普段着でいらっしゃった方も。ママはやっぱりワンピースが多いようです。着物の方もいらっしゃいましたが産後1か月のママは母乳をあげにくかったり、体調がまだ戻っていないこともありますし、赤ちゃんのお世話がしやすいよう動きやすいワンピース・パンツスーツの方が多い印象でした。ちなみに、筆者もワンピーススタイルで行きました。

夫の母、私の母と5人で行き、お宮参り後は個室のある和食のお店に行きました。生後1か月くらいの子だと、大人が思っている以上にかなり疲れるもの。お宮参り中も会食中も赤ちゃんのようすを気にしつつ、会食は早めに切り上げて帰宅するなど対応していきましょう。そして赤ちゃんがこれからもすくすくと育っていくように、しっかりとお祝いしてあげましょうね!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。