双子のお風呂は前準備と人手が大切!

バタバタ大変な双子ちゃんのお風呂について

双子ちゃんのお風呂

喜びはもちろん、大変さも2倍以上!と言われている双子の赤ちゃん。同じ顔が並ぶのはとってもとってもかわいいもの…。しかし、そんなふたりの赤ちゃんを同時に育てていくママやパパはとっても大変。何が大変かって、ごはん(授乳)・お風呂・着替え・寝かしつけなど日常のあらゆる動作が普通のママの二倍量なので大変なことに。特に、パパが仕事で遅く帰ってくるという家庭や、実家や親戚に頼ることができないという場合、ママひとりでふたりの赤ちゃんの面倒を見なくてはいけないことになります。そんな双子ちゃんのお世話の中でも気になるのがお風呂について。

赤ちゃんひとりでもお風呂は大変だと言われています。確かに、小さいうちなら首のすわっていないほにゃほにゃの赤ちゃんの顔や耳が水に浸からないようにしっかりと支えて、体を洗って、あがり湯をして、拭いて、風邪をひかないよう手早く服を着せなくてはなりません。これがふたりになったらどうでしょうか?ひとりでもあたふたしてしまうのに、双子となると想像がつきません。ここでは、双子の赤ちゃんのお風呂についてその方法やポイントを見ていきましょう!

事前に準備しておくこと、人手の確保を!

授乳やごはんの場合、最近ではふたりを並べて寝かせて、ママは哺乳瓶を口に入れてあげるだけ…という簡単授乳が流行っているようですし、ごはんの場合も離乳食が進めばつかみ食べもできるようになります。

しかし、お風呂の場合にはそう簡単にはいきません。首が座ったり腰が据わったとしても、気が付けば溺れそうになってしまうこともありますし、いつでも油断できないのがお風呂なんです。双子ちゃんをお風呂に入れるポイントとしては、事前にしっかりと準備をしておいて慌てないことと、できるだけパパやおばあちゃんといった人手を確保することです。パパがひとりを入れて、ママが受け取って次の子をパパのもとに…というふうに、リレー方式でささっとお風呂を済ませることができますよね。

  • ベビーバスの場合なら上がり湯やかけ湯をあらかじめ用意しておく
  • 沐浴セットを準備しておく
  • 着替えがすぐできるよう服とオムツを一緒に広げてセットしておく
  • 待っているもうひとりの赤ちゃんに危険がないように、ベビーベッドやサークルの中などで待機してもらう
  • ベビーパウダーやローションを塗る場合、着替えの横にセットしておく

このような準備をしておきましょう。バタバタと動く赤ちゃんに服を着せたり、保湿クリームを塗ったりするなど、意外と手間がかかるものです。赤ちゃんに風邪をひかせないようにするためにも、できるだけパパにも協力してもらって手早くお風呂タイムを済ませましょう。

石けんで体を洗ったあと、すすぎのためのあがり湯をしなくてはいけない場合、お湯を用意しなくてはならないのは手間ですよね。そのため、石けんではなくあがり湯のいらない沐浴剤を使うと時短できますよ。

スキナベープ

また、パパがお手伝いに積極的でない…という場合には、
・赤ちゃんが風邪をひいちゃうと大変だから、手伝ってほしい
・自分が赤ちゃんをお風呂に入れるから、服を着せてほしい
など、パパが手伝いやすいように具体的な支持を入れてみると良いでしょう。また、それでも面倒そうなら冬でなければ「オムツだけ履かせておいて!」と頼んでみるのも◎。

お風呂の間赤ちゃんを泣かせない工夫

パパが残業という場合や、なかなかお風呂を手伝ってくれないという場合、ママひとりでお風呂に入れなくちゃいけません。できるだけスムーズにできるよう、こちらも事前準備をしっかりしておきましょう。

まず、ベビーバスがオススメ。赤ちゃんひとりの場合や、双子ちゃんでも人手があるという場合には「あまり使わなかった!」「邪魔だった!」という人も多いのですが、ひとりで双子ちゃんのお風呂をするママには重宝されているようです。ベビーバスのメリットとしては、言ってしまえばどこでもお風呂になるということです。たとえば、お風呂場でなくてもキッチンのシンクでベビーバスを使うことができるということです。双子ちゃんのお風呂でも意外とキッチンでベビーバスを使うという人は多く、ここならお風呂場と違って待機しているもうひとりの様子を見ることができる・泣きだしにくい・すぐに着替えができるなどのメリットがあります。リビングの一角にサークルなどで待機スペースを作っておいて、ベビーバスでひとりをお風呂に、終わって着替えさせたらサークルにいるもうひとりと交替…ということですね。

双子ちゃんのお風呂で大変なのは、なんといっても「泣かせてしまう」ことではないでしょうか。待っている間に泣いてしまう、先に入った赤ちゃんもお風呂上がりの水分補給を求めて泣いてしまうなどなど、双子ちゃんのお風呂で泣きだしてしまうタイミングはいっぱい。ママも焦ってしまったり、イライラしてしまったりしますし、これが毎日続くとなると大変ですよね…。ですから、多少キッチン周りが濡れてしまっても水を拭けばすみますので、ベビーバスinシンクの方法は赤ちゃんを泣かせにくいためオススメです。

バンボはダメ!お風呂専用グッズで乗り切って

お風呂で双子ちゃんを入れる場合、ひとりで待たせておくとちょっと危険ですよね。この場合、ベビーバスチェア(バスチェア)がオススメです。ベビーバスチェアというのは、赤ちゃんを座らせておくことができるお風呂専用のイス。たくさんの種類がありますが、ベビーバスチェアを選ぶポイントとしてはこのようなポイント。

  • 赤ちゃんを安全に座らせておけるか
  • お手入れしやすいか
  • やわらかく座ることができて赤ちゃんのストレスにならないか

お風呂というのは滑ったり溺れたり、小さなお子さんにとってはさまざまな事故が起きやすい場所です。できればチェアから落ちないようにガードがついているものが良いですね。

次に、お風呂場で使うものというのはどうしても水アカがつきやすく、カビが生えてしまうことも。細かなデコボコがあったり複雑な構造のものだと、手が届きにくくすぐ真っ黒になってしまいます。

アップリカ はじめてのお風呂から使えるバスチェア

こちらのようにセーフティガードがついていて、パーツもバラバラに分解してお手入れしやすいというものがオススメ。リクライニングできるので、赤ちゃんを座らせた(寝かせた)ままで洗うこともできますよ。ママはちょっと狭いかもしれませんが、お風呂の洗い場や脱衣所にバスチェアをふたつ並べておけば、ママも手があくので余裕が出るのではないでしょうか。

また、中にはバンボを使ってお風呂で座らせている…という方もいらっしゃいますが、実はバンボは水を弾くものの、お風呂場では使用しないようにと公式メーカーから促されています。思わぬ事故の原因になったり、またバンボに水アカやカビがついてしまうこともありますので、避けておいてくださいね。「たっち」や「ひとり歩き」が上手になれば、浅くお湯を張った湯船にひとりを入れておいて(目は離さず!!!)というふうに、少しずつラクになってきます。時間の配分や寒さ・暑さ・水分補給など気を付けたりやることはたくさんありますが、がんばってくださいね!

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク