赤ちゃんがいる部屋の温度管理(冷房編)

暑い夏!冷房をつけないと脱水症状になるかも!?

赤ちゃんの冷房

生まれたばかりの赤ちゃんというのは、自分でまだうまく体温調節ができません。春や秋など比較的過ごしやすい気温の季節なら良いのですが、真夏や真冬になるとそうもいきません。たとえ家の中であっても、ママやパパがじゅうぶんに温度に気を付けてあげなくてはならないということになります。

寒ければ服を着こんだり、家であれば布団をかけたりすることで暖房をつけなくてもある程度の寒さには対処することができます。…しかし、夏の暑さではそうはいきません。

脱いでも脱いでも、たとえ裸になっても暑いものは暑いですし、体から止めどなく汗が流れ続けてしまいます。これが赤ちゃんだったらどうでしょうか?汗をかきやすい赤ちゃんは簡単に脱水症状になってしまう可能性があります。ですから、一緒に過ごすママやパパはエアコンなどを使ってうまく温度調節をしてあげなくてはなりません。

スポンサーリンク

夏の外はウイルス、暑さ…危険がいっぱい!

大人でもそうですが、冷房(エアコン)の付け過ぎ・効きすぎは良くないと考えている方も少なくありません。そのため、生まれたばかりの赤ちゃんがいらっしゃる家庭で、真夏でもあまり冷房をつけない…という方もいらっしゃいます。しかし実際のところは、冷房を使いながらうまく温度調節をしてあげるのがベストなんです!

というのも、近年の夏の暑さは想像以上のもの。大人でも熱中症や脱水症状でぐったりしてしまうのですから、ただ寝ているだけの赤ちゃんはどうでしょうか?自分で飲み物を飲むこともできませんし、しかし目には見えないけれど大人以上に汗をかいているんです。

また、冬はインフルエンザなどのウイルスが流行しますが、夏は夏でヘルパンギーナなどのウイルスが流行します。ヘルパンギーナについて

暑さもウイルスも赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性がありますので、まだまだ小さなうちは不用意な外出は避けたいものですね。

夜の暑さ、寝苦しさが夜泣きの原因!?

実は、夜泣きの原因は暑さが原因だったということが多くあります。大人でも汗をかくような寝苦しい夜は、誰もが一度は経験したことがあると思います。体温の高い赤ちゃんならなおさら、夜中に暑くて目が覚める、汗をかいて気持ち悪い、のどがかわいた…などなど、ただ単に夜泣きひとつでもたくさんの理由が浮かびますよね。

ですから、夏の夜に赤ちゃんの夜泣きで悩んでいる…という方は「寒くない程度」にエアコンを効かせてみることを試してみてください。その晩、珍しく赤ちゃんがぐっすり寝た…という場合には、もしかすると夜の暑さによる寝苦しさが原因だったということも考えられます。もちろん、夜中に寒いなと思ったら温度を上げたりして調節してくださいね。

ママも産後は暑がりになる!?

妊娠中は子宮が収縮する原因のひとつになるため、冷えが大敵!とよく言われていませんでしたか?妊娠中の冷えについて

ですが産後は一転、何をしてても暑い…と感じるママが多いんです。産後はホルモンバランスの乱れをはじめ、母乳を分泌するためにエネルギーがどんどん燃焼されていくため、普段よりも実際に体温が高かったり暑いと感じやすいママが多いんです。そのため、パパがびっくりするほどエアコンを効かせてしまうということもあるんだとか。筆者も実はそのひとりで、産後は冬にもかかわらずとても暑く感じ、洗濯や掃除などをすると冬でも半袖Tシャツでじゅうぶん!というときも。

ただ、そんなときに暑いからといって冷房をガンガン効かせてしまうと、今度は赤ちゃんの体が冷えてしまいます。風邪をひいてしまう原因にもなりますので、冷房を使うときはあくまで赤ちゃんに合わせてあげるようにしてくださいね。ママは暑いかもしれませんが、冷却シートなどをうまく利用して赤ちゃんに快適な環境を作ってあげるように心がけましょう!

温度設定は?エアコンをうまく使うために

夏場、冷房を使う際にどれくらいの温度にしたらいいの?と思いますよね。テレビCMなどでも省エネのために28度前後での設定を!ということを促していると思いますが、実際に真夏日・猛暑日にその温度にしてみると意外と快適なものです。夜つけっぱなしは良くないのでは?とエアコンをタイマーで夜中に消してしまうと、目覚めてしまう赤ちゃんも多いので、28度前後の高めの温度に設定して眠るようにすることをオススメします。湿度は40~60%が良いでしょう。寝返りやハイハイなど動くようになってきた赤ちゃんがいらっしゃる場合は、汗のかき具合など様子をみながら温度を少し下げたり臨機応変に対応し、26度より下げないようにしましょう。ただ、クーラーによっては性能なのどの違いにより冷え具合も変わってくる事がありますので、リモコンに表示されている温度だけを重視するのではなく、赤ちゃんの近くに温度計を置いて確認するようにしましょう。

いずれにせよ、赤ちゃんの様子をしっかり見ながらこまめに温度調節をしてあげましょう。元気そうでもおでこや首元を触ってぐっしょり汗を汗をかいていたら暑いということですので水分補給をして1~2度くらい温度を下げたり、汗をかいていなくて手足がひんやりしていれば1~2度温度を上げたりしましょう。

赤ちゃんが汗をかきやすいのはおでこ・首のうしろ・ひざの裏です。特におでこに汗をかいているようであれば暑いということですので、あせもができないようにするためにも、まずは汗をしっかりふき取ってから温度調節をしてあげてくださいね。赤ちゃんのあせもについて

赤ちゃんのいる部屋で冷房を使うコツ

最後に、赤ちゃんのために冷房を使うコツを見ていきましょう。

これは赤ちゃんだけでなく大人でもよく言われるのですが、どんなに暑いからといって直接冷房の冷気を赤ちゃんに当てるのは避けましょう!ベビーベッドや赤ちゃんが過ごす場所・布団の位置を、冷房をつけて確認してみてください。冷房の風が直接当たっていませんか?「自動モード」などにしたときに、不意に冷気が直接当たりませんか?確かに涼しくて快適♪というときもあるかもしれませんが、冷たい風は赤ちゃんにとって強い刺激になります。夏場でも冬場でも、できればサーキュレーター(扇風機でも◎)を使って、部屋の空気をうまく循環させてより快適な空間を作りましょう。冷気が直接当たることで風邪をひきやすくなるだけでなく、のどへの刺激や、エアコン内のホコリを吸い込ませてしまう可能性もあります。

赤ちゃんがいる部屋でエアコン(冷房・暖房)を使う際には、まず必ず掃除をするようにしてくださいね。不安な場合はプロの業者にクリーニングを依頼し、自分でできる場合はこのようなお掃除グッズを使うのもオススメです。

エアコン洗浄スプレー 防カビプラス無香性

ママやパパにとっても、赤ちゃんにとっても過ごしやすい環境を整えてあげてくださいね♪

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク