離乳食の進め方と気を付けたいアレルギーの対処法、アレルギー食材は?

赤ちゃんは、生後5~6ヶ月ごろから味覚や消化吸収力が発達してくるといわれています。
離乳食を開始するにあたり、アレルギーを心配される方は多いようです。

そこで、離乳食で気をつけたいアレルギーが出る可能性のある食品や、アレルギーが出たときの対策についてまとめました。

離乳食はいつからはじめたらいい?

離乳食開始の目安としては、首のすわりがしっかりしている、食物に興味を示す、スプーンなどを口に入れても押し返すことが少なくなってきた(哺乳反射の減少)などが見られてきた生後5~6ヶ月頃のタイミングが推奨されています 。
離乳食の初めの頃は1日1回から少しずつ始め、1ヶ月を過ぎたあたりから1日2回にしていきます。

離乳食の開始時期は、食べ物に興味を示すようになってからが望ましいでしょう。

離乳期は生後5~6ヶ月を初期、7~8ヶ月を中期、9~11ヶ月を後期、そして1歳~1歳6ヶ月を完了期に分けられます。

離乳食を開始してから約1ヶ月間の離乳食は、1日1回、1さじずつから始めます。
その間、母乳やミルクは赤ちゃんが欲しがるだけあげましょう。

この時期は離乳食を飲み込むことや、味に慣れることが目的なので、離乳食を残しても問題ありません。

食べてよい食品や柔らかさ、量はそれぞれの時期によって変化していきます。

初めての食材を食べる時の工夫

離乳食は時間をかけて、少しずつ食べられる種類を増やしていきます。

始めはお米を柔らかくしたおかゆから与えましょう。
慣れてきたらじゃがいもや野菜、果物、さらに慣れてきたら豆腐や白身魚と種類を増やしていきます。

離乳食で口にする食品を増やすにあたって、以下の注意点があります。

  • 子どもの体調のいい時に食品を増やす
  • 初めての食品は1食につき1種類にする
  • まずはひと口与えて様子を見る

試す食品は月齢に合わせて選びます。
アレルギー症状が起こった際にどの食品が原因なのか分かるように、新しい食品は1種類ずつ試すようにしましょう。

心配なら、アレルギーの症状があらわれてもすぐに病院を受診できる平日の日中に試すといいでしょう。

お母さんが余裕のある日にすると万が一アレルギーがおこっても対応する時間の余裕があって安心です。

アレルギーが出やすい食品は?

乳児期に最もアレルギーが出やすい食品に関して、厚生労働省の授乳・離乳の支援のガイドには、次のように分類されています。

発症数が多く重症になりやすいもの

  • 小麦
  • 牛乳
  • そば
  • 落花生

重篤な健康被害がみられているもの

  • あわび、いか、いくら、えび、かに、さけ、さば
  • 牛肉、鶏肉、豚肉
  • 大豆
  • 山芋
  • まつたけ
  • オレンジ、キウイフルーツ、もも、りんご、バナナ、クルミ
  • ゼラチン

これらのなかでも卵、牛乳・乳製品、小麦が0~2歳に起こったアレルギーの75%を占めていると厚生労働省食物アレルギー研究班の報告でいわれています。

また、はちみつは乳児ボツリヌス症になる可能性があるので、満1歳まで食べさせないようにしましょう。

アレルギーがあったときにみられる症状

アレルギーが起こった時は以下の症状が現れます。

  • 皮膚症状
  • 粘膜症状
  • 消化器症状
  • 呼吸器症状
  • アナフィラキシーショック

皮膚症状

皮膚症状として起こるのは湿疹やかぶれです。
口やまぶた、胸元や手のひらなどさまざまな場所にみられます。
食物アレルギーの中でもっとも多いのが、この皮膚症状です。

粘膜症状

粘膜症状は目の充血、くしゃみ、鼻水がみられることがあります。

消化器症状

まだ赤ちゃんは消化器が未発達です。
そのためアレルギーの原因となる食物を食べると、1日に5回以上の下痢が続いたり、嘔吐することがあります。

呼吸器症状

呼吸が苦しくなったり、咳がおこります。
中には呼吸音がぜーぜー、ひゅーひゅーという状態になることもあります。
軽そうに見えても必ず病院に行くことをおすすめします。

アナフィラキシーショック

アレルゲンの侵入により、複数臓器に全身性にアレルギー症状が惹起され、生命に危機を与え得る過敏反応をアナフィラキシーと呼ぶ。アナフィラキシーに血圧低下や意識障害を伴う場合を、アナフィラキシーショックと呼ぶ。アナフィラキシーやアナフィラキシーショックに対しては、特に迅速な対応が必要である。

引用:

食物アレルギーの中で最も怖いのが、アナフィラキシーショックです。
できるだけ早い処置を行う必要があります。

アナフィラキシーショックは皮膚症状、粘膜症状、消化器症状、呼吸器症状のうち2つ以上の重い症状が同時に起こることをいいます。
血圧が下がったり、意識が朦朧とするときはできるだけ早い処置を行う必要があります。

これらの症状は食べてすぐに出ることもあれば、数時間してから症状が出てくることもあります。
もし症状が現れたら病院に受診するか、電話で相談しましょう。

ただし、アナフィラキシーショックがみられているようであれば、直ちに病院に向かう必要があるので、すぐに救急車を呼びましょう

お母さんは口にした食物を吐き出させることが大切です。
指を入れる、背中をたたくなどしましょう。
口をしっかりすすいだら、呼吸がしやすい体勢で寝かせます。

目を離さず状況をしっかり観察しましょう。

アレルギー対策のためにできる2つのこと

  • 食事の記録を取ること
  • 調理方法を工夫する

食事の記録を取ること

食事の記録を取ることで、どの食品が原因でアレルギーが起こったのか予測することができます。

アレルギー症状が出た場合、関連する食品でも症状が出る場合があるので気をつけましょう。

症状が出た場合は食後の経過時間や体調、環境なども記録しておきます。

調理方法を工夫する

アレルギーの原因はタンパク質です。
しっかり加熱することでアレルゲンの抗原性、つまりタンパク質が減少してアレルギー症状が軽減される可能性があります。

下痢が起こった場合、アレルギーではなく、赤ちゃんが消化しきれていない場合もあります。
十分に柔らかくしたり、煮込んだり、すりつぶすことが大切です。

病院のアレルギー検査

病院で食物アレルギーの血液検査を行う方法がありますが、あまりおすすめはされていません。
本当はアレルギーがない食品でも、陽性反応が出てしまうことがあるからです。

皮膚検査もありますが、こちらも有効性は食物経口付加試験と比べて低いといわれています。

現時点では、食物経口付加試験が最も確実な診断法です。
興味のある方は、一度病院に相談してみましょう。

アレルギー検査はいつからできる?

アレルギー検査を生後どの時期から行えるかという、はっきりとした基準はありません。

検査自体は生後1ヶ月から行うことが可能です。
日本小児アレルギー学会の「食物アレルギー診療ガイドライン2012」では、下記の通りに記載されています。

食物アレルギーは特定の食物摂取時に症状が誘発されることと、それが特異的IgE抗体など免疫学的機序を介する可能性の確認によって診断される。

つまり、食品を食べたときに症状がみられなければ食物アレルギーの診断ができないのです。

もし、赤ちゃんに食べさせた食品でアレルギーを疑うのであれば、まずは何を食べたかしっかり日記をつけた上で、病院で検査の相談をするといいでしょう。

アレルギーは治るの?

乳児期はアレルギーの原因となる食物特異IgE抗体が作られやすいのです。

さらに、人体に生まれつき備わっている消化粘膜のバリア機能や消化酵素、分泌型IgA、経口免疫寛容といった食物アレルギーの発症を抑える機能が弱いといわれています。

これらの原因から、乳児期は食物アレルギーが起こりやすいといわれています。
年齢を重ねるごとにIgE抗体は低下し、食物アレルギーの発症を抑える機能も発達してきます。
そのため、アレルギーが治る場合があります。

食物アレルギーと診断されたら

食物アレルギーと診断されたら、基本的には食事療法が中心となります。
アレルギーの原因となる食品を特定して、その食品を必要最低限、除去するのです

この時安全性を確保した上で、食物除去によって栄養が低下しないような食事をあげるとよいでしょう。

この時、できる限りアレルギーのある食品以外を除去しないことが大切です
行う時は必ず医師と相談の上で行うようにしてください。

赤ちゃんは年齢と共にアレルギーがあった食品でも食べられるようになる可能性があります。
そのため、アレルギーと診断されて食物除去を行った場合でも、食物経口付加試験などで耐性ができているか定期的に評価していきます

耐性ができていて、食べてよい量と調理方法が決まった場合は、症状が出ない範囲で食品を食べ始めましょう。

自分で判断しないこと

食物アレルギーのガイドラインでは、アレルギーが起こる可能性が高い食品であっても食べる時期を不必要に遅らせたり、食べさせないようにするといったことはすすめられていません

アレルギーが見られたときに、自己判断でアレルギー食品を食べさせて訓練をするのもやめましょう。
赤ちゃんの成長や発達を損なう危険性があります。

気になることがあれば、必ず医師に相談して行うようにしてください。

アレルギー食品の遺伝には注意が必要

家族に食品アレルギーがある場合は、赤ちゃんに遺伝する可能性があります。
その場合は医師に事前に相談して、予防や治療を行う必要があるので相談しましょう。

アトピー性皮膚炎と食物の関係

アトピー性皮膚炎や湿疹は、食物アレルギーによって悪化する可能性があるといわれています。

そのため、もともとアトピー性皮膚炎がある赤ちゃんを持つお母さんは、アレルギーになる可能性が高いと感じてわざと食べさせないようにする方もいます。

しかし、全てのアトピー性皮膚炎や湿疹が食物アレルギーと関与している訳ではありません

厚生労働省の授乳・離乳の支援ガイド策定に関する研究会にも、以下のようにかかれています。

食物アレルゲンの除去を目的とした介入研究の多くは、固形物開始時期を遅らせるだけでなく、完全母乳の推進、人工乳として加水分解乳の使用、母乳の食物除去などと組み合わせた方法をとっているが、こうした包括的な介入においても個別の介入と同様に、乳児期から乳幼児期早期までのアレルギー疾患の発症にある程度の予防効果が認められている。しかし長期的な予防効果について明確なエビデンスはない。

赤ちゃんが食べたそうにしているのであれば、アレルギーになる可能性が高い食品でも食べさせてあげてください。

まとめ

子どもの成長はとても嬉しく、楽しいものです。
だからこそ沢山の心配も出てくるでしょう。

注意点をおさえた上で、子どものペースに合わせながら楽しく離乳食をすすめることで、お母さんも離乳期を一緒に楽しめるとよいですね。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。