乳児がいる家でのペットの飼育の注意点とは?


ペットと人とでうつる菌やウイルス

乳児がいる家でのペット

家族同様の存在として、犬や猫をはじめとするペットをとてもかわいがっている方は多いものです。とても大切な家族の一員ではありますが、ともに生活をする上で注意しなくてはならないこともあります。

たとえば、ママとパパの間に赤ちゃんを授かった場合。ママの体は妊娠中にさまざまな変化がありますので、まずペットの排せつ物の臭いやペット自体のにおいがつわりのせいでダメになってしまうということがあります。

次に、ペットにはどんな種類のペットでも少なからず菌やウイルスが住み着いています。犬には狂犬病ウイルス、猫にはトキソプラズマ菌、は虫類にはサルモネラ菌など、それぞれの動物に住み着きやすい菌やウイルスがいます。

そしてこれらの菌やウイルスというのは、ペットを飼っている人にもうつる可能性があります。妊娠中のママにこれらの菌やウイルスがうつってしまったら、ママやおなかの赤ちゃんはどうなるのでしょうか?

また、産まれてきた赤ちゃんとの共同生活が始まると、またさらに注意しなくてはいけないことも増えてくるものです。乳児がいる家で、ペットの飼育にどのように気を付けなくてはならないのでしょうか。

ペットとの触れ合い、妊娠中もダメなの?

まず、注意しなくてはならないのは「過剰な接触を避ける」ということです。特に犬を飼っている人に多いのですが、口移しでものを食べさせたりキスをしたり、また犬は顔をぺろぺろと舐めることも多いですよね。このように唾液同士が接触する場合、菌やウイルスも感染しやすくなります。これは妊娠中も、そして赤ちゃんが産まれてからも気を付けなくてはならないことです。妊娠中のペットとの付き合い方

犬だけに限らず、猫やオウムなどの鳥類、そのほかの動物でもです。特にオウムやインコをはじめとした鳥類に多い「オウム病(クラミジア菌)」など、妊娠中に感染するとおなかの赤ちゃんに危険が及ぶようなものも少なくありません。ペットの鳥から感染するオウム病

赤ちゃんへの感染などリスクを下げるためにも、妊娠中はある程度ペットと距離を保ちながら過ごしたいものですね。

赤ちゃんと共同生活できないペット・できるペット

では、いざ赤ちゃんが産まれたらどうなるのでしょうか?これはペットの性格や、飼い主さんがきちんとしつけているかどうかによって、対応が変わってくるものです。

たとえば、誰が来ても吠えたり噛みついたりするような場合、赤ちゃんにも危険が及ぶと考えられます。一方、とてもおとなしく家の中でも暴れまわったりせず、叱ればきちんと行動をストップするという場合には、赤ちゃんに及ぶ影響も少ないと考えられますよね。トイレでもそうです。トイレを覚えず、家中あちこちにトイレをしてしまうようであればとても不衛生。しかし、きちんと一か所でトイレができるペットであれば安心です。赤ちゃんに直接危険が及ぶのは、噛みついてしまったりひっかいてしまうということ。また、二次的な危険としては抜けた毛を赤ちゃんが食べてしまったり、不衛生な状態で菌などが部屋中に漂ってしまうなどが考えられます。このふたつをしっかりクリアしているペットであれば、同じ部屋で赤ちゃんとの共同生活を送ることができるでしょう。まとめてみると、以下のようになります。

  • トイレトレーニングができていない
  • 爪切りやブラッシングをきちんとしていない
  • 部屋中のものをひっくり返したり、あちこち暴れてしまう
  • 知らない人に攻撃的
  • 人を噛む(甘噛みも含め)、吠える
  • いうことをきかない
  • お散歩のあとに足を洗わない
  • 猫が外と中を出入りできる(完全室内飼いではない)

以上のことができていないペットの場合、赤ちゃんと一緒に生活するのは赤ちゃんに危険が及ぶ可能性があるでしょう。赤ちゃんが産まれてくるまでに飼い主の責任としてできることは、きちんとしつけをする、足を洗ったり掃除をこまめにするなど衛生管理をするということです。

ペットのストレスは最小限に!

赤ちゃんが産まれてくるから、といって出産後にしばらくペットを実家やペットホテルに預けるということがあるかと思います。ご主人は忙しくてペットのお世話をきちんとやってくれるか不安、時間がないなどの理由が挙げられると思います。しかし、この方法はペットにとって強いストレスになることがあります。いきなり環境の違うところに預けられて、飼い主(ママ)がいない、そして帰ってきたと思ったら今度は赤ちゃんがいる…!これまではとてもかわいがられていたペットも、赤ちゃんという新しい存在にヤキモチをやくことがあります。

また、預けられたことでそれまで順調だったしつけがめちゃくちゃになってしまったと嘆く飼い主さんも少なくありません。最近ではシッターさんに家に来てもらうというペットシッターもありますので、環境を変えずペットのお世話をしてもらうことが可能になっています。

ペットシッターSOS:http://www.petsitter.co.jp/(外部リンク)

そして、ペットにも赤ちゃんがこれから来るよということをわかってもらうために、赤ちゃんのにおいをつけたタオルなどをパパに持って帰ってもらい、少しずつにおいをかがせて慣れされる…という方法もあるようです。飼い主(ママ)がやっと帰ってきたと思ったら、いきなり赤ちゃんを連れているとパニックになることもあるので、このような方法で少しずつ慣れさせていくと良いでしょう。劇的に環境を変えずに赤ちゃんを迎えることで、ペットが赤ちゃんに攻撃的になったりパニックになるのを防ぐことができます。赤ちゃんもペットも家族の一員として仲良く過ごしていくために、赤ちゃんを迎える際にはペットにも配慮をしてあげましょう。

赤ちゃんとペットの共同生活をスタートさせよう!

いざペットと赤ちゃんとの共同生活が始まるという時に、まず用意しておきたいのはベビーベッドなど、赤ちゃんの定位置となる場所です。猫や犬の場合、とても身軽ですので低いベッドに寝かせていたり、布団にそのまま寝かせていると飛び乗ってきたりすることもあります。また、どんなにしつけがされているとしても、やはり何が起こるかわかりません。眠っている時間が長い赤ちゃんが安心して過ごすことができるよう高めのベビーベッドを用意し、ペットにもしっかりとしつけをしましょう。最近ではこちらのように省スペース・ハイタイプのものが増えています。マンションだから…部屋が狭いから…という場合でも、畳半畳ほどのスペースに置くことができるのでオススメですよ。

カトージ ミニベビーベッドハイタイプ

床から56センチの高さにベッドがあるハイタイプとなっています。腰に負担が少ない作りになっているので、とても人気の商品です。床板の高さを3段階調節できるので、後々ベビーサークルとしても使用できます。

エレガント系ベビーベッド アリス【B品】

作成段階で傷がついてしまったものなどをB品としてアウトレット価格で出荷しています。少しキズがついているだけなので品質は変わりません。安心してお使いいただけます。

また、赤ちゃんが「はいはい」をし始めるとまた大変。いつ頃から赤ちゃんとペットを遊ばせていいの?と思いますが、これは家庭によってさまざま。特にペットが犬の場合には早いうちから一緒の空間で遊ばせているということも少なくありません。この場合、犬が人の顔を舐めないようにしていることがポイントになります。赤ちゃんはおっぱいやミルクのにおいがしたり、吐き戻しなどで甘いにおいが口のまわりを漂っています。ワンちゃんが舐めないよう、人の顔を舐めないようにしつけをしておきましょう。

また、あまり毛が抜けない・短いというワンちゃんなら、はいはいし始めた赤ちゃんと一緒に遊ばせても誤飲の心配も少ないと思われます。猫の場合、犬と違ってひっかいてしまうことがありますので注意が必要です。さまざまなポイントがありますが、ペットも赤ちゃんも家族の一員。誤飲やケガなどないよう、事前にしっかりとペットのしつけをしたり、部屋の片づけをするなど衛生的に気を配っておきましょう。

その他、ペットが赤ちゃんにやきもちをやくことで飼い主さんから遠ざかったり、赤ちゃんに攻撃的になる、甘えん坊でわがままし放題になってしまう…なども。そういったことがないよう、出産後はしっかりとペットにかまってあげて、落ち着かせてあげましょう。このときも、過剰に顔をぺろぺろと舐められないようにしたり、触れ合ったあとはしっかりと手を洗って赤ちゃんに触れるようにしてくださいね。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア