水あそびパンツを着用してプールに行ってもいいの?

子どもに水遊びをさせたい!

おむつプールデビュー

暑くなってくると、お子さんを連れてプールや海で思いっきり水遊びがしたくなりますよね!特に小さなお子さんがいらっしゃる場合には、熱中症にならないように楽しく水遊びをさせてあげて、体をクールダウンさせたいものです。

ただ、小さな子どもがいつからプールデビューできるものなのでしょうか…?また子どものプールといえば心配なのが「オムツが取れていない」ということでしょう。ここでは、小さな我が子にも水遊びをさせてあげたい!というママの強い味方、水あそびパンツとプールデビューについてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

小さな子をプールや海水浴に連れて行くことについて

赤ちゃんがプールや海水浴に行くのは、とても大変なこと。準備するものも多いですし、何より赤ちゃんにとって負担になることも多いからです。

たとえば日差しや気温で熱中症や脱水症状になることも考えられますし、ほんのちょっと目を離したすきに溺れてしまったり、海なら砂ぼこりが目に入ってしまったり、プールならすべって転倒してしまったり…。このようにさまざまな危険がつきものですが、だからと言って海水浴がダメ!プールがダメ!というわけではありません。赤ちゃんにとって水遊びをすることはとっても良い刺激になりますし、プールや海のように広い水場で遊ぶ経験は普段ではなかなかできません。もしプールや海水浴に行くのであればしっかりと準備をして、赤ちゃんの負担にならないような工夫をしたいですね。赤ちゃん連れの海水浴について

さて、そんな水遊びに関して気になるのはオムツ問題。近年ではそんなママの不安を解消すべく「水あそびパンツ」というものが登場していますよね。

水あそびパンツについて

水遊びパンツというのは、一般的な紙オムツとは違って水を吸っても膨らまず、前触れ無しの「うんち」を受けとめてくれるパンツのことです。水遊びをしているとどうしても開放的な気分になったりおなかが冷えたりしますし、まだトイレトレーニングがうまくいっていない子などが水中で「うんち」をしてしまうことが・・・。そんなときに水あそびパンツを履いていることで、水中にうんちが流れ出ないようにしてくれるということなんです。水あそびパンツには「使い捨てタイプ」と繰り返し使える「パンツタイプ」のものがあります。

使い捨てタイプの水あそびパンツ

使い捨てタイプはコチラ。

おむつプールデビュー

※写真に写っているのは、ユニチャームさんのムーニーです。普通の紙オムツと違ってギャザーがよくきいていて、履いたときにぴったりと隙間なくフィットするようになっています。

使い捨てタイプの場合、水あそびが終わったらそのまま捨てるだけでOKなのでとっても簡単!でもそのぶん、コスパを考えるとちょっとお財布には痛いかもしれません。メーカーによってデザインは違いますが、ムーニーのようにディズニーデザインだったり、かわいらしい動物柄のものもあるのでいろいろなものが選べますよ。

男の子用使い捨てパンツ


女の子用使い捨てパンツ


パンツタイプの水あそびパンツ

一方の繰り返し使えるパンツタイプですが、こちらはいろいろな種類があって、足の部分からゆるいうんちやおしっこが流れ出ないように立体的にギャザーがついているもの、おしっこもしっかり出ないよう生地が3重になっているものなどなど。お子さんのトイレトレーニングの進み具合などによって、どんなものが良いか選ぶことができます。デメリットとしては使うパンツによっては使い捨てタイプよりもうんちやおしっこが外に流れ出やすい、繰り返し使うために洗濯の手間がかかるということです。最近ではさまざまな柄・形のおしゃれでとってもかわいいパンツが登場していますので、お子さんやママの好みによって好きなものを選ぶことができますよ。

男の子用・トランクスタイプの水あそびパンツ

女の子用・ビキニタイプの水あそびパンツ

プールでの水あそびパンツの注意点

さて、プールに行く際に気になるのが、この水あそびパンツを履けば行ってもいいの?ということ。実は各プールによって決まりが異なっており、小さなお子さん連れの方は事前に調べておかなくてはなりません。「水あそびパンツOK」というプールや「乳幼児OK」となっているところは良いのですが、そうでないところには水遊びパンツを履いたとしても泳ぐのはNGということになります。というのも、いくら水あそびパンツを履いたからといっておしっこやうんちが流れ出てしまうのを完全には防ぐことができないからです。

この水あそびパンツの目的ですが、あくまでとっさに出てしまったうんちをキャッチするということ。普通の紙オムツと違って吸水ポリマーがないので、おしっこはそのまま流れ出てしまうことになります。もちろんプール内の水は塩素でしっかりと消毒されていますが、やはり良い気分ではないという利用客も少なくありません。水あそびパンツを履かせた小さな子をプールに連れて行くには、事前にプールに問い合わせて、水あそびパンツが利用可能かどうかを聞くことを忘れないでくださいね。

プールデビューできるのはいつごろ?

もうひとつ気になるのが「いつ頃からプールに連れて行ってもいいの?」ということ。屋外のプールはもちろんですが、屋内のプールもどうなのか気になります。欧米では2歳以下のベビースイミングが一般的で、この場合はママが赤ちゃんを抱っこして一緒にプールに入るので、水の感触を楽しみながらママとの触れ合いができるためとても人気なんです。日本でも小さなうちから我が子にスイミングをさせたいという人は多く、まだよちよち歩きの子でもプールに入ることができ、もっとも小さい子では生後半年ごろからのスイミング教室があるんですよ。

そして、一般的な屋外のプールについてですが、こちらは2歳頃~オムツが外れた頃から連れて行っているという方が多いようです。というのも、1歳以下の小さな赤ちゃんについては気温が高いことや日差しが大きな負担になってしまいます。日焼け・熱中症・熱射病・脱水症状などさまざまな危険が考えられますし、まだ体温調節がうまくできないためあまりオススメできません。

水に興味を持って遊びはじめ、なおかつトイレトレーニングがぼちぼち進んでいる・完了したというくらいがプールデビューにはちょうど良いのではないでしょうか。それまでは水に慣らすためにも、自宅のビニールプールやお風呂で水遊びをするのがオススメです。この場合、ビニールプールなら朝のうちからお水を溜めておいて、しばらく日光で温めてぬるま湯にしておく方が良いでしょう。あまり冷たい水にいきなり浸かると、おなかを壊してしまったり水あそびパンツでも受け止めきれないうんちになってしまうことがあります。トイレトレーニングが、まだあまりうまくいっていない子、おなかを壊しやすい子などは周りへの配慮も必要になりますので、上手にトイレができるようになるまではお風呂での水遊びや、ビニールプールで遊ばせてあげましょう。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク