子供に指しゃぶり止めさせる!指しゃぶりの色々な止めさせ方とは…


指しゃぶり、どうやって止めさせるの?

指しゃぶりの止めさせ方

赤ちゃんといえば、自分の指やこぶしに吸い付いている姿がとってもかわいらしいですよね。でも、いくつになってもなかなか指しゃぶりを止めない…止めさせたほうがいいの?と迷うこともあるかと思います。確かに、町中でもときどき小学生くらいの大きなお子さんが指しゃぶりをしているのを見かけることが・・・。指しゃぶりというのは、「してもOKな時期」と「そろそろやめさせた方が良い時期」というのがあります。指しゃぶりは止めさせた方がいい?

2歳前までくらいなら、歯並びなどにも与える影響も少ないと言われていますので、2歳を目途に徐々に指しゃぶりをする時間を減らしていき、ストップさせるようにしたいですね。

…とは言え、どうやって指しゃぶりを止めさせたらいいのでしょうか?これまで当たり前のようにずっと指しゃぶりをしていた赤ちゃんからすると、突然指しゃぶりをストップさせられたらビックリしてしまいますよね。指しゃぶりは赤ちゃんにとって自分を落ち着かせるための精神安定剤のような役目もありますので、一度に止めさせると負担がかかります。では、どのようにして指しゃぶりをやめさせていけばよいのでしょうか?

赤ちゃんはなんで指しゃぶりをするの?

まず、赤ちゃんの指しゃぶりについてお話ししたいと思います。実は、赤ちゃんによって指しゃぶりをする理由も違いますし、指しゃぶりをする指も違うって知っていましたか?指しゃぶりは赤ちゃんの空腹のサイン?指しゃぶりする指は赤ちゃんによって違う?

いろいろな理由がありますが…

  • 自分の指を吸って感覚を楽しんでいる
  • 眠い時にあらわれる癖
  • ママのおっぱいと同じ感覚を求めている
  • 安心感を求めている

などなど、いろんな理由が考えられています。ときどき妊婦検診のときのエコーでも見られますが、赤ちゃんはママのおなかにいるときから指しゃぶりをしています。そのため、指しゃぶりをするとママのおなかにいるような安心感を感じられるとも言われているんですよ。

特に安心感を求めているという理由では、赤ちゃんのストレスや不安といったものを和らげるために指しゃぶりをして、心を落ち着かせているとも考えられていますね。そのため、長い子では小学生になってもなかなか指しゃぶりを止められない…という子も。大きな子の場合、自分の心を落ち着かせるために指しゃぶりをしているという子が多いんです。

指しゃぶりを止めさせるための「タブー」って?

さて、肝心な指しゃぶりのやめさせ方についてみていきましょう。まず、絶対にしてはならないのが…

  • 「やめなさい!」「やっちゃダメって言ったでしょ!」と怒ること
  • 無理やりやめさせようとする

このふたつです。先ほども言いましたが、赤ちゃんにとって精神安定剤の役割を持っている指しゃぶりを無理やり止めるのは、赤ちゃんが深く傷ついてしまうことも。なかなかやめられずにいても、決して叱ったり怒ったりせず気長に待ちながら取り組みましょう。なかなかやめられなくても、成長して言葉が通じるようになってきたら他の止めさせ方にもトライできるので、気長にいきましょうね。

指しゃぶりの止めさせ方あれこれ

指しゃぶりの具体的な止めさせ方をいくつかご紹介したいと思います。

ばんそうこうを貼る

これは特に指しゃぶりで吸いダコができてしまったり、指がふやけたり皮がめくれたりしたときに有効です。その指にばんそうこうを貼って、しばらく指しゃぶりができない状況をつくるのです。ばんそうこうを嫌がる場合は、ばんそうこうにお子さんの好きなイラストを描いてあげたり、キャラクターもののばんそうこうを貼ってあげると◎。

ただ、ばんそうこうを自分で取ってしまう…という子もいるので、そういったときには包帯を巻いてあげるのも良いでしょう。ばんそうこうよりも包帯のほうが、小さなお子さんにはウケが良いという場合もありますよ!

シールを貼る
ばんそうこうと同じ要領で、お子さんの大好きなかわいいシールを貼ってあげましょう!これならばんそうこうよりも取る可能性が低くなりますし、指しゃぶり防止にもつながりますね。
手袋をする

ばんそうこうやシールと同じように、物理的に指しゃぶりをストップさせる方法のひとつです。子どもはママやパパの真似をするのが大好き。ママが試しに手袋をはめてみると、自分もやりたい!と言ってきませんか?それを利用して手袋をさせてみてください。お気に入りのキャラクターものの手袋があれば、家の中でもずっとつけているはずですよ。

指しゃぶり防止専用マニキュア!

バイターストップ/マヴァラ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

指しゃぶりや爪噛みをストップさせるためのトップコート。口に入れてもOKな安全成分ですが、苦みがものすごいので指しゃぶりをストップさせることができます!ちなみに、もし残ったらママのネイルケアに使えます♪

指しゃぶりを止める時期を宣言する

これはママやパパの言うことがだいぶ理解できるようになってきた、4~5歳のお子さんの場合です。「5歳の誕生日になったら指、やめよっか?」というと、意外とあっさりと止められるという場合があります。【指しゃぶり=赤ちゃんがするもの】というイメージはあると思いますので、お子さんも「お兄ちゃんになったから…」と言えば理解してくれることも少なくありません。

指しゃぶりが復活したら…!?

また、幼稚園や保育園に入園したとき、引っ越したとき、小学校に入学したとき…など、環境の変化によるストレスで一時的に指しゃぶりが復活してしまうことがあります。この場合、一日中指しゃぶりをしているようであればまた先ほどの方法で徐々にストップさせていきましょう。

ただ、夜眠るときだけ・家にいるときだけなどといった一時的なものであれば、あまり口を出さずに好きにさせても良いのでは。こういった場合ならお子さんの心が落ち着けば、自然と指しゃぶりがなくなっていくはずですよ。決して怒らず、トイレトレーニングと同じように気長に待ちながらお子さんのペースに合わせていってあげてくださいね。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア