口移しで食べ物をあげたりキスで虫歯菌がうつる!?

口移しで食べ物をあげたりキスで虫歯菌がうつる!?

口移しで食べ物をあげたりキスで虫歯菌がうつる

みなさん一度は聞いた事ありませんか?「赤ちゃんへの口移しで物をあげたりキスをすると赤ちゃんが虫歯になりやすくなる」とういう事。実は間違いではありません。口移しで食べ物をあげたりキスをしたりする事で虫歯になりやすくなるのは事実なんです。

ではナゼそうする事で虫歯になりやすくなるのでしょうか?赤ちゃんは生まれてきた時は虫歯菌がいないと言われています。虫歯菌で有名なのはミュータンス菌ですが、その他にも色々な虫歯菌があります。生まれてきた赤ちゃんには虫歯菌がいないのですが、ママやパパが口移しで食べ物をあげたりキスをする事で虫歯菌がうつるといわれいるのです。乳幼児は口の中の常在菌(常に口の中にいる細菌)がまだ定まっておらず、これから末永くつきあっていく細菌たちを決めている時期で、そんな時期に外から本来あまり入ってくるはずのない虫歯菌(ミュータンス菌など)が口移しで食べ物をあげたり、キスをする事で赤ちゃんの口に沢山はいっていき、虫歯菌が常在菌として居座ってしまうことになるため「虫歯のできやすい子供」になってしまう可能性が高くなる事が分かっているそうです。

スポンサーリンク

いつからいつまで気をつける?

これは歯医者さんによっても回答がまちまちなのですが、生後半年(歯が生え始める頃)から3歳頃まで気をつけるようにと言っているところもあれば、生まれてから2歳半頃まで気をつけるようにと言っているところもあります。なので、完璧に予防したいのであれば生まれてから3歳頃までは気をつけたほうがいいかもしれませんね。とは言っても虫歯菌がうつる可能性はママやパパからだけでなく、おじいちゃん、おばあちゃんなど孫がかわいすぎてついキスをしてしまったり、その他にも色々あると思うのですが、徹底的に虫歯菌を防ぎたい場合は赤ちゃん専用の食器、コップを準備する。家族が飲んだ物をそのままあげない。口移しやキスはしない。ママやパパ、常に近くにいる家族の口の中も清潔に保つなどですが、実際問題、難しいですよね。。かわいい赤ちゃんを目の前にしてキスをしないなんて。。虫歯になりやすくなるのは今説明した事以外にも食生活や歯磨き、規則正しい生活などいろいろな要因もありますので、完全に虫歯にならないようにしたい場合はその点も気をつけなければなりません。

以下関連コラム

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク