【男の子を産みたい!】妊活夫婦の1/3がしている「産み分け」その方法とは?


現在妊活中の夫婦、特に2人目、3人目を授かろうとしている夫婦には
「次は男の子がいい!」「1人目は男の子だったから女の子が欲しい!」など希望が出てくると思います。

そんな産み分けですが、昔は産婦人科に行くことが普通でした。
しかし現在では自宅でする産み分け方法が主流になっています。

今回は男の子を産むために自宅で出来る産み分け方法をご紹介します。

どうしたら男の子が産まれるの?


性別が決まる仕組みとしては精子と卵子の組み合わせです。
卵子はX染色体のみを持ち、精子はX染色体かY染色体のどちらかを持ちます。
その組み合わせが「X・X」なら女の子が産まれ、「X・Y」なら男の子が産まれるというメカニズムになっています。

男の子が産まれるには、Y染色体をもつ精子を受精させなければいけません。
そのためY染色体の精子の特徴を利用した産み分け方法をすることが重要です。

Y染色体の精子の特徴は以下のようになっています。

  • 精子の動きが活発
  • Y染色体はX染色体より数が多い
  • 酸性に弱く、アルカリ性に強い
  • X染色体(2~3日)に比べ、約1日と寿命が短い

排卵日に性行為をする

膣内は普段は酸性ですが、排卵日に近づくとアルカリ性になります。
そのため、排卵日当日は膣内環境がアルカリ性に近く、Y染色体の精子が活動しやすくなります。

また、動きが活発で寿命が1日と短い為、
排卵日の当日に性行為をすることでY染色体が受精をする可能性が高くなります。

男性が禁欲し精子を貯める

Y染色体の精子はX染色体の精子に比べ数は多いですが、
通常酸性の膣内を通るあいだに死んでしまいます。

受精の可能性を高めるためには、沢山の精子を送り込まなければいけません。
精液内の精子の数を増やすために必要なことは禁欲です。

しかも、Y染色体の精子とX染色体の精子の比率は1対1ではなく、
精液内の精子の数が増えるほどY染色体の精子が増えると言われています。

濃厚な性行為をする

Y染色体の精子を受精させるためには、膣内の酸性度を低くする必要があります。

性行為の際に女性がオルガズムを感じると、膣内にアルカリ性の粘液が分泌します。
そのため女性がオルガズムを感じたあとに射精することが大事です。

また、子宮口の近くには、アルカリ性の粘液が分泌されているので、
なるべく膣の奥で射精することでY染色体の受精確率を高めることが可能です。

リンカル(リン酸カルシウム)を摂取する

リンカルは、少量の鉄分を含んだ天然カルシウムです。
以前は、子どもの先天性異常を予防するためのものでしたが、
リンカルを服用した妊婦から産まれた子どもがほぼすべて男の子だったため、
男の子の産み分けに使用されるようになりました。

しかしなぜリンカルを服用することで男の子が産まれるかは、現在まだわかっていません。

おすすめは産み分けゼリーを使うこと

産み分けをより簡単にするために産み分けゼリーを使うことをおすすめします。
産み分けゼリーとは、女性の膣内のpH値(酸性度)を調整する効果があり、毎回の性行為の際に使うだけなのでとても簡単!

男の子を産み分ける際は膣内をアルカリ性にしてくれる産み分けゼリーを使います。

おすすめの産み分けゼリーは「ベイビーサポート」


簡単にできる産み分けゼリー、しかし実際使うとなると色々気になることが多いと思います。
「成分はどんなものが入ってるの?」
「母体や乳児に対して影響はないの?」

そんな方にオススメなのがベイビーサポートです。
ベイビーサポートは容器やゼリーもすべて日本製。
衛生面でも、手術室での基準値になるほど清潔な空間で作られています。
ゼリーの成分もすべて天然の成分なのでもちろん母体や乳児にも影響はありません。
自宅での産み分けを考えている方は是非使ってみてはいかがでしょうか?

>>ベイビーサポートをお得に購入する

産み分けをするあなたに

今回ご紹介した方法での産み分け成功率は8割ほどだそうです。
上記の方法を試しても1.2割の夫婦は産み分けが出来ないのが現状です。

希望の性別でない子どもを授かる場合もあるかもしれません。
しかし、性別はどうであれ自分の子どもは可愛いものです。

そんな場合でもどうかたくさんの愛情を持って我が子の誕生を夫婦で喜んで迎えてください。
あなたに元気な男の子が授かりますように。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。