子どもの大切な行事、七五三について

お布団?ベビーベッド?赤ちゃんの寝る場所を決めよう!

七五三

日本には、子どもに関係する行事がとてもたくさんありますよね。産まれてからすぐにお七夜やお宮参りといった、さまざまな行事があります。お七夜や命名式についてお宮参りについて

そして、もう少し大きくなってから…子供が3歳になると「七五三」が始まります。日本では11月になると七五三のために多くの家族連れが神社を訪れて、袴や着物姿のとてもかわいらしい姿を見ることができますよね。

この七五三というのは、本来どのような意味を持ったイベントになっているのでしょうか?また、どんな由来があって、今ではどのように正式に行うものなのでしょうか?意外と知らない七五三について、詳しく見ていきましょう!

七五三の由来、はじまりは?

そもそも七五三というのは、なぜ始まったのでしょうか?江戸幕府5代将軍・徳川綱吉が、長男の健康を祈って神社にお参りしたことがはじめだとされています。初めは関東のみで行われるようになったそうなのですが、だんだんと京都や大阪といった関西に、そして全国にも広がっていったと言われています。

七五三が行われるのは11月15日。

古来中国で使われてきた天文学(二十八宿といいます)において、鬼宿(たまほめ・きしゅくと読みます)という日にあたります。この日は鬼が外に出歩かない日という意味を持っているので、何をするにも吉!だと言われてきました。

また、旧暦の11月というのは作物の収穫を無事に終えて、そのことを神様に感謝するという月であるといいます。このことに併せて、氏神様へ自分の子どもの成長を感謝するということから、七五三が定着したということなんですね。では、七五三というのはなぜ3歳・5歳・7歳の年に行うのでしょうか?

数え年3歳
「髪置きの儀」とされています。3歳までは髪を剃るという習慣があったのですが、それを終えるための儀式が髪置きの儀です。これを行うのは女の子が多いのですが、男の子も行うことがあります。
数え年5歳
「袴儀」とされています。男の子が行うのですが、袴を着始めるための儀式だとされています。
数え年7歳
「帯解きの儀」とされています。これは女の子が行う儀式で、女の子が大人と同じような帯を結び始めるための儀式だとされています。

また、昔はまだ医療があまり発達していないということから、子どもの死や病気がとても多かったと言われています。無事に成長する子どもはとても運が良いとされていて、特に7歳までの子どもは神様がその運命を決める…ということから、七五三のように7歳までは神頼みということがあったそうです。

これらの儀式によって、男の子は3歳・5歳に七五三を、女の子は3歳・7歳に七五三を…と言われるようになりました。ただ、地域によっては性別問わず3・5・7歳すべての年で七五三を行うということもあります。

七五三ってどこでお参りするの?千歳飴って何?

七五三の由来がわかったところで、実際にはどんなことをすれば良いのでしょうか?

現在では、七五三のシーズンになったら袴や着物を着せ、神社にお参りをして祝詞(のりと)を挙げてもらうようになっています。その後、千歳飴(ちとせあめ)をもらって食べたり、記念撮影をして写真に残したり…ということが一般的な七五三ではないでしょうか。七五三といえば千歳飴!だと思いますが、なぜ七五三には千歳飴なのでしょうか。

千歳飴

千歳飴というと、とても細く長く作られていますよね。これは親が我が子に長生きしてほしいという願いを込めて「細く長く生きて」ということから、このような形になっているそうです。絵柄も鶴亀や松竹梅といった縁起の良いものになっていたり、飴自体も紅白のおめでたい色で着色されていたりするなど、とにかく子どもにとって縁起の良いものであるようにとされています。

この千歳飴は、七五三のお参りに神社に訪れるともらえることが多くなっています。そのほかにも、七五三シーズンになると和菓子店で売られていることもありますし、最近ではスーパーで手に入ることも。縁起物ですので、ぜひ食べさせてあげると良いでしょう。

さて、七五三にはまず近くの神社―――つまり氏神(うじがみ)様へお参りをするようにしましょう。氏神様というのはその地域の人が祀る神様のことを言い、その地域の人たちを守ってくれる、もっとも近い存在の神様だと言って良いでしょう。その氏神様のもとへお参りをして、祝詞を挙げてもらいます。

10月に入ったころから七五三シーズンとされ、神社では祝詞を挙げる予約申し込みを受け付けているところが多くなります。(予約なしでOKというところも多いですよ)自分の氏神様がいらっしゃる神社では、どのようになっているのか事前に調べておくと良いでしょう。

神社への料金(謝礼)ってどうするの!?

実際に七五三のために氏神様のもとへ行き、お参りをする…そこから、どうしたら良いのでしょうか!?

お宮参りなどのときもそうなのですが、神社にお参りして祝詞を挙げてもらうときにはその料金がかかります。一般的には3000~5000円程度と言われていますが、これは神社によって違ってくるので事前に調べておくようにすると良いでしょう。(※予約が必要な場合もあります!)

当日に社務所や受付に行き、支払いをします。真っ白な封筒、もしくはご祝儀袋(蝶結び・水引は紅白のもの)に「御玉串料」もしくは「御初穂料」と書いて、お金をおさめます。

神社への料金(謝礼)

神社によって方法や形式が違っていることがありますが、だいたいはこのような方法で料金をおさめます。

七五三は大安の日に行かなくちゃいけない?

こういったお祝いなどのとき、困るのが「吉凶」についてです。お祝いや結婚式といったときなどはやはり「大安」の日を選ぶことが多いかと思います。友引や先勝といった吉凶にはそれぞれ意味がありますので、やはりお祝いごとのときには大安を選ぶべき!という声が強いのも事実です。

しかし、七五三のときには家族や親戚が一緒に集まり、神社に訪れることを考えると絶対に大安!ということはありません。ママやパパ、もし一緒にお参りして集まるならばおじいちゃん・おばあちゃんの都合に合わせて、日にちを決めましょう。

七五三は本来11月15日とはされていますが、この当日はとても込み合います。10月に入るとすでに着物姿で神社を参拝する家族連れが多くみられますので、10月~11月いっぱいを七五三シーズンとみて、都合の良い日に神社に行くようにすると良いでしょう。

七五三はぜひ記念写真を撮りましょう!

お参りをすませたら、その後は写真を撮りましょう。3歳のとき、5歳のとき、7歳のとき…その時々で一瞬しかない我が子の表情は、ぜひ写真におさめておきたいものですよね。特に七五三のように袴や着物を着ている姿というのはなかなかないものですから、貴重なショットとしてぜひ写真に撮っておきましょう!特に写真スタジオや写真館でプロの撮影をしてもらうと、後々きれいに残るのでオススメ。誕生日や七五三など記念日には記念写真を!

筆者の子ども、七五三経験談

筆者の場合、3人の子どもがいて5歳・3歳と七五三がかぶりました。この場合、一緒に済ませてもOKということですので兄弟・姉妹で七五三を一緒に済ませてしまいましょう!

長男は3歳のとき、夫の実家から受け継いだ袴を着ました。そして5歳になった七五三では、ちょっと趣向を変えて着物ではなくスーツを着させてみようかということになりました。(とてもフランクな家庭なので、こういった家庭もあるんだという程度でご覧ください…)こちらの燕尾服も、夫が幼い頃に着たものだそうで、実際に息子が着るとピッタリだったため、これで七五三に行こう!ということに。

実際に神社に行くと男の子は袴の子、入学式の時に着るようなスーツの子に二分されていて、息子のような燕尾服の子はやはりいません。そのぶん、かなり声をかけられました。

服装

実はこの燕尾服、昔夫の母が作ったもの。一緒に七五三を迎えた次男に関しては、袴を完全拒否だったため幼稚園の制服を着させました。お子さんにもよりますが、着物や袴というのは普段の服とかなり違っているため、うちの子のようにお子さんによってはまったく着ない・拒否するという子もいらっしゃると思います。ですので、袴や着物だけでなくスーツや幼稚園の制服といった他の手段も事前に考えておくほうが良いでしょう。直前になって「これはイヤ!!」と拒否をする子もいると思いますので、当日大変な目にあわないようにするためにも着物・スーツ・ちょっとしたお出かけ着といったいくつかの手段を考えておくことをオススメします。

ちなみに、イヤイヤと言っていた次男でしたが神社でいただける千歳飴を持たせた瞬間、静かになりました…(笑)祝詞を挙げてもらうときはたくさんのお子さんと一緒になるかと思います、千歳飴をはじめ、このときを乗り越えるためのおもちゃやおやつを用意しておくのも良いかもしれませんね。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?