赤ちゃんの鼻水について

赤ちゃんの鼻水・鼻ずまり

赤ちゃんの鼻水

生まれたての赤ちゃんは、鼻の穴が狭く、粘膜が敏感でちょっとした温度・湿度の変化によって鼻づまりや鼻水をおこしたりと反応します。鼻水は病気のとき、ウイルスなどを外に出す役目もあります。しかし、風邪以外にも鼻の炎症を起こす病気はさまざまで、必要に応じて診察に行きましょう。

■鼻水が出た時の様子を見る

  • サラサラの鼻水がでている
  • 熱などの他の症状がないか
  • 食欲がない

上記の場合は、小児科を受診しましょう。

  • 目ヤニや涙目になっていたり、目に異常はないか
  • 黄色や黄緑色の鼻水がでる
  • 急にいびきをかきはじめ、鼻づまりがひどい

上記の場合は、耳鼻科の受診をおすすめします。

■緊急を要する鼻のトラブル

  • 急に鼻がつまり、苦しそう
  • 耳垂れが出たり、耳を触ると痛がる
  • 熱などの他の症状が治まらない

スポンサーリンク

鼻水・鼻ずまりで考えられる病気

風邪症候群
熱・鼻水の症状がある。
インフルエンザ
突然38℃からときに40℃以上の高熱を発し、悪寒、頭痛、筋肉痛、関節痛や全身の倦怠感がおこり、続いて咳やくしゃみ、鼻水、喉の痛みといった、風邪の症状が現れます。
アレルギー性鼻炎
アレルゲンが体内へ侵入する事で異物を排除しようと過剰反応し、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状があらわれます。
急性副鼻腔炎
炎症が副鼻腔まで広がってしまいます。黄色や黄緑色の鼻水が特徴。
鼻に異物混入
鼻がくさいなど感じたり、急に鼻がつまる。

お家で出来るケア

鼻水はこまめに拭きとったり、鼻水吸引器で吸い取ってあげ、空気が乾燥していると鼻水がひどくなるので、湿度に気を配りましょう。鼻の下のカサつきはワセリンや、軟膏を塗ってあげると良いでしょう。温かいものは、鼻の通りをよくするので蒸しタオルで鼻を温めたり、温かい飲み物も効果的。

鼻水吸引器

手軽に鼻水を吸引できる鼻水吸引器を紹介します。現在は、色々な吸引器が販売されていています。その中でも下記の2点は手軽に吸引でき、値段も安価なのでオススメです。

赤ちゃんの部屋オススメ 電動鼻水吸引器 AC-750 「おもいやり」

上の商品は電動鼻水吸引器 AC-750 「おもいやり」という商品で、電動で鼻水を吸引する事が出来る商品です。赤ちゃんの部屋では実際に購入し、レビューしています。

電動鼻水吸引器 AC-750 「おもいやり」のレビューはこちら

ママ鼻水トッテ

上の商品は「ママ鼻水トッテ」という商品で、耳鼻科の先生が考案した鼻すい器です。口で吸うタイプなので、吸引の強弱はママの口元で調整します。ダブルチューブで一旦すった鼻水はボトルにたまるので、
ママの口には入りません。

電動鼻水吸引器 ベビースマイル

上の商品は赤ちゃんの鼻水を手軽に自動で吸引できるタイプです。口で吸うタイプではないので衛生的です。上の画像をクリックすると使い方の動画などを見る事ができるページへ行きます。

赤ちゃんは鼻とのどをつなぐ「耳管」が大人に比べて太く短くかつ水平で、のどや鼻の細菌が中耳に浸入しやすい為、急性中耳炎が発症しやすいと言われています。赤ちゃんは自分で鼻水をかむ事ができないので、上記のような器具を使って鼻水を吸引する事で中耳炎の予防をしましょう。吸引器での中耳炎の予防は発症する前の家庭で出来る予防です。急性中耳炎を発症した場合は抗菌薬を服用する必要がありますので、医師の元で治療を続けましょう。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク