赤ちゃんにハチミツを与えてはいけない

赤ちゃんにハチミツを与えてはいけない

赤ちゃんにハチミツ

みなさん知ってましたか?1歳未満の子にはハチミツを与えてはいけないのです。なぜいけないのか?ハチミツにはまれにボツリヌス菌とういう菌が入っているものがあり、腸内細菌が未形成な1歳未満の乳児は、ボツリヌス菌の芽胞が腸管で発芽して、ボツリヌス中毒症をおこしてしまう場合があるのです。これを「乳幼児ボツリヌス症」といいます。

症状は、毒素は神経毒なので、赤ちゃんでは突然の便秘で症状がでます。その後次第に全身の筋力が低下し、ミルクの飲みが弱くなり、泣き声も弱くなり、ぐったりした様子になり、突然呼吸が止まることもあるので、もしハチミツを与えてしまって症状が出た場合はすぐに医師に相談しましょう。ちなみに、ボツリヌス菌は一般的な加熱調理では蜂蜜中の芽胞の除去は困難とされています。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク