赤ちゃんの笑顔の秘密

赤ちゃんの笑顔は本能

赤ちゃんの笑顔は本能

生まれたばかりの赤ちゃんは笑顔を知らずに生まれてきます。生後1ヶ月ぐらいになると赤ちゃんが笑ったように見えたり寝ている時に微笑んでいるように見えたりする事がありますが、実はその時の笑顔や微笑は生理的なもので、楽しかったりうれしかったりして笑っているものではないって知っていましたか?

新生児の赤ちゃんが笑ったり微笑んだりするのは実は本能なのです。生理的微笑や新生児微笑とも言われています。新生児の赤ちゃんは意識して笑顔を作っているわけでなく、本能の働きで生理的微笑をすることで周りの人が笑顔になり、優しくしてくれると分かるようになり、この表情は役に立つらしい、と感じて笑顔を繰り返すようになるのです。

赤ちゃんは人の表情をじっと見つめる事がよくありますが、その時に自分が笑顔の表情をするとそれを赤ちゃんの脳が情報としてキャッチし、同じような表情を作るように指令を送ることで、赤ちゃんに笑顔が生まれてくるので、ママやパパが毎日笑顔でいる事が赤ちゃんの笑顔に繋がるのです。逆に表情の乏しい人に囲まれて育つと、赤ちゃんも表情の乏しいまま成長していくことになります。赤ちゃんの周りの人の笑顔は赤ちゃんのその後の人生にも影響してくるんですね。なので、たくさん笑いかけたり話かけたりしてあげましょう!

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク