【臍帯血バンク】公的・民間何が違う?費用やメリットデメリットを解説!

テレビCMや雑誌などで良く目にするようになった“臍帯血”という言葉。
妊娠中のママや出産を経験された方の中には、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

臍帯血とは具体的に、何に使われているのでしょうか?
数ある臍帯血バンクのなかから、どのような基準で選んだらよいのでしょうか?

ここでは臍帯血の使われ方と、提供をする際の選択肢について、メリット・デメリットを交えて解説していきます。

臍帯血を保管し活用しているのが“臍帯血バンク”

“骨髄バンク”は聞いたことがあると思います。
骨髄バンクは、健康な人の骨髄データをあらかじめ登録しておき、病気の患者さんの治療に役立てるシステムです。

臍帯血バンクも骨髄バンクと同様、臍帯血を治療に使えるように保管するもの。
公的機関と民間企業の2種類があります。

「臍帯(さいたい)」とは「ヘソの緒」を指します。
つまり臍帯血とは、「ヘソの緒の血液」です。

ママの胎盤と赤ちゃんのおヘソは、ヘソの緒で繋がっていて、母体から赤ちゃんに栄養などを届ける、大切な役割を持っていることはご存知だと思います。
そんなヘソの緒から採取する臍帯血には、若くて強い繁殖力をもつ「幹細胞」※がたくさん含まれています。
その細胞を医療に役立てようと、保管し活用しているのが臍帯血バンクというわけです。

※幹細胞とは:
体をかたどる元となる細胞。
そのうち「造血幹細胞」は、赤血球や白血球、リンパ球、血小板をつくる元となり、「間葉系幹細胞」は、骨や筋肉、神経、軟骨といった組織をつくる元となっています。

では、そもそも臍帯血って何に使ってるの?

現在多くの臍帯血は、白血病の治療に利用されています。

白血病の患者さんは、正常に血液を作ることができません。
骨髄で血液が生成されるときに、悪くなった細胞が大量に増え、正常な血液の生成を邪魔することで、様々な悪い症状を引き起こしてしまうのです。
これを治療するには、悪くなった細胞を取り除いた後、正常な“造血幹細胞”を移植する方法が有効です。

白血病の移植治療のひとつに「骨髄移植」があります。
これは先ほどご紹介した「骨髄バンク」を利用して行われます。

骨髄バンクの難点は、移植までに時間がかかること。
適合するドナーを見つけ、骨髄の提供を受ける“コーディネート”に時間を取られるため、一刻を争う患者さんには命取りになりかねません。

その点、臍帯血はスピーディーに利用可能。
臍帯血バンクでは、いつでも使えるよう、あらかじめ血液を処理した状態で凍結保存しているためです。
臍帯血は、赤ちゃんの血液である特質上、移植の際にGVHD※が起こりにくいというメリットがあります。

※GVHDとは:
「移植片対宿主病(いしょくへんたいしゅくしゅびょう)」と呼ばれ、ドナーの細胞が、移植を受けた患者の細胞を「異物」認定した際におこる攻撃的な反応。
いわゆる「拒絶反応」のイメージに近いですが、実は拒絶反応はGVHDとは逆向き(つまり患者さんの細胞がドナーの細胞を攻撃する)に起こる反応を指します。

臍帯血は、再生医療に役立てようという研究も進められています。
特に成果をあげているのが、小児脳障害の研究です。
最新の臨床研究では、自閉症自己免疫疾患の治療にも有効であるとの研究成果が報告されています。

これから臍帯血の幹細胞研究が進み、白血病以外の様々な病気の根治に活用されると期待されています。

2種類の臍帯血バンク-公的と民間-

臍帯血の採取タイミングは、赤ちゃん出産後、胎盤が母体から出る前の時点です。
採取のときは、へその緒の血管に針を刺しますが、赤ちゃんはもちろん、ママにもまったく痛みや危険性はありません。
分娩自体に影響はありませんから、安心して臍帯血の提供ができます。

このタイミングでしか採取できない臍帯血は貴重なもの。
有効活用したいところです。

仮に自分の子どもが白血病になってしまった場合、保管した臍帯血を利用して治療することができるのでしょうか?

その答えは、イエスでもありノーでもあります。

臍帯血の所有権?

臍帯血の採取には、公的機関と民間機関の2種類がありますが、それぞれで採取した臍帯血の所有先が異なってきます。

公的バンク

公的バンクに依頼をした場合には、自分の提供した臍帯血を、自分の子どもや家族のために使うことはできません。
あくまで、公共の移植提供サービスに「寄付」をするからです。

もし通っている産科で「臍帯血の提供をしたい」と意思表示をした場合には、公的に運営されている臍帯血バンク(公的バンク)へ無償で寄付する形になります。
世界中で困っている白血病患者の治療や先進医療の研究に役立てられるでしょう。

民間バンク

一方、民間バンクに依頼をした場合には、自分の保存した臍帯血を、自分の都合でいつでも使用することができます
民間バンクは元々、個人利用の目的で臍帯血を保管するサービスだからです。

公的機関と民間の最大の違いは、この「自分のために使えるのか」という点です。

民間バンクを利用する場合には、数ある民間バンクの中から自分で会社を選び、個人的に契約(有料)をすることで赤ちゃんの臍帯血を保管することができます。
将来、子どもや家族に移植治療が必要となった時に、その臍帯血を利用することができるのです。

じゃあ民間バンクの方が良いの?-メリット-

民間バンクを利用した臍帯血の私的保存のメリットは、なんといっても適合率の高さです。
交通事故などで手術中に、血液が不足したら、病院では輸血を施す場合がありますが、その時に注意しなくてはならないのが「血液型」です。

臍帯血も同じように、移植に利用する場合は血液型(主に白血球の種類)に注意しなくてはなりません。
もし万が一、型の合わないもの同士で移植を行えば、高確率で拒絶反応が起きてしまいます。
それは最悪の場合、命を落とすことにもなりかねません。

では臍帯血の細胞を移植する場合の適合率を、対象別に見てみましょう。

【細胞移植時の適合率】

  • 非血縁者:数百万~数千万分の1
  • 兄弟:4分の1
  • 本人:100%

適合率の高さ、これが民間バンクを利用する最大のメリットです。

メリットは分かったけど金額はいくらなの?-費用-

公的バンクに寄付する場合は無料です。

対して民間バンクは、一般企業による“商品”ですので、当然有料になります。
おおまかですが保管を依頼する際には、下記のものが必要となります。

【臍帯血の私的保存(民間バンク)にかかる費用】

  • 最初にかかる初期費用
  • 臍帯血の採取などの処置料
  • 保管にかかる保管料

一般的に10年間の契約で、上記合わせて約20~30万円の費用が必要になるようです。

民間バンクの利用を決める前に-デメリット-

高額な費用がかかる民間バンク。
どのようなデメリットがあるのかみていきましょう。

使わないかもしれないのに高額?

民間で保存している臍帯血を、実際に移植として使うことがあるのでしょうか?
結論から言えば、上記の費用を支払って、将来の保険として保存していたとしても、使わないまま契約が終了する事もあります。

白血病の発症率は10万人に7人、そのうち移植が必要な慢性骨髄性白血病の発症率は1人です。
まさに「万が一のために掛ける保険」と言えるでしょう。

“統一規格”がないのもネック

更に懸念されているのが、保存状態や衛生状態といった品質管理上の問題です。

公的バンクでは、日本赤十字社が国からの指定機関となり、公共機関として運営されています。
衛生管理にも、厳格な基準が定められています。
公的バンクと提携している病院側にも、採取や保管に厳しい基準を設けていて、基準をクリアできていない病院では、臍帯血の提供ができないようになっているのです。

一方の民間バンクはその限りではありません。
各会社が定めた基準で運営されているのです。
明確な基準がない分、信頼できる会社を見つける必要があります。

臍帯血では量が足りない可能性も

そしてもう一つ、民間バンクのデメリットとして考えられることがあります。
治療に十分な血液量や幹細胞数を確保できない可能性です。
これは、スタッフの技術的な問題以前に、臍帯血の量や質に個人差があることが大きな原因です。
せっかく臍帯血を保管していても、いざ手術となったときに量が足りず、公的バンクを利用するケースもあります。

実際に保管した臍帯血を利用することがあるのか、臍帯血の保管状態は適正に行われているのかなど、支払った費用に見合うだけの保障と担保が確保できないというのが、最大のデメリットと言えるかもしれません。

あなたは何を選択しますか?-まとめ-

まとめると、臍帯血の機関ごとに次のようなメリット・デメリットがあります。

【公的バンク】

●メリット

  • 社会に貢献するという意味でとても意義がある。
  • 無料で行える。

 
●デメリット

  • 自分の都合で使うことができない。
【民間バンク】

●メリット

  • 必要に応じていつでも利用可能。
  • 拒絶反応が少ない。

 
●デメリット

  • 保存状態が悪かったり血液量が不足していると、いざという時使えない。
  • 費用がかかる。

そもそも臍帯血の提供は個人の自由です。
寄付や保存をしないからダメということではなく、それもひとつの選択です。

公的バンクに寄付をする場合、「困った人を助ける」というとても意義のあるものになります。
けれど臍帯血の採取は、どの病院でも対応しているわけではありません。
興味のある方は、事前に提携病院の情報を調べておきましょう。

民間バンクに保管を依頼する場合、「子どもや家族の将来に備える投資」という意味で、得難いものとなるでしょう。
ただし、費用がかかりますし、いざという時使えないのでは意味がありません。
デメリットやリスクを理解した上で、信頼できる企業をみつけておきましょう。

出産は、沢山の奇跡が積みあがってできるもの。
赤ちゃんとともに誕生する臍帯血の行方を考えることは素晴らしいことです。

この解説が、少しでも考えるお役に立てたのなら、うれしく思います。

気に入ったらシェア

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク