おしるしとは?臨月なら出産の合図?陣痛はすぐに始まる?

出産予定日が近づくと、そろそろ赤ちゃんと会えるという楽しみとともに、出産への不安を抱える方は少なくありません。

陣痛が起こる前にあるという「おしるし」とはいったいどのようなものでしょうか。

おしるしって何?

おしるしは、出産直前に出てくるおりものの一種です。

出産が近づくと、子宮収縮により、前駆陣痛がおこります。
その子宮収縮で、赤ちゃんを包んでいる「卵膜」の一部がはがれ、子宮壁との間に隙間ができ出血することがあります。

そのときに、子宮口の蓋をしてたゼリー状の「粘液栓」がはがれ、子宮頚管の粘液と混ざって出てくるものを「おしるし」といいます。

医学用語では「産微」と言います。

おしるしは、初産婦だけでなく、出産経験がある経産婦にもあります。
経産婦の場合は、おしるしから陣痛までの時間が短いケースが多いので、おしるしを確認したら「赤ちゃんとの対面までもうすぐだ」と思って準備をするとよいでしょう。

また、おしるしではない出血もあります。
膣はとてもデリケートなので、内診を行うときに、膣内に傷ができてしまう場合があります。
内診後の微量な出血は、とくに気にする必要はありません。

おしるしの色や量

おしるしは少し粘り気があり、色は赤やピンク、茶色だったりと人それぞれです。
量も少ししか出ない人もいれば、月経のように鮮血が多く止まらない人もいます。

妊婦に必ずおしるしがあるわけではなく、多くの人はおしるしがないまま出産しているようです。
出産は十人十色といいますから、出産までの過程もさまざまのようです。

おしるしに備えましょう

おしるしがないまま出産を迎える人もいますが、妊娠後期になったらおしるしがいつ来てもいいように準備しましょう。

少量の場合はナプキンでまかなえますが、量が多い時や陣痛を感じるときは、破水にも備えられるお産パットを用意しておくと安心です。

臨月になると、日頃からおりものシートやナプキンなどを下着につけるようにし、おりものの状態や出血がすぐに分かるようにしておくとよいでしょう。

帝王切開での出産を予定している方のなかに、おしるしから緊急帝王切開となるケースがあるようなので、心の準備をしておくと慌てずに済みそうです。

おしるしから陣痛までの時間

おしるしがきたら、どれくらいで陣痛になるのか気になりますが、これも個人差があり、必ずすぐに陣痛がくるわけではないようです。

おしるしの直後から陣痛になる方もいれば、おしるしから2週間後に陣痛が起きたという方もいます。

また、最初のおしるしがあってから、何度もおしるしがあるケースも。

おしるしの後はどう過ごす?

おしるしがあってから、すぐに陣痛が来る人もいます、そうでない方もいます。

いつ陣痛がくるかはさまざまですが、赤ちゃんとの対面が近づいている証しなので陣痛や破水に備えておきましょう。
準備以外は、普段通りの生活を行って問題ありません。

外出

おしるし以外に何も異常がなければ、外出するのもよいでしょう。
外出するときは、母子手帳を忘れないようにすると安心です。

妊娠中、とくに臨月になると、外出先で容体が変わるといったケースが考えられます。
そんなときに、すぐに病院に行けるように連絡先と母子手帳は携帯しておきましょう。

入浴

入浴もいつもどおりで大丈夫です。
もしも、おしるしがきた後に、感覚の長い陣痛があるときは、早めに入浴を済ましてしまうとよいでしょう。

前駆陣痛であればいつも通りでよいですが、本陣痛だと徐々に痛みの間隔が短くなり、痛みが強くなります。
痛みが強くなる前に入浴を済ませておくと安心です。

陣痛がはじまったら産院に

おしるしから陣痛がはじまり、病院に行く目安は、初産の場合は陣痛の間隔が10分置き、経産婦は15分置きになってから、といわれています。

初産は、子宮口が開くまでに時間がかかるため、10分間隔になるまでは自宅待機となるケースがほとんどです。

2回目以降の出産は子宮口が開きやすく、初産に比べると出産を終えるまでのスピードが早くなるケースが多いようです。
初産と比べると、おしるしがあってから陣痛や、破水までの時間が比較的短いといわれています。
おしるしがあったら入院準備を進めてもいいでしょう。

陣痛タクシー

陣痛の間隔が狭くなってきたら、いよいよ移動です。
もしもの破水に備えて、お産パットをつけておきましょう。

病院への移動に便利なのが、陣痛タクシーです。

あらかじめ出産予定日や病産院、お迎え場所を登録をしておくと、スムーズに送り届けてもらえるシステムです。

救命講習を受けたドライバーさんが迎えに来てくれるだけでなく、専用車両のため破水に備えてあり、安心感が人気です
年々利用する人が増えているようです。

気を付けたいこと

「おしるしかな?」と思う出血があったときに、出血量が多く止まらない、強い痛みがある場合は、すぐに産院に連絡をしましょう。

お腹が痛い出血

お腹に急な激痛があった場合は、胎盤がはがれかけている可能性があります。
赤ちゃんがまだお腹の中にいる状態で、胎盤がはがれてしまうことを「常位胎盤早期剝離」といいます。

常位胎盤早期剝離は、母子ともに危険な状態です。

赤ちゃんは胎盤から酸素や栄養を吸収しているため、胎盤がはがれてしまったら命にかかわります。
また、ママは胎盤がはがれた部分から大量出血を起こし、危険な状態になることも。

痛みに加え、お腹がカチカチに張っている場合などは、出産する医療機関に電話をしてすぐに対処をしましょう。

出血量が多い

出血がだらだらと止まらない場合や、出血量が多い場合は、痛みがなくても必ず病院へ連絡しましょう。

37週未満の出血

臨月でも37週より前の場合は早産の可能性があります。
出血があった場合は、必ず産院に連絡をしましょう。

破水があった

破水があった場合は入浴しないでください。
赤ちゃんを包む卵膜が破れたことで羊水が流れ出ている状態が破水です。
卵膜が破れたことで赤ちゃんが感染症にかかりやすくなりますので、入浴はしないで直ぐに病産院に電話してください。

おわりに

おしるし→陣痛→破水→出産が一般的な出産までの流れとしていわれますが、必ずしもそうではなく、非常に個人差が多いのが出産です。

おしるしがあったら、その時期や量、お腹の張りに気を付け、落ち着いて判断しましょう。
心配なときや異常を感じたときは、すぐに出産する医療機関へ連絡をし、医師や助産師から指示を受けてください。

おしるしは赤ちゃんに会えるサインです。
すぐに陣痛がなくても、赤ちゃんは準備し始めているので、いつ陣痛や破水が、起きてもいいようにしっかり備えましょう。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。