赤ちゃんの発疹

発疹が出たら

赤ちゃんの発疹

赤ちゃんの肌は敏感なため、発疹はとても多い症状です。発疹にはウイルス感染症の発疹と、アレルギー性・アトピーの発疹と様々です。感染症の発疹の場合、うつす可能性があるので、人との接触に注意が必要となります。あせもや、アトピーに関してはうつりません。発疹を自己判断で決めつけ、誤った手当をすると症状を悪化させてしまう可能性があるので、小児科や皮膚科を受診しましょう。発疹が出たら下記の項目をチェックしておきましょう。

  • 発疹はいつから出はじめたか
  • 発疹の色・形・状態はどうか
  • からだのどの部分に出ているか
  • 熱などほかの症状はないか
  • 水ぶくれができているか

発疹で考えられる病気

あせも
ひたいや首すじ、背中、わきの下など汗がたまりやすいところに赤いポツポツができるのはあせもの発疹です。
おむつかぶれ
おむつがあたる部分や陰部に出てくる湿疹です。肌が赤くなったり、赤い点々が出てきたり、盛り上がった湿疹が出てきたり、じくじくしたり、皮膚がめくれたりする皮膚炎です。
蕁麻疹
みみずばれのように皮膚が盛り上がり、かゆみを感じます。蕁麻疹は発疹の出ている部分が24時間以内に消えて別の場所に出てくるのが特徴です。
手足口病
その名のとおり手足と口にできる水疱状の発疹が特徴。
食物アレルギー
ある特定の食物を飲んだり食べたりすることによって起こる、アレルギーで、皮膚にかゆみのある発疹が出てきます。食物アレルギーについてはこちら
アトピー性皮膚炎
顔や首、膝や肘のくぼみにかゆみを伴う発疹が繰り返し出現します。アトピー性皮膚炎についてはこちら
とびひ
じゅくじゅくになった患部に水疱ができる状態で、重症化すると発熱を伴います。
突発性発疹
39~40℃の突然の発熱の後に解熱するとともに全身に発疹が出てきます。
はしか
発熱や咳・くしゃみ・鼻水など風邪のような症状が出て唇や頬の裏側に白斑が現れます。
水ぼうそう
初期症状は1~2個程度の虫刺されのような湿疹が出て、その後、水を含んだ水泡が現れて1日かけてゆっくりと全身に拡がってきます。
風疹
はしかに症状が似ていますが。まったく別の病気で、症状は発熱と同時に全身に赤く細かい発疹が3~5日出ます。又、リンパ節が腫れたり眼球結膜充血などの症状もあります。
川崎病
色々な症状が見られる病気です。5日以上の発熱。結膜の充血。皮膚の発疹。唇が赤くただれる。リンパ節の腫れ。手足の先が赤くなり、硬く腫れるなどの症状があります。

スポンサーリンク

お家で出来るケア

皮膚の清潔を保つ事が一番大切です。また発疹が出ている部分をひっかいてしまわないように爪を短く切って、肌を傷つけないようにしましょう。お風呂に入れる際は発疹の出ている部分を強く洗うのではなく良く泡立てた泡で優しく洗うようにします。感染の可能性がある病気の場合はタオルを別々に使用するなどの対策をしましょう。発疹で考えられる病気が数多くあるので、発疹が見られる場合は医師に相談しましょう!

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク