赤ちゃんの夏風邪ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナって何?

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナという言葉を聞いた事がありますか??あまり聞き慣れない言葉ですよね。ヘルパンギーナとは、夏かぜの一種で、毎年夏になると流行します。感染者が警報発令レベルに達する事もあるので、いざという時の為に、ヘルパンギーナについて知っておく必要があります。一緒に学んでいきましょう!

どのように感染するの?

ヘルパンギーナは、「コクサッキーウイルス(A型とB型)」「エコーウイルス」「エンテロウイルス(68型~72型)」というウイルスの感染によって引き起こされる感染症です。見て分かる通り、ヘルパンギーナには複数のウイルスが関係している為、1度感染したから二度と感染しないという事はありません。1度感染していても違うウイルスから感染する可能性があるので、2度も3度も感染する可能性があるという事を覚えておきましょう!

ヘルパンギーナは、患者のほとんどが4歳以下と言われており、主に乳幼児が発症する感染症の1つです。飛まつ感染・接触感染によって感染すると言われています。

飛まつ感染
感染者のくしゃみや咳などを浴びる事で感染する。
接触感染
感染者が遊んだ玩具(唾液や鼻水が付着した玩具)で遊ぶことで、手に付着したウイルスを口に運んでしまい感染する。

ヘルパンギーナに感染した赤ちゃんが回復してくると、便からウイルスが排出されます。その便やオムツを処理した後は、しっかりと手洗い・消毒を行いましょう。手洗い・消毒を疎かにしてしまうと、ママの手に付着したウイルスが、他のお子さんへの感染を拡大させてしまう可能性があります。

また、稀に大人でもヘルパンギーナに感染してしまう可能性があります。大人の場合は、子供よりも重く症状が出る事が予想されます。この「コクサッキーウイルス」は、色々な消毒剤に対して比較的高い抵抗性を持つウイルスだと言われています。なので、いつも以上に手洗いや消毒、うがいをしっかりと行いましょう。

流行時期は?

毎年5月頃から、少しずつ患者が増えていき、6~7月にピークを迎えます。8月には患者数が減少していき、9月頃には完全に終息します。

ヘルパンギーナに感染した際の症状とは?

潜伏期間は2~4日となっています。

感染した際の症状

まずは、高熱(38~40℃の熱)が出ます。その後、喉が赤く腫れてきます。ここまでは普通の風邪とあまり変わりありませんが、ヘルパンギーナに感染している場合は、喉の奥をのぞいてみると、2ミリ~4ミリ程度の水泡が数個~数十個ほど見つかります。熱は2~4日ほどでは治まります。ですが、喉の奥にある水泡が潰れ、クリーム色のような潰瘍(口内炎のようなもの)になります。水泡(潰瘍)部分は、発症から1週間程度で治ります。

どのような治療が必要?

熱が出て、喉の腫れを確認したら、かかりつけの小児科へ受診しましょう。病院で注意事項を聞き、お薬を貰ったら、とにかく家で安静にさせましょう。発症してから、完治するまでの約1週間は、他の子に感染させてしまう恐れがあります。

感染してから回復までの流れ

完治するまでは、外出を控えるようにしましょう。

発症から2~3日で水泡が潰れます。潰瘍(水泡がつぶれた後の部分)がとても痛む為、ゴックンと物を流し込む作業が苦痛になってしまいます。たとえて言うなら、複数の口内炎が喉の奥に出来るような感じです。その為、赤ちゃんの食欲が減退しますが、食欲がなくても、柔らかい食べ物を与えたり、水分はしっかりと補給させ、高熱による脱水症状を引き起こさないよう気をつけましょう。

水分などは、水泡の部分がしみない様なものを選ぶようにしましょう。例えばイオン飲料や常温水などです。果物系は、しみるものがありますので赤ちゃんが嫌がります。ママ自身が、口内炎になった時の事を思い出し「しみるから避けたい」と思う食べ物や飲み物を避けてあげればいいと思います。

また、熱は2~3日程度ではだんだんと引き始めますが、4~5日を経過しても熱が全然下がらず、未だ高熱を出しているといった場合は、髄膜炎等を併発している可能性がありますので、すぐに小児科を受診しましょう。

ヘルパンギーナの予防法は?

今現在、ヘルパンギーナの抗ウイルス剤や予防ワクチンは開発されていません。なので、発症を確認したうえで病院へ行き、病院から頂いた薬などで治療していくしか方法がありません。ヘルパンギーナに感染しないことが一番なのですが、飛まつ感染・接触感染で拡大するウイルスは、とても避けにくいものです。

  • 玩具の貸し借りは避ける
  • 赤ちゃんの手洗い・消毒・うがいは念入りに
  • オムツ替えの後は、ママ自身も手洗い・消毒もしっかりと

感染症が流行する時期は、上記の内容を守るようにしましょう。

様々な感染症が流行する冬の時期以外にも、感染するウイルスがある事を頭に入れておき、日頃から手洗い・消毒・うがいをしっかりと行う事が大切です。

妊婦でも感染する事はあるの??

ヘルパンギーナは、4歳以下の乳幼児に多い感染症ですが、妊婦さんも稀に感染してしまうことがあります。上にもお子さんがおり、そのお子さんがヘルパンギーナに感染してしまった場合に、看病やオムツ替えから、ママへ感染してしまう事があります。妊娠している場合、一番に心配になるのが「お腹の子にも感染するの?」「後遺症など残らない?」という事です。妊娠初期~後期までに感染した場合は、ほぼ100%お腹の子には害がないと言われていますが、出産直前にペルパンギーナに感染してしまうと、新生児にヘルパンギーナや手足口病を引き起こす「エンテロウイルス」が感染してしまい、稀に重症・死亡といった事が起こります。出産間近の時に、上のお子さんがヘルパンギーナに感染してしまった場合は、近所に身内がいる場合は頼って助けてもらいましょう。また、手洗い・うがい・消毒はしっかりと行いましょう!

保育園や幼稚園などに通っているお子さんは、感染症に感染しやすい傾向にあります。ヘルパンギーナだけでなく、他のウイルス(インフルエンザ等)も、子供が学校から持ち帰ってくる事により、「家族全員が寝込んだ」という話もよく耳にしますよね。いつ・どこで感染するか分からないウイルスに対抗する為に、日頃から手洗い・消毒・うがいを徹底して行う事を教えておきましょう!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。