内祝いを持っていく時期や金額など内祝いについて知っておこう!

内祝いを持っていく時期や金額など内祝いについて知っておこう

内祝いを持っていく時期や金額

出産して、まずやる事と言ったら、お友達にメールやSNSなどで報告という方も多いのではないでしょうか。私自身も「○日の○時○分に女の子の赤ちゃんが生まれましたー!」なんて報告をよく目にします。親戚や身内の方以外にも、報告を受けた友人が、続々とお祝いを持ってかけつけてくれます。その際に気になるのは、内祝いはいくらくらいの品物を返せばいいのか・・・いつ頃持っていけばいいのかという点ではないでしょうか。今回は、内祝いに関することをまとめてみました。

お祝い返しはいつ頃持っていく?

内祝いに関する疑問の中でダントツ多いのが「お祝いのお返しっていつもって行けばいいのかしら?」という疑問です。お祝い返しの時期は、お祝いを頂いてから1カ月以内が理想的だといわれています。必ず1カ月以内にお返しを持っていかなければいけない(送らないといけない)という決まりはありませんので、赤ちゃんやママの体調面をみて、相手の方と時間が合うときに持っていくようにしましょう。内祝いのお返しがあまりに早すぎるのも相手が気を使ってしまうのでいけないとされていますので注意しましょうね♪

お返しの金額はいくらくらいなの?

お祝い返しの金額は、いただいたお祝いの半額程度の値段がいいといわれています。お金を頂いたときは、はっきりとした半分の金額がわかりますが、物を頂いたときは大体の目安での計算となります。出産までに様々なグッズに目を通しているママ達であれば、頂いた商品の大まかな値段が分かるかと思います。あまりにも少ない金額でお返ししてしまわないように気をつけましょうね♪

どんなものがいいの?

出産祝いのお返しの定番といえば、タオルやお菓子、紅茶やコーヒー、パスタセットなどの日用品や食べ物が多いです。近年増えているのはカタログギフトです。カタログギフトは、相手が欲しい品物を選ぶことが出来るので、不要なものをあげてしまう心配がなくなります。カタログギフトは予算に合わせて様々なタイプが用意されているので、ぜひ活用してみてください♪内祝いの紹介はこちら

内祝いの のし紙の水引は?

意外にのし紙の水引の事を分からない方も多くいるかと思います。

内祝いののし紙の水引

内祝いの場合は、紅白ちょう結びです。ちょう結びの意味は、何度でも結びなおすことができるという事から「何度あってもよい」という縁起の良いお祝い事などで用いられます。結婚式は、何度あってもよいお祝い事ではないので、ちょう結びではなく「結び切り(一度結ぶとほどけない)」ですよ♪水引に関して詳しくないという方は、そこは注意しましょうね♪

のし紙には、赤ちゃんの名前と読み仮名を入れましょう。地域によっては、別添えで命名用紙をつける場合があります。その場合は、地域のしきたりに従いましょう。

内祝いとは

文字通り我が家におめでたい事(内のお祝い)があったので、喜びを品物に変えて、みんなにも一緒に喜んでもらう、幸せを分かち合うという意味があります。今ではお祝いのお返しとして内祝いをお返ししますが、昔はお祝いを頂く前に内祝いを配って、みんなに嬉しいことの報告をしてまわっていたという風習があったようです。

お祝いを連名でいただいた場合のお返し方法は?

職場や友人などから連名でお祝いを頂くことが意外に多いです。その場合は、頂いたお祝いの金額を半分に割って、割ったお金を人数分に分けてお菓子や紅茶などを個人個人にお返ししてもいいですし、職場の方々から連名で頂いた場合は、たくさん入っているお菓子をまとめて一つお返しするのも手です。連名で頂いた場合のお返しは、これといったルールはありませんので、金額と人数に応じて決めましょう。

退院してだいぶ経ってからお祝いを頂いた場合・・・

お祝いは「おめでとう!」という気持ちを表したものです。その気持ちに早いも遅いもありませんし、生まれてすぐに頂いたものだけが「出産祝い」というわけでもありません。
なので、出産からだいぶ時間が経過した頃にお祝いを頂いた場合も、同じように1カ月以内にお返しを贈りましょう。それがお金ではなく、品物であった場合も同様です。

お返しで選んではいけないものってあるの?

出産祝いのお返しとして、選ばないほうが良いとされているものは「お茶」や「海苔」です。お茶や海苔は法事のお返しの品としてよく使われるものなので、親世代の方々は出産祝いのお返しで「海苔」や「お茶」を頂くといい気はしないようです。これ以外にも地域の習慣などで禁止されているものがある場合がありますので、そこらへんはご両親に確認してみてくださいね。

感謝の気持ちをこめてお礼のお手紙を添えよう

内祝いを贈る際に、赤ちゃんの写真と手書きのお手紙を添えるとより喜んでもらえます。手紙の内容としては・・・頂いたものへのお礼と、母子ともに元気である事、名前が決まったという報告を添えるといいでしょう。

お礼のお手紙

身内や会社の上司など、目上の方にはこのようにしっかりとした印象の手紙が好印象です。お友達などには、もう少し楽に、いつも通りのように文字を崩してもかまいません♪

頂いたお祝いなどは、ノートなどにしっかりと書き留めておきましょう。ギフトノートを1冊作っておくと便利ですよ。出産以外にも、自分自身がプレゼントしたもの、お返しとしていただいたものなどを書き留めておくと、後々とても便利です。その際に、頂いたものに住所などの記載がある場合は、住所もきっちり書き留めておきましょう!

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク