赤ちゃんのひきつけ(けいれん)

ひきつけ(けいれん)を起こしたら

赤ちゃんのひきつけ(けいれん)

ひきつけは、全身または体の一部が、本人の意思とは無関係に筋肉が発作的に動いてしまうことを言います。手や足を突っ張り、全身を硬直させている状態のことです。ひきつけとけいれんは同じような意味で使われます。

子どもに多いひきつけは「熱性けいれん」です。乳幼児の発熱時に起こるけいれんを言い、数分でおさまり、後遺症はありません。ほとんどの熱性けいれんは1~2回で起きなくなります。こどもがひきつけを起こすと、気が動転してしまいがちですが焦ると逆効果になってしまうので、深呼吸して冷静になり、下記の点に注意しながら様子を見ましょう。

  • ひきつけが5分以内に収まる
  • 大泣きをした直後にひきつけを起こす
  • 収まった時に意識はあるか

緊急を要するひきつけ

  • ひきつけが5分以上続く
  • ひきつけをくり返す
  • 意識が戻らない
  • 嘔吐を伴う
  • 熱がないのにひきつけを起こす

ひきつけをともなう病気

熱性けいれん
生後6カ月頃から5歳くらいまでに多く見られ、38℃以上の発熱に伴って起きるけいれん
泣き入りけいれん(泣き入りひきつけ)
乳幼児が大泣きした後、呼気(息をはいた)状態のまま、呼吸停止し、顔色不良、意識喪失し、全身の脱力(ぐったりする)やけいれんなどを起こす病態を「泣き入りけいれん(憤怒けいれん)」といいます。
急性脳症
急に発症する中枢神経障害。40度近い高熱・下痢・吐き気、けいれん、意識障害などが現れます。症状が見られる場合はすぐに病院へ行きましょう。
急性脳炎
単純ヘルペス、はしか、風疹、水疱瘡などのウイルスが原因となります。突然高熱がでて、頭痛、嘔吐、うなじの硬直、ひきつけ、急激な意識障害、手足が麻痺するなどの症状があります。はしかや風疹、水疱瘡の感染時や感染後にこのような症状が見られる場合はすぐに病院へ行きましょう。
髄膜炎
発熱、頭痛、嘔吐、けいれんなどが起こりますが、風邪やウイルス性胃腸炎と症状が似ているため、初期の段階では診断をするのが難しい疾患です。発症した場合、後遺症(難聴、精神や運動の発達遅滞、水頭症など)を残す事もあり、死亡するケースもあります。
てんかん
脳の神経細胞の一部が異常に興奮しやすいため、ひきつけなどの発作を繰り返す病気です。熱がないのに繰り返し発作が起こるようなときは、てんかんの疑いがあります。

お家で出来るケア

ひきつけを起こした時、まずはあわてずに冷静になり、平らな場所に寝かせ顔を横向きにさせましょう(吐いたものが気道に詰まらせない為)。次に衣類を緩めてあげ、ひきつけが収まったら、病院へ連れて行きましょう。

やってはいけない事

  • 意識があるか確認するために体を揺さぶる
  • 強く抱きしめる
  • 舌をかまないようにと、ハンカチや割り箸を入れない

子どもがひきつけを起こした時の経過をしっかり覚えておくと、診察での参考になります。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?