【助産師が教える】赤ちゃんの頭の「向きぐせ」ケア

赤ちゃんの頭の形を気にしているママは少なくありません。
「絶壁?」「ゆがんで見える」「このままでいいの?」と、心配な声をよく耳にします。
赤ちゃんの頭は、なぜ向きぐせがついてゆがむのか、またご自宅でできるシンプルなケアについてご紹介します。

向きぐせの原因とは?

そもそも赤ちゃんの頭は出産のときに母子双方に負担がかからないよう、わずかに変形して生まれてきます。
具体的には以下のように、骨と骨のつなぎ目が重なるようにずれて頭の大きさを小さくして生まれてくるからです。

つまり、ママのおなかの中にいるときに、赤ちゃんの背中が左にあったら頭の右側が上に、
赤ちゃんの背中が右にあったら頭の左側が上になるように重なって生まれてくるのです。

おなかの中にいるときにはこのような姿勢をしているから…

生まれてくるとこのように変形していることがあるのです。

このように、赤ちゃんは多かれ少なかれ頭の形が少しゆがんで生まれてくるのは、ママにも赤ちゃんの体にも、負担を最小限にするための素晴らしい工夫なのです。
逆子の場合はお尻から生まれてくるので、このような頭の変形はありません。

向きぐせがひどくなりやすい生活

そして生まれた後も、おなかの中にいた時の懐かしい姿勢を好むため、右向きもしくは左向きの姿勢をしていることがあります。

お世話をしているパパやママが「この子は右向きが好きなのだからこのままで」と寝かせていると、どんどん片側をむき続けてしまい向きぐせが悪化してしまうこともあります。

家庭でできる簡単なケア

頭の形がゆがんでいるかなと感じた時に、ご家庭でできる簡単なケアをご紹介します。

それはとってもシンプル。

右側を向いている赤ちゃんなら、右側を見てもなにもないようにし、左側を向いたら面白いことが見えるように寝かすだけ。

具体的には、右側をむいてもただの壁、左をむけば家族のだんらんが見えるようにする…といった工夫をするということです。

赤ちゃんは自然と音や光のあるほうを見ようとします。
見ても壁だけで何もなければ、頑張って楽しそうな側を見ようとしてくるため、次第に頭の形が整っていくのです。

また、背中にバスタオルを丸めたものを置いて、片側をむくように工夫するのもおすすめ。
赤ちゃんは横向きに寝ても苦しくはありません。

向きぐせは治らない?

向きぐせのほとんどは、1歳半を迎えるころまでにはきれいになります。

それは脳が成長とともに膨張して頭蓋骨を押し広げていくからです。
脳が膨張しながら頭蓋骨の隙間をなくしていき、均等な形に整っていきます。

このお写真は生後2か月の向きぐせ。

頭の形がゆがんでいるのがわかります。

そして同じお子さんの2歳のお写真がこちら。

今ではとってもきれいな形をしています。
中には重度のゆがみがあり治療を必要とするお子さんもゼロではありません。

しかし、生まれてすぐに寝かせ方を工夫するケアをするだけでほとんどのお子さんは頭の形が変わっていき、生後1歳半ごろにはきれいな真ん丸頭になっていきます。
安心して様子を見てあげてくださいね。

参照:「病気がみえる 産科」メディックメディア出版 井上裕実ら「最新産科学 正常編」光文堂 真柄正直著

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。