赤ちゃんの視力はどれくらい?新生児からどう見えるようになるの?

生まれたばかりの赤ちゃんは、どのくらいの視力があるか知っていますか?
赤ちゃんは最初から周りのものがちゃんと見えているわけではなく、成長とともに視力が発達していきます。
新生児の頃はほとんど見えておらず、ママのおっぱいや哺乳瓶を見せても反応しないことがあります。

ママやパパは赤ちゃんがよく見えるように自分の顔を近づけたり、視力を鍛えるために絵本やおもちゃを与えることが大切です。

今回は、0~1歳の赤ちゃんの目の見えかたや視力の鍛え方、目の病気や注意点などを解説します。

赤ちゃんはいつから目が見えるようになる?

生まれたての赤ちゃんは視力が悪く、視界はほとんど見えていませんが、月齢を重ねるごとに視力が発達し、だんだん周りがはっきりと見えるようになっていきます。

新生児(生後0~28日)の視力

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は0.01~0.02で、周りの世界はぼんやりとしか見えていません。
理由として、赤ちゃんは遠視の状態で生まれてきます。
生まれたての頃は瞳孔を覆っている角膜が薄くなっているため、遠視の状態なのです。

新生児がよく見える距離はおよそ30cmまでですので、話しかける際には顔を近づけてあげましょう。
視界がはっきりしていない新生児でも、人の顔らしいものを好む傾向にあります。

また、色がついている物よりも白黒の物が、よりはっきりと見えているようです。

  • 生後4週間の目の見えかた
新生児が見た時のイメージ

生後2~4ヶ月頃の視力

この頃から赤ちゃんの目は形がだんだんと見えるようになってきます。
目の前で動くものに反応することが増えてくるでしょう。

白黒の物以外にも赤や黄色、緑など、色がついた物を認識するようにもなります。
新生児の頃の視力は0.01~0.02ですが、4ヶ月頃になると0.04~0.08程度まで発達します。

  • 生後2ヶ月の目の見えかた
生後4週間の赤ちゃんが見た時のイメージ
  • 生後3ヶ月の目の見えかた
生後8週間の赤ちゃんが見た時のイメージ

生後6~8ヶ月頃の視力

生後半年を過ぎると視力が著しく発達し、0.1くらいになります。
生後8ヶ月にもなると、物事の奥行きを把握し、人や物を立体的に見ることができます。
赤ちゃんの好奇心も旺盛になっていくでしょう。

この頃になると人の顔を覚える能力がつき、さらに声など視覚以外の感覚機能でママとパパ、他人の区別がつくようになり、人見知りが始まります。

  • 生後6ヶ月の目の見えかた
生後3ヶ月の赤ちゃんが見た時のイメージ

1歳頃の視力

1歳頃になると視力は0.2~0.25にまで発達します。
物の形や人の顔は認識できるものの、輪郭はまだ完全にはっきりとは見えません。

人間の脳は「両眼視機能」といわれる両方の目で同時に物を見る能力が備わっていますが、この頃はまだその能力が未熟なため、障害物にぶつかるということも多いでしょう。

  • 1歳頃の目の見えかた
生後6ヶ月の赤ちゃんが見た時のイメージ

スポンサーリンク

“チャイルドビジョン”で幼児の目の見えかたを体験

1歳を過ぎても子どもの目はまだ発展途上の状態です。
大人が当たり前のように見ている世界が、子どもにとっては全く別の世界なのです。

子どもの目の見えかたを再現できる「チャイルドビジョン/子どもだけに見える世界・類似体験メガネ」を、NPO法人CAPセンター・JAPANが開発しました。

交通安全啓発の一環で作られたチャイルドビジョンは、子どもがどれくらい見えているかを体験するのに最適なツールです。

チャイルドビジョンはCAPセンター・JAPANのホームページからPDF形式でダウンロードが可能ですので、子どもの目の見えかたを理解するために使用してみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんの視力を鍛える方法

赤ちゃんの目は成長とともに発達していくとはいえ、視覚を刺激するようなトレーニングをすることが大切です。

視覚の刺激は脳の発達をも促すため、積極的に遊びを交えて目のトレーニングをしましょう。

ママの顔を近づける

赤ちゃんを寝かせ、30センチ離れたところで真正面に向き合い、徐々にママの顔を赤ちゃんに近づけます。
声をかけながら顔を近づけるといいでしょう。
この動作を2~3回繰り返します。

今度はママの顔を左右に動かして、目で追わせるようにします。

何度か繰り返すと、赤ちゃんが両目でママの顔をじっと見るようになるでしょう。

手鏡を目で追わせる

手鏡で赤ちゃん自身の顔を見せます。
手鏡を少しずつ横に動かし、 目で追わせます。
左右上下といろいろな方向で動作を繰り返しましょう。

これを行うと、左右上下の見方を学んで視野が広がりやすくなります。
また、手鏡で赤ちゃんの姿を映し出すことで、自我が芽生えやすくなるのです。

一点を見つめる

両眼視機能の発達を促すために、ひとつの物を見つめるトレーニングを行います。
30センチほど離れた場所に目立つ物を置いて、数秒間見つめる練習をします。
物でなくママの顔でもいいでしょう。

目から入る刺激は視神経を働かせるため、一点を見つめるトレーニングは高い効果を見込めます。

おむつ替えのときにママの顔を見つめさせることで、目のトレーニングにもなりますし、コミュニケーションにもなります。

赤ちゃんに色を教える

生後4ヶ月を過ぎるとだんだん色の識別ができるようになります。
この頃から赤ちゃんにたくさんの色を見せてあげるようにしましょう。

おもちゃは絵本、洋服はなるべくカラフルなものを選ぶといいです。
色を見せる際に、「赤いリンゴ」や「黄色い車」と言葉を発してあげることで、物の名前と色を覚えやすくなります。

たくさんの色を見せることは赤ちゃんの視力を発達させることはもちろん、脳の発達にもつながります。
色彩感覚を養うことで感受性が豊かな子に育つともいわれているため、日常生活でなるべく多くの色を見せてあげましょう。

赤ちゃんの視力発達で注意したいこと

視力の発達は、これから生きていくうえでとても重要なことです。
赤ちゃんの視力発達で気をつけておきたい点をまとめました。

テレビを近くで観ない

毎日近い距離で長時間テレビを観ると、将来的に視力が低下する恐れがあります。
月齢が重なるにつれ、テレビの画面上で動く物に興味を示すようになります。
テレビを見せると機嫌がよくなるからといって、長時間観せるのは禁物です。

赤ちゃんにテレビを見せる時間は、1日1時間以内が理想的です。

テレビを観る時間が1時間延びると、7歳を迎えたときに「注意欠乏障害」になる確率が10%高まるという研究結果が出ています。
赤ちゃんのテレビの観過ぎは視力の低下以外にもさまざまな障害を引き起こすのです。

赤ちゃんの頃は親がテレビを見せる時間をコントロールできますが、大きくなると子どもが自らテレビを観ようとするので、テレビを観る時間を決めるようにしましょう。

スマホ育児はメリットもデメリットもある

最近ではスマートフォンを使って赤ちゃんを子守りする親が増えてきました。
スマートフォンは画面が動いたり音が出たりして赤ちゃんの興味を引くため、ママやパパにとっては育児の負担が減るというメリットがあります。
赤ちゃんを泣き止ませたり知育するスマホアプリもあり、スマートフォンを子守り代わりに使う方も多いでしょう。

しかし、スマートフォンから発せられるブルーライトは赤ちゃんの目には刺激が強すぎて、視力が低下する恐れがあります。

また、スマートフォンの画面を見続けることによって、立体視力に影響が出ることも懸念されます。
立体視力は立体感を正しく把握する視力のことを指し、危険から身を守ったり労働したりする際に役立ちます。
この立体視力が劣っていると、障害物にぶつかったり階段を踏み外すことが多くなるのです。

赤ちゃんの目の発達を妨げないためにも、赤ちゃんがスマートフォンを見る時間帯を決めるようにしましょう。
使用する時間は、目に負担をかけすぎないように30分以内に収めることをおすすめします。

赤ちゃんの目の異常・病気

赤ちゃんの目は稀に先天的な病気を持っていたり、成長の過程で異常が現れたりする場合があります。

新生児期や低月齢の目の異常

生まれてすぐの頃、1週間以上も赤ちゃんの瞼が開かないという異常があれば、「先天性眼瞼下垂」や「小眼球」の可能性があるでしょう。

先天性眼瞼下垂は、うまれつき瞼を開ける筋肉が弱いことで起こります。
小眼球は体内で眼球が作られた際に発達に障害があったために起きるといわれています。

生まれて間もない頃に目やにが多く涙を浮かべている状態があれば、「先天性鼻涙管閉塞」が疑われます。
先天性鼻涙管閉塞は涙を鼻に流す管がつまっていることが原因です。
管が自然に開通して症状がなくなることもありますが、目やにが出続ける場合は注意が必要です。

新生児期の目の異常は出産後に病院側で気づくことが多いのですが、退院してから症状が出る場合もありますので、異常があればすぐに医師に相談してください。

1歳頃の赤ちゃんの目の異常

赤ちゃんの目が、斜視のようにそれぞれ違う方向を向いていることがありますが、多くの場合、目の筋肉や両眼視機能が未熟なことが原因です。
6ヶ月頃に自然に治りますが、中には本当に斜視であるケースもあります。

フラッシュをたいて写真を撮影したときに、それぞれの目が違う色に光っている場合は斜視の可能性があります。
1歳頃になっても斜視のような状態であれば、眼科医に相談しましょう。

また、月齢が低い頃は目と目の間が開いていることでより目になることが多いですが、ほとんどの場合、顔のパーツが大きくなるにつれて解消されていきます。
より目の場合も、1歳頃になっても見られる場合は相談してみましょう。

赤ちゃんの目が健康に育つように

赤ちゃんの目はまだまだ未熟で、幼児期を経て完成するのは10歳頃といわれています。
日々の生活の中で視力は発達しますが、発達を促すためにママやパパは目のトレーニングを意識することが大切です。

赤ちゃんの頃に目の異常や病気が見つかった場合は、様子を見ながら早めに医師に相談することで悪化を防ぐことができます。

これから長い人生を歩んでいくうえで目は非常に大切ですので、赤ちゃんの目の発達には気を配るようにしましょう。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク