赤ちゃんを置いた瞬間泣き出す・・・背中スイッチ!

赤ちゃんを置いた瞬間泣き出す・・・背中スイッチ!

背中スイッチ

寝ていた赤ちゃんをお布団におろした途端に起きちゃう様子を表した言葉で「背中スイッチ」という言葉があります。腕の中ではぐっすり眠っていたはずの赤ちゃん、そーっと優しく慎重におろしたつもりでも「赤ちゃんはお見通し!」なぜか気づいてしまうんですよね。

背中スイッチが発動する原因

毎日のように、背中スイッチが発動するとママも参ってしまいますよね。背中スイッチが発動する原因はいったい何なんでしょうか。

抱っこと布団の温度差に敏感
ママのぬくもりの中、気持ちよく眠っていたのに、ひんやりとしたお布団におろしたら、温度差を敏感に感じ取り、起きてしまうと考えられています。
布団におろしたら姿勢の変化に気づく
赤ちゃんは抱っこされているときの姿勢と、お布団におろされたときの姿勢の変化に気づき、背中スイッチが発動します。
腕の中とお布団では感触が違う
やわらかい腕の中、ママのぬくもりの中で眠る赤ちゃんには、お布団におろされると、違和感があるのでしょう。ママの腕の中が安心できますね。
「1人にしないで」という本能
小さな赤ちゃんが1人で外の世界で生きる事はできません。1人では生きる事ができないと本能的に知っている赤ちゃんは泣いて誰かを呼びます。お布団におろしたら泣いてしまうのは「1人にしないで~」ということなのかもしれませんね。

背中スイッチを発動させないためのコツ

赤ちゃんにとって睡眠はとても大切です。背中スイッチを発動させないために出来る事をご紹介します。

おくるみやタオルで包んで抱っこする
温度差を敏感に感じ取ってしまう赤ちゃん。おくるみやタオルでくるんで寝かしつけてみましょう。つつんであげると、赤ちゃんの手足がびくっと動くモロー反射も防ぐ事ができます。
クッションも一緒に抱っこする
クッションごと抱っこする方法もあります。クッションを使うことで同じ姿勢のまま眠れるように工夫します。いつも使っている授乳クッションだと肌触りや香りも同じなので安心して眠ってくれます。
布団をあたためておく
寒い時期は、湯たんぽなどを使いお布団をあらかじめあたためておく方法もあります。湯たんぽを使う場合はあたため過ぎに注意してください。赤ちゃんが眠る時は必ず湯たんぽを取りましょう。

せっかく寝かしつけたのに、おろした途端・・・背中スイッチが発動。。何度も繰り返していると、ママはヘトヘトになってしまいます。

ですが、背中スイッチが発動するのもほんのわずかな時期だけです。この時期は、お家の事に手が回らなくなってしまうこともあると思います。今は、赤ちゃんを育てる大事な時期なのだと割り切りましょう。

背中スイッチが敏感な時期の赤ちゃんがいるママは、周りの人にもサポートしてもらいながら「赤ちゃんと一緒に休める時間は休むこと」を一生懸命頑張りましょう。赤ちゃんの背中スイッチを発動させない方法をいろいろ試してみて、赤ちゃんとパパママにとって一番あっている方法を探してみてくださいね♪

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。