赤ちゃんにオススメの体温計をご紹介

赤ちゃんにオススメの体温計をご紹介

赤ちゃん用の体温計

赤ちゃんは生後6か月~12か月までの間に「突発性発疹」で熱を出すことがあります。生後半年頃からお腹の中にいた時にママから貰っていた免疫力が徐々に無くなり始めるので、感染症にかかりやすくなると言われているんです。

生まれて初めて赤ちゃんが熱を出すので慌てるママが多くいらっしゃいますが、殆どの赤ちゃんが「突発性発疹」になりますので、心配はいりません。「突発性発疹」の症状が出たら、すぐに病院へ受診しましょう。突発性発疹に関する詳しい記事はこちら

さて、そんな赤ちゃんの急な熱に役立つのが「体温計」です。大人用の体温計だと、赤ちゃんがじっとしてくれなくて上手く測れないという事もしばしば・・・。赤ちゃんの体温測定に困った経験がある方も多いのではないでしょうか?

赤ちゃん用の体温計を使う事で、短時間で「ピピッ」と測ることが出来れば、赤ちゃんが嫌がることもなく、上手くお熱を測ることができます。ささっと簡単に測定できる体温計をいくつかご紹介していきたいと思います♪

エジソン EDISON ベビーケア 温度計

触れずに1秒で計れる体温計です。こめかみあたりから出る赤外線を感知して測定します。ねんね中でも触れないので起こさず簡単に検温できます。「体温計モード」と「温度計モード」の2種類があり、「体温計モード」は赤ちゃんの体温を、「温度計モード」はミルクやお風呂のお湯など測りたい物を測ります。

おでこで測る体温計 ママタッチピット

測定時間は約1秒のスピード測定です。測定結果を記録できるので、お子さんの体温変化を確認することができます。握りやすい形になっていてお子さまを抱っこしたままでも片手で簡単に検温できます。さらに温度計の機能もついており、ミルクの温度、お風呂の温度なども直接触れずに計る事が出来ます。

ママタッチ

オムロン ハローキティベイビーズ体温計

一般の耳式体温計は、耳の中でもっとも高い鼓膜の温度を測定します。
オムロンの「ピッタリセンシング機能」は、測定中の1番高い温度を記憶し、測定結果として表示する機能なので、鼓膜の方向が分かりづらいときも、測り間違える事がないので安心です。
最短1秒で検温できます。携帯・保管に便利な収納ケース付で、おすすめです。

オムロン 電子体温計 けんおんくん

「15秒予測検温」で、さっと検温できます。「やわらかプローブ」を使用しており、わきに柔らかくフィットし、お子様も痛がりません。「日時がわかる10回メモリ」機能付きで、メモをとらなくても日々の体温管理ができるのが嬉しいですね♪また、暗い部屋でも見やすい「バックライト」、「ブザー音オフ機能」付きで、お子様を起こしてしまう心配もありません。

ピジョン チビオンフィット

約30秒の予測検温で、じっとしていないお子さまもすばやく検温!約10分の実測検温も可能です。脇の下を照らすことのできるライトがついていて、暗い部屋でも簡単に検温場所を確認できます。前回検温した結果が自動的に表示され、体温の変化を知る事ができます。

耳・おでこで測るタイプは、触れずに検温できたり、素早く検温できるのがメリットですが、正しい使い方をしていないと、温度の誤差が出てしまう事もあるようです。わきの下で測るタイプは、耳・おでこで測るタイプよりも検温時間は長く、じっと出来ない赤ちゃんの体温を測るのは難しいですが、温度の誤差はあまり出ません。どちらのタイプもメリットデメリットがあります。それを知った上で判断して購入するようにしましょう!ママと赤ちゃんに合った体温計が見つかるといいですね。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。