新生児黄疸の原因や治療について知っておこう!

新生児黄疸の原因や治療について知っておこう!

>新生児黄疸”></p>
<p>生後間もない赤ちゃんに現れる症状の1つに「新生児黄疸」というものがあります。赤ちゃんの目や皮膚が黄色くなってしまうと、ママは心配になりますよね。新生児黄疸のほとんどの場合は、生理的なものなので心配はいりませんが、なかには病気が原因になっていて治療が必要になる事があります。新生児黄疸の症状や治療法などについて学んでいきましょう。</p>
<h2><span id=新生児黄疸って何?

黄疸は、血液中の赤血球が壊れたときに出る、ビリルビンという組織が増加することで起こります。ビリルビンは黄色い色素をもっているので、血液中のビリルビンの濃度が高まると肌や粘膜が黄色く見えるようになるのです。

新生児黄疸の種類と症状

新生児黄疸には以下のような種類・症状があります。

生理的な黄疸

新生児黄疸は生後2、3日目から始まります。皮膚や白目の部分が黄色くなり、4~5日頃でピークになりその後徐々に消えていきます。これは新生児の約9割以上に起こる症状なので、心配はいりません。

母乳性黄疸

完全母乳の赤ちゃんの場合、生理的な黄疸が終わる頃になっても黄疸が長引くことがあります。これは、母乳中に含まれている女性ホルモンの影響で長引いています。これを母乳性黄疸といいます。母乳性黄疸では皮膚の色や便の色が黄色くなる状態が1~2か月ほど続きますが、その後自然に治まるのが一般的です。

新生児黄疸の原因って何?

出生後の赤ちゃんの体内では子宮にいたときに流れていた赤血球がどんどん壊され、新しい赤血球が作りだされます。ビリルビンは通常、肝臓で分解されて排出されますが、赤ちゃんは肝臓の働きが未熟なため、大量のビリルビンの処理や排出がうまくいかずに黄疸が現れやすくなります。

新生児黄疸は病気が原因の場合がある!

新生児黄疸は病気が原因で起こる場合もあります。その場合は早急な治療が必要です。主な原因としては、ビリルビンが過剰にできる「溶血性黄疸」、肝臓のビリルビン処理機能が弱いために起こる「新生児肝炎症候群」、胆汁の排泄がうまくいかない「先天性胆道閉鎖症」などが挙げられます。

生後24時間以内に黄疸症状が現れた場合や、黄疸の症状が強く、血液検査の結果総ビリルビン値が高い場合、白目の部分の黄色みどんどん強くなる場合、退院までに医師から診断されます。退院後も、以下のような場合は注意が必要になります。以下の症状が現れた場合はすぐに医師の診察を受けましょう。

  • 一旦引いた黄疸が再び現れる
  • 白目の部分が黄色い
  • うんちの色が白い

※平成23年12月28日厚生労働省令第158号で、母子手帳への便カラーカードの掲載が義務づけられています。うんちの色について分からないことがあれば、母子手帳についている「便カラーカード」を参考にしてください。

新生児黄疸の検査方法と正常なビリルビン数値

新生児黄疸の検査は以下の方法で行います。

経皮ビリルビン濃度測定法
ミノルタ黄疸計などを用いて、赤ちゃんの皮膚の上からビリルビン濃度を測定します。
血清総ビリルビン測定法
赤ちゃんの耳や足の裏から血液を採り、血液中の総ビリルビン値を測定します。一般的には経皮ビリルビン濃度測定法で行われますが、病的黄疸が疑われる場合は血液を採取して詳しい検査をして診断されます。

生理的黄疸の場合、ビリルビンの値が15mg/dlまでは正常ですが、15mg/dlを超える場合は注意が必要です。2500g以下の低出生体重児の場合は12mg/dlを超えると注意が必要とされています。

新生児黄疸の治療法とは?

黄疸計や採血の結果から治療が必要と判断された場合には、次のような治療が行われます。

光線治療
日光や蛍光灯の光を当てることで、ビリルビンを水に溶けやすい状態にし、体外へ排出しやすくします。赤ちゃんは、オムツ1枚になりアイマスクをつけて保育器の中に入り24時間過ごします。オムツ替えや授乳時間以外は保育器の中で過ごす事になります。保育器の中で青い光や緑色の光を当ててビリルビンの値を下げます。光線治療後、もう1度ビリルビン値を計測し、異常がなければ光線治療は終了です。もし、リルビン値があまり下がっていない場合には、もう1日光線治療を続けます。
交換輸血
「赤ちゃんの血液中のビリルビン値がとても高い場合」「急激に値が上昇した場合」「光線治療でもビリルビンの値が下がらない場合」など、早く値を下げる必要があると判断される場合には交換輸血が行われます。交換輸血とは赤ちゃんの血液を輸血で入れ替える処置のことです。

危険な黄疸について知っておこう!

核黄疸

ビリルビン値の高い状態が続き、ビリルビンが長く体内に留まると、「核黄疸」という病気を引き起こす危険があります。核黄疸は、高い状態が続き、ビリルビンが脳まで届き、脳神経細胞に沈着して脳性麻痺や聴覚障害を起こします。核黄疸は発症後に意識障害の症状が出ます。生後3,4日頃から「元気がない」「ほ乳力の低下」「発熱やけいれん」などの症状が現れ、1週間以上過ぎると筋緊張がなくなりグッタリとしてきます。早期で発見し治療できれば、回復が見込めますが、症状が進むと脳性麻痺などの後遺症が残ったり、場合によっては命を落としてしまうこともあります。

先天性胆道閉鎖症

肝臓と十二指腸を結ぶ胆道が閉鎖していることから、肝臓で作られたビリルビンを含む胆汁がうまく十二指腸へ流れなくなってしまう病気です。胆道閉鎖症によって胆道が詰まっていれば、胆汁は肝臓の中にたまってしまい、ビリルビンが血液の中に回ってしまうため黄疸がみられるようになります。

生理的な黄疸が落ち着く生後10日頃を過ぎても黄疸の症状があり、白っぽいうんちが出る場合はこの胆道閉鎖症である可能性があります。血液検査や腹部エコーによってこの胆道閉鎖症かどうかがわかります。

胆道閉鎖症を放置すると、胆汁が肝臓に溜まって肝臓の組織を壊し、肝硬変を引き起こしていまいます。肝硬変が進行して肝不全になったり命に関わってくるので、胆道閉鎖症と診断されれば手術が必要です。

新生児溶血性黄疸

新生児溶血性黄疸は、血液型不適合や赤血球形態異常などが原因で血中の赤血球が壊され、ビリルビンが上昇することで起こります。

母体間のABO式血液型不適合(母親がO型で子どもがA型もしくはB型)およびRh式血液型不適合(母親がRh陰性で子どもがRh陽性)が代表的です。ママと胎児の血液が違う場合、胎児の血液がママの血液に入ると、ママの体に抗体ができます。この抗体が胎盤より胎児にの血液に入ると、赤血球が破壊され、ビリルビンが生じて「新生児溶血性貧血」になります。新生児溶血性貧血の症状の現れ方は、早発黄疸、貧血の症状が現れます。Rh式血液型不適合妊娠についてはこちらABO式血液型不適合妊娠についてはこちら

初めて出産したママは赤ちゃんの体が黄色いと驚いて不安になってしまうことかと思います。ですが、新生児黄疸は決して珍しいことではありません。新生児黄疸のほとんどは生理的な黄疸のため心配はいりませんが、なかには病的な黄疸の可能性もありますので、皮膚や白目の色、うんちの色などをしっかり観察し、少しでもおかしいと思ったことは医師に相談しましょう。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク