赤ちゃんのうんちの色で病気がないかをチェックしよう!

赤ちゃんのうんちの色で病気がないかをチェックしよう!

新生児のうんちの色で病気

初めて子育てをされるママにとっては、育児は分からないことや不安になる事がとても多く毎日悩む事も多いのではないでしょうか。新生児の「うんち」もその一つです。出産直後、初めて赤ちゃんが出したうんちを見てビックリされた方も多いのでは?赤ちゃんのうんちは、赤ちゃんの健康状態を知るための大切なバロメーターです。どんな色が正常で、どんな色のうんちが危険なのかを知っておきましょう!

新生児のうんちの回数はどれくらい?

新生児は、一日5~10回くらいうんちをします。もちろん個人差はありますが、多い子では10回以上、少ない子では2~3回と、だいぶ個人差があらわれます。うんちの回数が多すぎる(少なすぎる)からといって、心配する必要はありません。あまりにも気になるようでしたら、一度担当医へ相談してみましょう!

新生児のうんちで正常な色ってどんな色?

健康な新生児のうんちの色はどのような色なのかと悩んでいるママも多いのではないでしょうか?うんちの色は月齢によって色や固さが変化します。生まれて初めて赤ちゃんが出すうんちの色は黒くて緑がかったような色をしています。初めてみるママは驚く方がが多いようです。

赤ちゃんが初めて出すうんちを「胎便」と呼びます。胎便は、赤ちゃんがお腹の中にいた時に、ママから送られた栄養のカスなどです。そこから数日は、腸内に溜まったカスを出し切るために黒っぽいうんちが出ます。母乳や粉ミルクを飲むうちに、からし色のうんちへと変化していきますので心配はいりません。健康なうんちの色や、病気が疑われる色を目安とした表が母子手帳に記載されています。

うんちの色

4~7番は問題無い色です。

※上の表は母子手帳に記載のあるうんちの色と照らし合わせて作成していますが、パソコンのモニター(画面)やスマートフォン・携帯の機種によって、色の見え方が違ってくる恐れがありますので、1~3番のうんちに近いと感じた方は母子手帳のうんち表とも照らし合わせてみるようにしてください。

産院を退院した後に、1~3番の色に近いうんちが出る場合や、4~7番の色に近いうんちが出ていたのに1~3番に近い色のうんちが出るようになったという場合は、胆道閉鎖症などの病気の疑いがありますので、一日も早く病院へ受診するようにしましょう。受診する場合は、うんちがついた紙おむつをビニールに入れて持っていくか、写真(写メ)を撮っておくと医師が判断しやすいので、どちらかを準備して持っていくようにしましょう。

母乳派と粉ミルク派のうんちの違い

母乳を飲んでいる赤ちゃんと粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんでは、色や固さに違いが出てきます。

母乳を飲んでいる赤ちゃん

濃い黄色
固さ
水っぽい

粉ミルクを飲んでいる赤ちゃん

淡い黄色や黄色っぽい白
固さ
ペースト状

母乳のほうが水分が多いので、粉ミルク派の赤ちゃんのうんちよりは水っぽくなるといわれています。一方、粉ミルクですが、母乳よりも便秘になりやすいと言われていますので注意が必要です。その原因は「乳糖」です。母乳、粉ミルクどちらにも含まれていますが、粉ミルクは母乳に比べて「乳糖」の量が少ないです。腸内のビフィズス菌は、「乳糖」をエサにして活性化しているので、乳糖が少ない粉ミルクはビフィズス菌が活性化しにくく、母乳派のお子さんに比べると便秘になりやすいと言えます。ですが、これも個人差がありますので粉ミルクを飲んでいるからといって必ずしも便秘になるとは限りません。

危険なうんちの色を知っておこう!

以下の色のうんちが出た場合は、すぐに病院へ相談しましょう!

黒いうんち
生まれて間もない赤ちゃんが黒いうんちを出すのは普通ですが、一度 黄土色のようなうんちになって、改めて黒い色のうんちが出るようになった場合、胃や十二指腸で出血が起こっている可能性があります。
いちごジャムのようなうんち
O-157やロタウイルスなどの細菌に感染して腸炎を起こしている可能性が考えられます。
白いうんち
ベージュ、クリーム色のような色のうんちで酸っぱいような臭いがする場合は細菌に感染している可能性があります。
灰色のうんち
胆道閉鎖症などの病気の疑いがあります。

上のようなうんちが出た場合は、おむつを持参して(又はうんちを写真に撮って)、すぐに病院へ受診するようにしましょう!時間が経つとうんちの色が変わってしまう恐れがありますので、持参する場合はすぐに病院へ行くようにしましょう。

新生児のうんちは、健康状態を知るためのバロメーターです。毎日、日々のうんちの回数や色、固さなどを手帳などに記しておくことで、異変に気がつきやすくなります。おむつ替えと授乳は、一日に何度も行わなければならない為、始めのうちはじっくりうんちを見ることがあっても、時間が経つと・・・ささっとおむつ替えをしてしまい、ちょっとの異変であれば気がつかないこともあります。赤ちゃんの体調は急に変化があらわれることがありますので、育児に慣れておむつ替えをさっと済ませるのではなく、しっかりと観察する習慣をつけるようにしましょうね!

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク