お腹ぽっこり赤ちゃんは太りすぎなの!?

お腹ぽっこり赤ちゃんは太りすぎなの!?

お腹ぽっこり赤ちゃん

赤ちゃんは肉付きがよく、ムチムチとしていて、とても可愛いですよね♪ぽっこりお腹も可愛くて愛おしい・・・と、思っていましたが最近のママさん達の中では、「赤ちゃんのお腹が出ているからダイエットの為にミルクや離乳食を減らしている」というママさんがいらっしゃるそうです。「赤ちゃんがダイエット!?」と、正直驚いてしまいました。

新生児は腕や足、顔などもぽっちゃりしており、肉付きがいいのはお腹だけではありません。それが、2歳くらいになってくると、顔や腕、足は以前に比べると引き締まってきますが、お腹だけはポッコリとしたままです。それを見て「太っている」と勘違いされた方が、赤ちゃんにダイエットをさせている・・・という訳なのです。実際に、赤ちゃんは太っていてお腹がポッコリとしているのでしょうか?またダイエットは必要なのでしょうか?

赤ちゃんのお腹がポッコリしている理由

赤ちゃんがお座りやハイハイを始めると、手足に筋肉がつき、ぽっちゃりとしていた手足が引き締まります。また、離乳食を食べ始める頃には、もぐもぐと口を動かすようになるので、顎周りも自然と引き締まってきます。

ですが、赤ちゃんは2歳以降になるまでは、腹筋の筋肉があまり鍛えられておらず、お腹がポッコリとしてしまいます。その姿を「幼児体型」と呼びます。(「キューピー体型」と呼んでいる方もいます。)

また、赤ちゃん達は母乳(ミルク)を飲んだり、離乳食を食べるときに、沢山の空気も一緒に飲み込んでしまっています。赤ちゃんのお腹の中は、たっぷりの食べ物やミルク、空気で満たされますが、赤ちゃんには腹筋の筋力があまりないので、お腹を引っ込めることが出来ず、そのままポッコリと出てしまうといわれています。

赤ちゃんは腹筋が弱い為、普段からお腹がポッコリしており、飲食後はさらにポッコリするという事を覚えておきましょう。

赤ちゃんにダイエットは必要なの?

赤ちゃんにはダイエットは必要ありません。お腹がポッコリとしているのは、幼児体型と呼ばれる特有のものです。どんなにぽっちゃりとしているお子さんでも、走り始める頃には自然と体が引き締まってきます。赤ちゃん達は、日々著しい早さで成長していきます。そんな成長著しい時期に、ダイエットをさせてしまうと、必要な栄養素が足りず、体の成長が遅れてしまう恐れがあります。どうしても、太りすぎではないかと心配な場合は、下のカウプ指数に当てはめて考えてみましょう。

カウプ指数とは

幼児の体格を判定する指数でやせや肥満の判定に用いられます。児童・生徒の肥満をチェックする場合は、ローレル指数というものが使用されます。

自動計算

身長、体重からカウプ指数を自動計算します

身長と体重を入力し、「計算する!」ボタンを押すと自動でカウプ指数が算出されます。※体重はキロでは無くグラムで入力して下さい。

身長:

cm

体重:

g

 

身長と体重から割り出したカウプ指数

カウプ指数:

カウプ指数

こんな時には病院へ相談しましょう!

ポッコリお腹を触ってみて、しこりのようなものがある場合や、熱や下痢、おう吐、腹痛が続いている場合には、肝臓や脾臓(ひぞう)、胃腸などの病気が疑われる場合があります。少しでもお腹に異変を感じた場合や、明らかに幼児体型とは違うような張り方をしている場合は、すぐに病院へ相談するようにしましょう!。

赤ちゃんの頃にしか見ることの出来ないポッコリお腹。だんだんと体が引き締まってくると、見た目が赤ちゃんから子どもへと変化し、ちょっとだけお兄さん・お姉さんに見えてきちゃいます。わが子の成長が嬉しい反面、赤ちゃんの頃の可愛い姿が段々と見られなくなってくるという寂しさもあります。ポッコリお腹も自然と引き締まってきますので、キューピーちゃんのようなわが子の姿は今だけしか見ることが出来ません。しっかりと写真におさめて思い出の1ページとして残しておきましょうね♪

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。