口唇口蓋裂について

口唇口蓋裂について知ろう

口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)

口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)のお子さんは、日本では500人に1人の割合で生まれてくるといわれています。人種によって多少差が出ますが、日本人は比較的出生の頻度が高いといわれています。

口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)とは、生まれつき唇やのどちんこ、上あごがつながっていない状態で生まれてくる先天性異常の一つです。唇が裂けた状態を「口唇裂(こうしんれつ)」、口腔と鼻腔とを境する組織が裂けた状態の場合を「口蓋裂(こうがいれつ)」、顎の骨が裂けている場合を「顎裂(がくれつ)」といいます。一見見た目は正常でも、口蓋の粘膜や筋肉に断裂が起きている場合もあります。そのような場合を「粘膜下口蓋裂(ねんまくかこうがいれつ)」といいます。

口唇口蓋裂は、先天性異常の中でも出生頻度が高く、昔から口唇口蓋裂をもって生まれてくるお子さんは多くいますが、実際にあまり目にしたことはないのではないでしょうか?出生後に適切な処置(手術)を直ぐに受けることで、完治し口唇口蓋裂であった事など、他の方には気づかれないレベルにまで完治します。ですが、成人になるまでに何度も治療や手術などを受けなければいけません。口唇口蓋裂のお子さんをもたれた場合は、成人までにどのような治療が必要なのか、いつごろから治療を開始すべきなのかを担当医に相談しておくといいでしょう。

スポンサーリンク

口唇口蓋裂になる原因とは?

はっきりとした原因は分かっていませんが、妊娠の初期(顔や口蓋が形成される2~3か月ごろ)のママにかかったストレス・喫煙・飲酒・薬の服用・遺伝・妊娠中に風疹に感染してしまったなど、様々な理由が考えられます。「妊娠に気づかず、薬を服用してしまった」という話はよく耳にします。このように一度薬を服用してしまったからといって「口唇口蓋裂」になるかと言うと・・・そうではありません。様々な要因が重なり、「口唇口蓋裂」のような先天性異常がおこります。

風疹に関する記事はこちらから

口唇口蓋裂で困る事とは

口唇口蓋裂のお子さんは、以下の面で生活に支障があらわれます。

  • 母乳やミルクを上手く飲むことが出来ない
  • 息が鼻から抜けたような話し方になる
  • 歯並びの矯正をしなければいけない

授乳の問題

上あごや喉が繋がっていないお子さんなどは、口内で空気の圧を作ることが出来ない為「吸い込む」事を苦手とします。手術を行うまでは、「口蓋裂用乳首」を使い、授乳を行います。

発音の問題

口唇口蓋裂のお子さんは、口の中の仕組みが他のお子さんと違う為、言葉を話すようになると発音方法が少々異なります。言葉を話すようになった後に、口唇口蓋裂の手術を行う場合は、手術後に発音の訓練を受ける必要があります。

歯並びの問題

上あごが繋がっていなかったお子様に関しては、6~7歳頃ころに歯科治療を受ける必要があります。矯正治療だけで済む場合もありますが、矯正治療で改善しない場合は全身麻酔を使用した手術が必要となります。繋がっていなかった部分からは歯が生えてこない為、骨を移植する手術が必要となります。

また、唇裂口蓋裂のお子さんは、唇裂口蓋裂である事と同時に手足や耳の形態異常、ヘルニアや心臓の形態異常を起こしている事があります。その他にも、喉や上唇が繋がっていないことにより、菌に感染しやいといわれています。他のお子さんよりも中耳炎や扁桃腺炎(扁桃炎)にかかりやすいという事を頭にいれておきましょう。

もし我が子が口唇口蓋裂だと分かったら?

最近では妊娠中のエコー診断の時点で、お子さんが口唇口蓋裂である事がわかる場合もあります。その際は、担当医から説明を受け、自宅の近くの形成外科などを調べて(紹介してもらって)、形成外科に赤ちゃんの事を相談し、出生後の手術のことなどを話し合っておきましょう。手術のタイミングは、各ご家庭によって異なるようですが、少しでも早い方がいいかと思います。言葉を話すようになると、口唇口蓋裂のお子さんは鼻から抜けるような独特の発音をするようになります。言葉を話すようになった後に手術をすると、口唇口蓋裂の時の発音の癖が抜けずに、お子様自身が苦労する事が多いようなので手術は少しでも早い方がいいでしょう。

口唇口蓋裂の赤ちゃんを見たことがないというパパやママ、祖父母などは赤ちゃんと対面した際にショックを受ける方も多くいるようです。ですが、しっかりと処置(手術)をすると見た目も日常生活も問題なく過ごすこともできますし、適切な手術や治療を早い段階で受けることで、見た目も綺麗に完治します。手術は小さいうちに受けさせるようにしましょう。(外に出て遊ぶような年齢になってから手術してしまうと、紫外線の影響で傷跡が色素沈着で残ってしまう可能性があります。)

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク