なぜ泣いているの?生後3週目に訪れる魔の3週目について知っておこう


生後3週目に訪れる魔の3週目について知っておこう

魔の3週目

「魔の○○」と聞いて思い浮かぶのは、どんなことでしょうか…。お子さんを持つ方なら魔の2歳児、そして「魔の3週目」というフレーズを聞いたことがあるのではないかと思います。この魔の3週目ですが、その名前のとおり生後3週目の赤ちゃんに関係したものです。

生後3週目というと、まだ新生児としてこの世に産まれてきたばかり。もちろん首すわりなどもまだまだですし、ふにゃふにゃとしたかわいい小さな赤ちゃんですよね。そんな天使のような我が子が悪魔に見えてしまうこともあるというのが、魔の3週目。

魔の3週目というのは、具体的にどんな状態になってしまうのでしょうか?また、どのようにしてこの時期を乗り越えていけば良いのでしょうか?

魔の3週目、赤ちゃんが小悪魔に変身!

産まれたばかりの赤ちゃんは眠ってばかり…という印象が強いと思います。実際のところ、赤ちゃんが寝てばかりでつまらないと思ってしまうお母さんも少なくありません。…が、それがぱたっと寝なくなってしまうのが魔の3週目なんです。

起きている時間が長くなって、しかもその間ぐずぐずと泣いてばかりいるということも。特におむつが気持ち悪いわけでもなく、おっぱいやミルクをたっぷりと飲んでいたり、空調に問題がなくてもです。おっぱいやミルクをあげるとウトウトとしても、いざベッドに降ろすとすぐ起きて泣き出したり、寝つきが悪い…というのもこのころの特徴だと言われています。

おっぱいをあげて眠っても抱っこし続け、そして気付くとまたおっぱい…延々とその繰り返しでお母さんの疲れがどっと溜まってしまいがち。お母さんの体力勝負となってしまうこの期間ですが、いったい何が原因なのでしょうか?

魔の3週目は赤ちゃんの成長の証!

おむつも濡れていないし、おっぱいをあげてもなかなか寝ない…そんな魔の3週目。お母さんにとっては、産まれてきた我が子を毎日一生懸命お世話して、いっぱいいっぱいになっていることだと思います。ですから、まだ生後1か月も経っていないけれどイライラしてしまったり、赤ちゃんが何を訴えているのかわからないので、不安になってしまうんですね。お母さんは育児でいっぱいいっぱい、では赤ちゃんは…?

これまでずっとお母さんの温かいおなかの中で過ごしてきて、陣痛に耐えて外の世界へ出てきた赤ちゃん。いきなり刺激がいっぱいの世界に放り出されてから・・・たった3週間。小さな体でたくさんの不安を抱えているんだと思いませんか?お母さんに抱っこしてもらいたい、ぬくもりを感じていたいということを本能的にわかっているのではないでしょうか。

魔の3週目と呼ばれる原因の一つでよく言われるのが、生後3週になると「ここはお母さんのおなかの中じゃない!」ということがわかるようになるということ。そのため、不安に襲われる赤ちゃんは泣いてお母さんを求めると言われています。魔の3週目だけは家族の協力や理解を得て、赤ちゃんに求められるがままに過ごしてみても良いのではないでしょうか。母乳をたくさん飲ませて寝かせてもすぐに泣く赤ちゃんについてはこちらをご覧ください

ママの疲れも魔の3週目の要因に

もうひとつの原因として、赤ちゃんのこうした成長や変化を「大変だ」と感じてしまうのは、この3週目あたりにちょうど疲労がピークに達するからだとも言われています。

出産を経て、お母さんの体は見た目にはわからなくても大きなダメージを受けています。産後に無理をすると年をとってから大変だとか、以前は産後の肥立ちが悪くて体調を崩し亡くなってしまう方もいたというほどです。そんな出産を終えて、右も左もわからない中でいきなり我が子のお世話が始まり、それは昼夜問わず。もちろん睡眠不足ですし、さらに上のお子さんがいらっしゃったり家事をしなくてはならないという方もいらっしゃいます。そうでなくても、やっぱり赤ちゃんのお世話というのはパワーを必要としますから、とっても大変なもの。できるだけ周りを頼って、里帰りしていないという方は家事を手抜きするなど、まずは赤ちゃんのお世話と自分の体調回復に努めましょう。買い物などはネットスーパーを利用すると、日用品から食品・ペットフードまであらゆるものを購入できますから、うまく取り入れていきましょうね。産後に便利なネットスーパーについてはこちらをご覧ください

魔の3週目を乗り切る方法!

魔の3週目の対策方法・乗り切る方法を見ていきましょう!おっぱいをくわえている間は、特に飲んでいる様子がなくてもおとなしい場合が多いと思いませんか?やはり授乳は赤ちゃんとお母さんとの大切なコミュニケーションで、お母さんのぬくもりを感じられるとっても幸せな時間でもあります。

…とはいえ、ず~っとおっぱいをし続けているわけにもいきません。また、授乳したいけど乳首が切れてしまったりヒリヒリしたりと、負担がかかって授乳が苦痛だということもよくありますよね。そういったときには「おしゃぶり」を利用してみるのも一つの方法です。歯並びに影響するのでは?などの心配があるかと思いますが、使い過ぎないようにしたり、おしゃぶりを卒業するタイミングなどを知っていれば問題ないとも言われています。おしゃぶりについての記事はこちらをごらんください

また、新生児は手足をびくっとさせるモロー反射というものがあります。赤ちゃんを寝かせようとして頭を支えていた手を降ろそうとすると、赤ちゃんは両手を前にあげます。この反射は、赤ちゃんがお母さんに抱きつくための遺伝だとも言われているようですよ。

モロー反射が起きると赤ちゃんもびっくりして眠りから覚めてしまったり、泣きだしてしまうことも。モロー反射が起こらないように、おくるみや大きめのタオルなどで赤ちゃんの体をすっぽりと包むようにしてみてください。手足が動かないようにちょっとキツめに包むと、より安心感が生まれるそうですよ。赤ちゃんを置くとなぜか起きちゃう…についての詳しい記事はこちらからご覧ください

この魔の3週目ですが・・・ほとんどの子が生後3週目頃から始まると言われていますが、いつ頃終わるのか、また全てのお子さんにあらわれるのかということはハッキリしていません。個人差があります。ママとしては体力も回復しきっていないちょっと辛い時期なので、イライラしてしまったり、育児に嫌気をさしてしまう方もいると言われています。なので、心と体が疲れてしまったと感じるときには、どちらかの実家や親族に頼ってみたり、身内に頼れないという方は市町村の「ファミリーサポート」制度を利用してみましょう!時間がある時には、しっかりと休息をとるようにして、万全の体調・穏やかな気持ちで育児ができるようにしていきましょうね。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?