「ビスフェノールA」「ビスフェノールB」は乳幼児や胎児へ悪影響を及ぼす可能性がある!?

ビスフェノールA、ビスフェノールBは乳幼児や胎児へ悪影響!?

ビスフェノールA、ビスフェノールB

大切でかわいい我が子に使うもの、ちゃんと選んでいますか?子どもに関するものと言うと、食べるもの飲むものはもちろん、おもちゃや衣服などたくさんのものがあると思います。そんな中、特に妊婦さんや小さなお子さんがいらっしゃる家庭で気をつけたい物質があるとのことなんです。それが「ビスフェノール」という物質。

正式に言うと「ビスフェノールA」と「ビスフェノールB」というふたつの物質に要注意だということなんです。あまり聞きなれない名前だと思いますが、このふたつには妊婦さんや小さなお子さんにどんな影響があるのでしょうか?また、どんな成分になっているのでしょうか?

ビスフェノールってどんな物質なの?

このビスフェノールというのは、ポリカーボネートなどのプラスチック樹脂の原料にされている化学物質のことをいいます。ビスフェノール…と言っても、もっとも代表的なビスフェノールAやB、それ以外にもビスフェノールCやS、Pなどたくさんの種類があります。ただ、一般的にビスフェノールと言うと「ビスフェノールA(BPAと略されることもあります)」を指すことが多いようです。

そんなビスフェノールAが含まれるというポリカーボネートですが、最近ではスマートフォンのケースなどにもよく使われていて、丈夫で軽いことからよく利用されているんですね。ビスフェノールはポリカーボネート製の食器や容器などから食べ物に移ってしまい、そして私たちの体の中に入り込んでしまうケースがあると言われているんです。以前はポリカーボネート製の食器や容器、さらには哺乳瓶にも多くあったのですが、日本国内で作られる食品の容器などは違うものを使うように勧められてきたりしているので、実際のところはビスフェノールAを取り込んでしまう量はとても少なくなってきています。

ただ、国外の食べ物の場合には、ポリカーボネートが使われている缶詰製品などに注意が必要だということです。たとえば、トマト缶やミートソースの缶、ツナ缶やマッシュルームの缶などです。ビスフェノールAは酸性の高いものや高温のものに溶け出しやすいと言われています。そのため、この中でも特に酸性の高いトマト缶にはビスフェノールAが多く含まれていると言われていますので、乳幼児と妊婦さんは摂取を注意すべきだと呼びかけられているんです。では、このビスフェノールAですが実際に私たちの体にどんな影響を及ぼすのでしょうか?

ビスフェノールがもたらす影響って…?

ビスフェノールAが私たちの体にもたらす問題としては、次のようなものがあります。

  • 毒性がある可能性がある
  • 発がん性がある
  • 内分泌かく乱化学物質である
  • おなかの赤ちゃんの神経系の発達に影響がある可能性がある

毒性について

まず、ビスフェノールの毒性について見ていきましょう。普通、私たちの体に悪影響があるものというと、たくさん摂取すればするほど悪い影響を与えるのが一般的ですよね。しかし、ビスフェノールAは従来考えられているよりもさらに少ない摂取量のときに毒性がある「低用量仮説」ということが言われていました。ちょっと「?」となってしまうと思いますが、何らかの作用で少ない摂取量のときに限り毒性があらわれるという結果が出たそうなんです。

…しかし、これについてはその後に検証された結果、やっぱりそんなことはない!という結果が出ているんだそう。また、日本の厚生労働省ではラットやマウスでの実験で、このようにビスフェノールAの低用量での摂取で毒性があらわれないということを検証しています。

ですが、妊婦さんやおなかの赤ちゃん、小さな赤ちゃんに対してはまだ研究段階ということなので、油断はできません。そういったことを踏まえると、やっぱりわずかでも可能性があるものは避けておいた方が良いのではないでしょうか。

内分泌かく乱化学物質である

あまり聞きなれない言葉ではありますが、内分泌というのはホルモンのことをいいます。女性ホルモン、男性ホルモンなどのよく聞くホルモンのことですね。女性であれば、生理がやってくるサイクルというのはホルモンが指令を出していたり、思春期の成長などもホルモンの役割になっていますよね。

健康で正常な体であれば、必要なホルモンが必要なときに必要なだけ分泌されます。妊娠中によくあるマイナートラブルも、このホルモンが原因だとされています。妊娠中に起こるマイナートラブルについてはこちらからごらんください

ビスフェノールAを摂取すると、エストロゲン受容体というものが活性化されます。エストロゲン受容体というのは、ビスフェノールAが入ってきたことによって刺激され、その刺激を変換してエストロゲンの働きを高める・同じような働きをするよう呼びかける司令塔の部分です。つまり、ビスフェノールAを摂取すると女性ホルモン(エストロゲン)のような働きをするということになります。思わぬところでエストロゲンの働きが増えてしまうため、人によっては体の調子がおかしくなってしまう…ということがあるんだそうです。

胎児の神経の発達に影響がある

妊婦さんやママさんでもっとも気になるのがこの問題だと思います。マウスでの実験では、ビスフェノールAを摂取させたマウスの子どもは神経細胞の数が少なくなってしまうということが報告されています。さらに、その異常は産まれたあとの新生児のときにも続いているということで、妊婦さん・胎児については警戒すべきと言われているんです。

ビスフェノールについての注意点

このようにビスフェノール、特にAとBについてはさまざまな影響が心配されているので、妊婦さんや小さなお子さんがいらっしゃる家庭では避けておくほうが無難だと言われています。ビスフェノールが私たち人間の体に及ぼす影響がすべてわかったというわけではありませんし、以前言われていた毒性については問題ないと解決はしたものの、妊婦さん・胎児・赤ちゃんへの影響がわかっているわけではありません。ですから、ビスフェノールが使われている哺乳瓶やコップ、お皿などの容器をはじめ、海外製の缶詰といったものについては注意が必要です。日本の厚生労働省でもビスフェノールについてのQ&Aをチェックすることができますので、ぜひ見てみてくださいね。厚生労働省HP(外部サイト)>>

ちなみに、カナダでは2010年に神経の異常や早熟を引き起こす原因になるということで、ビスフェノールが有害物質に指定されています。詳しいことがまだわかっていないビスフェノールAとビスフェノールBですが、決して良い報告があるわけではありません。妊婦さん・胎児・赤ちゃんについては特に健康な成人と違う結果が引き起こされることが多いので、注意した方が良いでしょう。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。